そのままの自分が好きでいい

過去の体験、潜在意識に支配されている今、苦しくないですか?ここで本当の自分を見つけましょう。

エンジェル

TOP ≫ 自分らしくなる空間へ

はじめまして・・・‘thank you伝道師 ポノ’です

   絶対に、あなたは幸せになる人です

0000020679.jpg
あなたは、今「  幸せ 」な時間を過ごしてる?


ほんの一瞬でも、
 ワクワクすること出会ってますか?



わたしたちが、何かを考えているとき・・・

今までの経験から学んだことや、
ず~っと過去からの潜在意識に残されている記憶、


・・・それが大いなる力を発揮し、私たちを支配しています。

肯定的な思考パターンだったらいいよね。

もし、自分を否定的にとらえる思考パターンだったら、


      とても苦しいよ。




 「うまくいかない」 

 「どうしてできないの?」

 「どうせ自分には無理なんだ。」

自分に備わってる 無限の可能性の存在 を否定し、
現実に埋もれてしまっていることって、ありますよね。

「ま、しゃーないな・・・」


本当はね、
違う選択肢も、確かにあった。



そう!

同じ経験でも、まったく違う解釈ができることを

あなたは御存知です。


(ただどう使っていいのか分からないだけ。)


ここで、

あなた自身を見つけ、
どんな風に物事を考えるタイプなのか、
何のために存在しているのか、
あなたが幸せにしている人がどれだけいるだろうか


そんなことを
考えてみる、ゆったりとした時間を作っていきましょう。


なりたい自分とは、どんな自分のことかな?

すぐには出てこなくていいんです。
出てこないものです。
そのことは「ホ・オポノポノ」でも言っています。

だからクリーニングしていくんですね。


少しずつ、みつけていきましょう。

          

      I love you          thank youポノ

   愛する

真理へ


     thank you伝道師 ポノです。

 しばらくHP更新していませんでした。




 「」について考えてました。

私は誰かを

本気で愛したことがあっただろうか。



欺瞞ではなかっただろうかと…。



 たぶん、
苦しみの中で佇んでいたとき、

私は誰も、何も愛してこなかった…。

そぅ…本気で誰かのために…と
思ってなかったかも知れないと。。。


 自分の居場所が欲しくて、

 必要とされたくて、

ずっと「誰かのためだ」と
言い聞かせていただけに過ぎなかったと


そんな気がしました。



   今は…JAST NOW!



 
あの頃の私とは、
明らかに変わりました。

自信を持って、
言い切ることができるのです。



 それはどうしてか?

謎ですよね?!



 心が揺れるからです。

ん~…別の言葉にすると、

  感動できるからです。


どんなに小さく見えることも、

素晴らしいと心から思えて、

それが、
また自分を歓びで包んでくれるから。




 恐怖や不安から出る「心配」ではなく、

愛情から出る応援歌を
かもし出すようになったから。



 だからね、

 怖くなくなってきました。


自分が造り出す言葉や行動に
自信がついてきました。


 自分を愛するということが、
こういうことなのかと、

今はとても幸せな気持ちなんです♪



 自分を愛せない間には、

たどり着けなかった場所・・・ココが居場所。




 愛するって、
なかなか言葉にするのは恥ずかしいこと。


 恥ずかしがらずにどんどん言葉にして、
発していくと、

愛なくては、つまらない人生だと
思えてきます。


 あなたもできます。


自分の未熟な部分も受け入れ、

小心者な部分を受け入れ


それが「わたし」なのだと思うことで、



他者をも愛せるようになります。


恐怖に縛られた愛情を「愛」と思っていたら、

恐怖に満ちた愛情が返ってきました。


それは傷つくことであったり、
伝わらないことであったり…。


もう大丈夫!

 「愛」は、すべての存在の中に存在してる。

そのことが分かったから。

















MINMI BEST 雨のち虹 2002-2012

新品価格
¥3,200から
(2012/8/23 23:56時点)




LIVE TOUR“向日葵”~Road to 10th Anniversary~ at さいたまスーパーアリーナ(初回限定盤) [DVD]

新品価格
¥4,066から
(2012/8/23 23:57時点)



THE HEART SONG COLLECTION(初回限定盤)(DVD付)

新品価格
¥2,378から
(2012/8/24 00:13時点)

























     自分を好きでいる

いつもそばに…

 自分のことが好きですか?


 一昔前だったら、

   「自分が好き」

…ナルシストだと思われました。



もちろん、今もそういう意味での
自分のことが好きという方もいらっしゃるでしょうね。


 ここでは、

 「自分を受け入れる」という意味で、

自分を好きになってもいいよ・・・と解釈したい。


    「I am OK!」


 できそこないだと思っている部分も

 脚が短いとか

 もっと目が大きかったらとか

 要領よく人付き合いができたらいいのに・・・とかね。


 人間、すべてを求めると、
とても苦しくなるもの・・・

あなたは、そうではありませんか?


 自分がマイナスだと思う部分こそ、
愛すべき部分なのだと、

私は思うようになりました。


 なんでもできたら、
成長できないですものね。


 「ここが気に入らないよ~」

 ↑そこに気づくことで、

どうしたら好きになれるかを考えることができます。

安易に、お金出せばなんとでもなる・・・
そうは思って欲しくないのですが。


今の現実の中で、自分ができることは、

数限りなく存在しています。


 限界を決めているのは、
他の誰でもない私自身だから…

もう限界は要らない。

うまくいかなかったら、
また違う方法を探して、行動するのみ!


 どんどん自分の嫌いな部分を、
愛する部分に置き換えていきましょう。


 自分のことを好きになれないままなら、
あなたはいつまでも、
あなたの心が望むところへ
たどり着くことができません。


 失敗大歓迎!

完璧な人よりも、人間らしくて
愛着もわくというもの。


 どんなときも、

 どんなことがあっても、



 悩んで、躓いて・・・

そしてまた、自分を好きになってみよう。


ナルシストではなくね!



 誰かを喜ばせたい、

 誰かの役に立ちたい、

 笑顔が見たい、

 達成感を味わって欲しい



 心の中にomoiyariを宿した私は、

少しずつ、自分のことが好きになれました。


私の場合は・・・感謝につきます。

すべてが感謝の輪の中で回りだすと、

感謝が感謝を引き寄せてくれました。

失敗も、緊張も、不安も…
感謝の前では大した問題ではなくなったのです。


   thank you for you♪























今日、恋をはじめます 15 (フラワーコミックス)

新品価格
¥420から
(2012/8/9 11:52時点)




360゜マテリアル 7 (マーガレットコミックス)

新品価格
¥420から
(2012/8/9 12:27時点)




   本当の自分は、自分の中に存在している

光の中の緑




  thank you伝道師 ポノです。





 本当の自分を見つけていますか?

 見つかりそうですか?


 本当の自分は、一人だと思っていませんか?




 実はたくさんいるんです。


 一瞬一瞬、何を感じていますか?

それは、本心であなたが考えたことですか?
それとも、
誰かの思考や目を気にして出した

 「思考」ですか?


100人の人が違うと言っても、
私たちには、守らなければならないものがある。

本当の自分が知ってることです。



 「私」という人間が、感じとり
心と向き合って見つけた答えを、
私達はまず、知っておくといいと思います。


そして、あなたを取り巻く大切な存在たち。

 私は、大切なものの為に、
大切なものが理不尽な目に遭ったり、
或いは納得のいかないことがあったら、


まずは、確認をします。



このとき、否定はしません。




事実を受け止めるように努力して、

その上で、真実を知りたいと思います。



私の大切な人たちは…


家族であり、友人であり、
優しくしれくれたすべての人への感謝の気持ちを持つ
すべての人たちです。




 失敗してもいいのです。


失敗は成功するためのチャンスだと思うから。


 怖いのは、失敗したと責め続ける
今までのような自分自身のような「思考」を持つこと。

あなたは、違いますか?


失敗を経て、気づくことが山ほどある。


絆であったり、周囲の優しさ、
そして厳しさもあります。


へつらうために、自分を見失わないで。

辛いことを受け止め、

自分を省みて、

新しい自分の一部分を見つけて欲しい。



 そう、自分にも言い続けています。


 私は失敗ばかり…周囲の人々の優しさに救われ、
励まされ…勇気をもらっています。


感謝、感謝…。


本物の感謝を贈れる人間でありたい。


偽りの表面的な感謝は、伝わりません。

腹の探り合いは、もうゴメンです。


本当の自分で、真剣勝負…。

自分自身との勝負なんです。

痛みも伴いますね。
逃げたくなることもたくさん出てきます。

その痛みと向き合い、
十分に咀嚼していくと、

なりたい自分、
どうしたかったか…に気づくことができます。





 さぁ、未熟なことを受け止めましょう。

自分の中にある「本当の自分」が味方であることを
信じてください。


そうすれば、
敵はいなくなります。


あなたが、あなたを愛し、認め…
成長していくときが、もうきています。


したいことと、やらなければならないことの間に、
ギャップは、当然あります。

瞬間に「思考」し、「行動化」していきます。


結果は後からついてくるけれど、
何が自分のためになるかは、
想像してみましょう。


   大丈夫。


きっと…
受け入れられる結果になるから。













 ↑電池式&PCアダプターで電源をとる
  アロマでフューザーです。
  うちにも2個あって、重宝しています。

  ブルー・レッド、グリーン・イエロー…
  イルミネーションが優しい印象を受けます。
  (2000円以上で送料無料!楽天ポイントを使うともっとお得!)




 ↑ 世界で1つだけ、
  あなただけのブレスレット。
  いつもそばで、あなたを見守る…
  あなたの心の中に存在するあなた自身の化身となる。


 
 ↑ハワイのパワーをたくさん吸い込んだ
  パワーストーン。
  一粒にも効果があります。






 ↑ 最初に契約したプロバイダー、毎月いくら払ってますか?
  速さや機能、サービス、得点には満足できてる?
  auひかりの開通が進んでいます。
  
  auスマホ愛用者にはもっとお得がいっぱい!
 











   そのままでいい

インドの花嫁

   than you伝道師 ポノです


 あなたは、今、必死になって「自分変えよう」

そんな気持ちでいったいですか?


 以前のわたしはそうでした。
今すぐにでも変わらなければ、これ以上の孤独はない!
…そこまで考えていました。

でも「正しい」と思うことを、「〇」とはいえなくて、
それは失礼なんじゃない?と感じることをする人を
尊敬できなくて…。

  男は外に出れば7人の敵と戦う!

女も、同じですよね。

共働きが当たり前になった昨今、
独身者が増えた時世で、

男にだけ敵がいるわけじゃない。
女にも、敵がいるのです。

私の職場は半数以上が女性でしたから、
まさしく!です。


  自分を変えなきゃ!!!


なんでもサラリと流して他人事のように
考えちゃえばいい!

…でもそれって、すごく無責任な気がして…
そんな自分自身がいやになってしまう。

どうしたらいいんだろう?

どうして、正しいことを正しいと言えないのか?
自分の意見を飲み込んでしまうのか?


根本には、「他人の目を気にする」
「他人の評価を気にする」

そのまんまのわたしが、存在したわけです。

「が〇いばあちゃん」の本にも載ってましたね。

お前のことを嫌いなヤツのことを嫌いなやつが、
たくさんいる・・・その通りだな~と思いました。

傍若無人に振舞う人は、権威を嵩に来てるだけ。

いわば「裸の王様」ですよね。


彼(彼女)が、
どれだけ優しさや思いやりを持っていたか…

それは、
窮地に陥ったときに、答えが歴然と見えます。


みんな同じように、誰かに好かれ、
誰かに嫌われているのなら…

あなたが気にする必要も少なくなるでしょう。

それでも気になるのなら、
あなた自身が大好きな、自分の顔でいてください。


仏頂面が好きならそうすればいいんです。
笑顔がいいなら、笑顔でいましょう。

それでも、嫌ってくる人はいるということ。

そのことに対して、
何の責任も持たなくていい



そのままでいいんです。

わたしも、ようやくそのことに気づいて、
ありのままの自分で、
人と話せるようになってきました。

そうしたら、すごく人と話すのが楽しいです♪

こんなこと言ったら…考えないわけではないけれど、
言って、反応を見て…「ん?」と思ったら
話題を変えちゃう!

あなたは、
あなたの人生だけに責任を持ってください。

他人の人生は、その人自身がとっていくもの。


人を呪わば、穴2つ。
呪われた人も、呪った人も穴に落ちてしまう。

あなたは、あなたの人生で、
善いと感じることをしていればいい。

呪うなら仕方ない。

だけど、要らぬ呪いまで拾わないようにしよう!

お天道様はいつも、真実を見てるから。



そのままで…

そんなあなたがステキだから。





   モヤモヤ・グチャグチャなときもある

光とともに
 

 thank you伝道師 ポノです。

久々の更新です(ゴメンナサイ!)


 身辺で私にとっては大きな変化がありました。

それは「ソウルメイト」との別れです。

いつか来る…このときが必ず来る・・・
それが「最後」なのか、「形を変えてくる」のかは、
わたしには分かりません。

ただ、「この日」が来ることを、
心のどこかで待ち望み、
そして…恐れていました。

 何かを失うとき…人は不安に駆られ、
焦り、人生が終わったような感覚に
陥るものだと…何度も味わってきました。

 なのに…慣れることはありませんね。

 唯一の救いは、
わたしが「ホ・オポノポノ」と出会ったことです。


 それでも、心は掻き乱れ、
何をどう進めていいのか…
「thank you伝道師」になって、

ありがとうをみんなに伝える。

言葉だけじゃなく、その意味も効果も、
感じた喜びも、感謝もすべて網羅して伝えたい

それすらも見えなくなりそうなときだった。

空は青く澄み、

わたしに「外に出ておいでよ」って言うのですね。


何もしなくていい。

何もできなくてもいい。


ただ、そこにいるだけで、



 「あなたは、あなたなのだということ」



モヤモヤモヤモヤ、グチャグチャグチャグチャ…。

それでもいいって。


あなたがあなたを否定して、
何ができますか?

自問自答しました。
何もできません。

わたしが私を否定しているとき、

わたしは何者でもありませんから。


わたしはわたしなのですね。

ただそれだけの事実を、受け入れられなくて…。
ちょっと(かなり)苦しかった。


大好きなガーデニング

この寒さ(北海道は気温が低いです)で、元気に
育ってくれてます。

種も発芽して、少しずつ成長しています。


わたしもこの植物のように…
自然に任せて、流れに任せて動こう!


そう思えました。













   自分らしくとは?

0000017344.jpg

 自分らしくなろう…

 なりたい自分を見つけよう…


 
 言葉の意味は分かるんだけど、
自分にとってどういう意味なのかが分からない。

今の私は、私じゃないの?

そんな疑問が生まれてきます。

笑っていようが、
誰かに調子を合わせていようが、
我慢していようが、
怒っていようが、
幸せでいようが…


どれもこれも私でしょ?

そうですよね。。。


自分らしく生きるってどういうことなんでしょう。



   では、質問します。

あなたは、
今の現状で、本当に幸せですか?

あなたは、
本当にやりたいことをやっていますか?



 自分らしく・・・

そうね。

やりたくないこともやってる。
規則もあれば、人の目も気になる。

別に生活には困ってない。
それなりに「社会」に順応して、頑張ってる。
もしできたら、〇〇の資格を取りたいけど、
時間がなくてできないな。

嫌いな人はいるけど、我慢して付き合ってる。
言いたいことはなかなか言えてないと思う。

もっと認めて欲しいと感じている。
人と比べられるのは好きじゃない。



 
 ひとりの人の中に、
いくつもの自我が存在しています。

その場所、その環境を意識しながら、
振る舞いを考え、それなりにうまくやってます。
嫌なことがあったら、友達と発散してます。

或いは、趣味の何かに没頭しているかも。


 ここで言う「自分らしく」という意味は、

自分にウソをつかない自分」という意味で
使っています。

社会で生きるためには、
いろ~んな我慢がつき物ですね。

働かなくては食べていけません。
勉強しなかったら、希望の学校にいけない。
やりたい職業にも就けないかも知れません。

 
   これは、現実・・・。


そのたびに、
できなかった理由を考えて
しかたなかったの
   …で終わって欲しくないのです。

それは、
あなたが、自分を納得させる手段だから。

だけど本当はやりたかったの
すごく悔しくて… 」
       
          …それが本心ですよね。


 自分らしく…とは、自分の本当の気持ちに
気づいてあげられる状態のことだと思います。

社交的、内向的、活発、努力家、ずるっこい、
どんな自分も「自分」なのです。

ある部分を否定したら、
行き場がなくなってしまいます。

こんな自分もいて、あんな自分もいて、
ぜ~んぶまるごと私なんだと思えた瞬間から、
自分らしく生きることが始まるのです。

できない自分も自分自身の一部…
「しかたない」なんて言葉は、必要ない!


 できないことも、もちろんありますね。
失敗することもあるでしょう。

それは、「これからもずっとできない」ことではなく、
私には、これからも可能性がある…

そんな風に、信じられる自分になったら、
ワクワクしてきませんか?


 偽者の自分は、いつも「いい人」のフリをして、
本当の自分に我慢させてばかり。

やりたいのに、どうやったらできるだろう?と
考えるより先に「しかたないよ」と、
自分を宥める。
いろんな理由を考えては、宥めてくれるでしょう。


それはそれで、有り難いけれど。

なんだか毎日、つまらない。


それはね。
本当の自分ではないからです。


 本当の自分なら、
自分が笑顔でいて、
みんなも笑顔になってくれたら、
嬉しいと思う。

 本当の自分なら、
感謝されたら嬉しくて「ヤッタ!」と思えるだろう。
そして、
周りのことに感謝できたら、
モヤモヤも吹っ飛ぶだろう。


あなたの周りで起こるすべてのことは、
あなたのために起こっている。

そう信じられたら、
素直に自分を表現したり、
我慢ばっかりしてないで、
時にはワガママになることもあるでしょう。

もっと深いところにあるあなたの本心。

それが本当の自分です。

本当の自分が選んで行動していくことが、
自分らしく生きることになるのです。





世界に1つだけしかない、
 あなたが選ぶパワーストーンブレス。

 選ぶ石やその色に、
 あなたの心が、そのまま映しだされます。
 あなたが、自分に気づき、自分らしくワクワクできますように。。。












   これがわたしです宣言!

0000017358.jpg

  thank you伝道師 ポノです♪



 ワクワクすること、見つけてますか?
やってみたいな~と思えることは、ありますか?

 私たちって、
やってみたいことも、
やる前から「無理」だと決め付けてしまうところ…
ありますよね。

そこには、それぞれの「理由」があります。

金銭的な問題。
時間的な問題。
家族や友人・・・人間関係の問題。
自分の中の心の問題。


どれも、クリアしなければいけない
重要な問題のように思われます。

子供の頃のように、
習い事や塾(やりたいかどうかは「?」)、
親は、面倒をいつまでもみてくれません。


仕事もあれば、
疲れもありますし、
付き合いというものも、あります。


 でも、
どんな理由であっても、
「やりたい」と思うことを、
やらないと決める選択
は、
つまらないものです。
自分らしくないですよね。

代替できることが、あったいいのですが



いっそのこと、
自分を信じてやってみませんか?

もし、あなたが
会議や勉強会の場で意見を言いたいなら…
言ってみましょう。

それからまた、
反応(結果)を見ていけばいいんです。
意見を言えることは、
すばらしいことなんです。

多くの人が、意見を言うことができずに、
不満を述べていることを、
あなたは知っています。



習い事をしたいなら…
やってみましょう。

授業料など、
お金もかかりますね。

在宅でできるものならば、
自分を律することも必要でしょう。

どこかに通うのであれば、
そこに定期的に通うことも
負担になることがあるでしょう。

本当に高額なものでないのならば、
多少の無理をしても
やってみる価値があると思うのです。


そういうわたしも、
こういう勉強したいな~と調べては、
授業料の高さに、挫折してきました。

一念発起しまして、
今回、通信講座を受けています。
授業料は、私にとっては高いですけどね。

やりたいこと、
知りたいことを捨てるほど、
ムダな人生の使い方とお金、
比べられません。


 
 やりたいことをやっている人は、
輝いています。

「あの人、なんかいいなぁ。羨ましいな」
周りは、そんな目で見ています。


 たくさんの人と話したい・・・
話しかけてみましょうよ。
話すことが浮かんでこなくても、
きっかけになります。

これが「わたし」です。
恥ずかしがりで、口下手ですが・・・

自分から言っちゃうと、とても楽になります。


私は、内弁慶で人見知りがひどいのです。
話しかけられるのを待ってる、受け身タイプ(筋金入り) 。

最初の段階で、
「小心者で、口下手なんです…。緊張してます」
と、話しかけてみるようにしています。

するとどうでしょう。

「全然、そんな風に見えませんよ!」

…あらら?
予想外の嬉しい返答をいただけました。

そこからは、
その場が居心地の良い空間になります。


人と話すことも、
習い事を始めることも、

もちろん、
仕事を思い切って変えてみることも、
勇気がいることで、
先のことを考えてしまうと、
不安にもなるものです。

 あえて、そこに伝えたい。

本当のあなたが望んでいるのなら、
この先に、
あなたを苦しめるものは存在しない…と。

大変なことがあっても、
「なんとかなる」ようにできているのが、
この宇宙のしくみ。

強く、強く…あなたの望みを、感じてください。


やりたいこと、心が赴くままに
やってみましょう。

「やりたい」、「私は、こうなりたい」と、
心で強く感じていること・・・
  
   ↑ ここが肝心です


 それが、あなたそのものなんです。

今、そう考えているそのままの自分、

「これが、私です!」









不安や恐怖心といった感情は、
このHPの「ホ・オポノポノ」を実践してみる
こともできます。






    焦らなくていいよ…そのスピードが自分らしい

0000017365.jpg

 ‘thank  you伝道師’ポノです。


 あなたは、どんな気持ちで今日、一瞬を過ごしていますか?

 ゆったりとした、ワクワクするような・・・楽しい気分でいますか?



  月日が流れ・・・もう5月も半ばに向かおうとしています。

 季節の移り変わりは、人の気持ちにも影響するといわれています。

 なんとなく気ぜわしくなって、
 やらなくちゃいけないことがたくさん出てきて、
 
 気持ちとは裏腹に、身動きとれなくなることもあるんですね。



  それは、どうしてなんでしょうか?


 理由は人それぞれ…と言ってしまえば、それまでですが。
 
 「やらなきゃ!!!」「やるべきだ!」「変化しなくちゃ!」

 季節が自然に移り変わるのと同じように、人間も移り変われればいいのですが、
 どうもそうはいかないこともあるものです。
 
 どんどん自分自身に課題を乗せてしまうと、頭が先にグルグル~。
 
 この現状にどう対処すべきか?

 考え始めています。
 そんなところは、ありませんでしたか?

 頭がどんどん事を進めるのに対して、
 気持ちや体は、同じスピードで機能してくれません。

 切り替えるって、そんな簡単なことではないですよね。


 だからこそ!

 ココをおさえてください。


 あなたのスピードでできることは何か?

 ・・・こう考えてみることを、オススメします。



 できる人、尊敬する人、先輩、口だけ達者な人々に、
 自分らしいスピードを、狂わせられないように・・・いつも感じていてください。

 わたしのスピードでできることは何だろうか?・・・と。


 もちろん、パキパキ仕事や勉強をこなして、輝いてみえる人もいます。

 でも、それは「あなた」ではありません。


 その人は、その人なりに努力し、自分の可能性を発揮しています。


 頭だけ先走って、何から手をつけたらいいのか?・・・どうしたらこなせるのか?
 分からなくなってしまうほうが、ず~っと辛いですよ。

 おまけに、まったく自分らしくない。


 できないこと、遅れていることがあったなら、
 素直に表現しましょう。

 それまで、自分が考えてきたこと、どう考えてきたかを伝えるのです。

 罵倒されますか?

 注意を受けますか?


 罵倒する人は、放置しておきましょう。
 きっとご自身が、辛い状況なのだと思います。
 自分しか見えなくなってる人なのです。


 注意されたら?

 その注意の中身をしっかり読み取るように、努めてください。
 その中に、大きなヒントが隠れている可能性は大です。

 
 時には、
 できるなぁ~と思う人の立ち居振る舞いや、やり方を真似てみるのもいいですね。



 誰もが思うように・・・

 やらなきゃいけない役割は、こなさなければいけないことだと思います。
 しかし、それは自分を壊してまで、厳密にしなくてはいけないことでしょうか。

 あなたのスピードを認識する・・・それから、役割に対してどう対応していくか。
 期限があるとしたなら、
 自分が今、考えていることや感じていることを相談することができます。


 何もかもひとりで背負いこむのは、重たいです。

 新人さんも、新人さんを指導する立場の人も・・・、
 上司も・・・それぞれに役割があって、調和して始めて流れるものです。


  そう、季節のように。。。


 わたしたちは、そのことを忘れています。


 調子が狂うのは・・・、自分らしいスピードを見失ってしまうから。

 
 だからといって、「できない」と言うだけではなく、
 あなた自身のペースにちょっとだけプラスして、「努力している」ことも大切ですね。



  
 


 


   できないことに時間を費やさない

サンキャッチャー
    thank you伝道師 ポノです。




  今は、朝の9時をまわったところです。

 外はなんとな~く明るいけれど、厚い雲が漂っています。



 仕事を辞めてから・・・やっとこやりたいことにたどり着きました。

 本当に「これから」なんですね、何もかもが。


 新しいことをはじめるのには、勇気と知恵と度胸が要ります。

 何から初めたらいいのか、
 どんな段取りを踏んでいったらいいのか、

 どこに飛び込めばいいのか・・・。


 こうしてみると、ウン十年生きていても、
 知らないことばかり!?

 そのことに気づくことも、とても大切なことですね。
 わたしには、必要なことだったんだな・・・苦しさもありますけど。


 人間、すぐに傲慢になりやすいとこがあります。
 おまけに、すぐにあきらめてしまうところもあります。


 気づかなかった真実に気づくことによって、
          可能性を伸ばすことが可能になるのです。



 通信講座で、メンタル系の検定を受けるために勉強することに決めて、
 自分なりのペースで勉強しています。


 しかしながら・・・できないこともあるのですね。

 体調にもよります。
 そのときの都合にもよります。

 家族や他の人との約束もあります。

 家事もやってもやっても・・・あるもんですね!
 尽きることは、まずないといって過言ではないでしょう。


 できないことを、なんとかやりこなそうとして、体力・気力共に疲弊してしまってました。

 ワクワク始めたはずの勉強も、「やるべきもの」になってしまうと、
 やる気を出すどころか、逃げ腰になってしまいますよね。


 いつか・・・

 自分らしい、なりたい自分になった暁には、
 わたしはいつもニコニコ、前向きに勉強して、向上心を燃やすだろう♪


 だからと言って、
 何を焦ってしまうのだろう?!

 できないことを、なんとかするために時間を費やし、
 できることをないがしろにしてないでしょうか?

 
 できないことを、どうしたらできるか?

 ・・・考えてみて「う~む、これは今は時期じゃないらしい」」

 そう認めてあげることも、効率的なことです。

 
 その間に、できることをバンバン(?)こなしておけば、

 突然に「できないことができるようになる」ヒラメキが出てくるでしょうから。




 できないことを、いつまでも「できない!なんとかしなきゃ!!!」とひとり思い悩まない。



 できる人に「お願いします」ということも、大事なときってあるものです。

 もちろん、thank you伝道師 ポノです!



 「ありがとう」の気持ちと言葉を添えて・・・。




     ね?



 できないことばかりに焦点を合わせるのはSTOP

 できないこともあり、できることもある!



 それがわたし。。。





 

 

   今日もあなたのために・・・ありがとうを伝えます

サンキャッチャー

 


    thank you伝道師 ナースりんでゴザイマス
  


 本日も晴れ・・・お天道様の気分も最高なんですね!

とても嬉しいです。

自然が喜んでいる。


これって、人々の意識が変化しつつある兆候です。



 

      え・・・?!


これも異常気象?

 


  そんなことはありません!

 


人々がつながり、自分を見直し、
見つける方向へ進んでいるのではないでしょうか?

 

去年までは、さむ~いゴールデンウィークで、
   ガーデニングもどうしようか迷うほどでした。
 (ガーデニングをしてると、去年の気候が思いだされます)

 

 自然も宇宙も私たちひとりひとりも、
つながっていると思ったら、

不思議な変化も、
いや~な変化も・・・すべて原因あってのことだと、
感じることができます。


  誰かのせいかって???

 

  そう、

「わたしたち」の意識が創り出した世界です。

そして、つまりはわたしたちが、
これからも創造していく世界が先にあります。

 


私たちが意識を楽しい方向へ・・・
つながる歓びの方へ・・・


ひとり・・・またひとりと気づいていくたびに、

世界は変わっていきます

 

   わたしが変わります。


   家族が変わります。


   友達が変わります。


   職場が変わります。

 

   ・・・そしてゆ~っくりと世界が明るくなります。

 


 こうして言葉で表現してしまうと、
意図もたやすく、書いてるように思えるかも知れません。


そうではないんですね。


わたしひとりが考えていても、きっとほんの・・・
気づかないほどの変化しか起こせなかった。


  いゃ!

それもまた、変化の始まりだったのでしょう。

 


 ‘thank you伝道師’という名称が浮かんだのも・・・

本来、みんながつながっていたのだということに、
気づけたからです。

  
ありがとう」は、自分のために・・・



大きく、大きく膨らんだ「ありがとう」は、
やがてみんなのために成長していくものです。

 

 今日も、よく頑張った自分に、
たくさんの「ありがとう」を贈りましょう。

 

 ステキなことがたくさん、
    あなたに流れ込みますように。。。

 

※自分勝手になると、思わぬアクシデントを引き寄せます。

     深呼吸していきましょうね。

 


        

 

   「ありがとう」は誰のために言いますか?

あなたへ
   

    thank you ポノです。



 ここ数日、春らしく、自然の恵みたっぷりに過ごしています。

 ちょっとクサクサしている自分がいたので、
兼ねてから、温泉旅行の予定いたのを機に、
思いっきり自然を堪能してまいりました!


 そこで気づいたことを、
これからお話したい(言葉にしたい)と思います。


 わたしは‘thank you伝道師’として、「ありがとう」の大切さや効果、
どんな心持ちになれたらいいんだろう?ということを、伝えてきました。



   今回は、

自然パワーをチャージしたことで、教えられたことがありました。

これからお話させてもらうことは、
  私自身もすっぽり抜けていた部分だと気づきました。





 あなたは「ありがとう」を誰のために言ってますか?


                    ・・・このことです。


 わたしの中では、
誰かのために、ありがとう」を言うことで、いい気持ちになってもらい、
自分もいい気持ちになろう・・・そんな思いがありました。

人間関係は相互関係・・・どちらかが嫌な思いを抱えたままでは、
こちらも嫌な思いを抱え込む結果を生み出します。


ありがとう」は魔法の言葉・・・素直になれなかったとしても、内心では嬉しい言葉です。

そして・・・
ありがとう」は、誰かのために言うものではないこと。

語弊が生じてしまうかも知れませんが、
ありがとう」は、自分自身のために使う魔法だということです。


「ありがとう」が言えたなら、あなた自身がHAPPYになるということです。

誰をHAPPYにしようとするものではなく、
あなたがHAPPYになることが、周りの人たちをHAPPYの中に誘い込めるのです。


 実際、誰かのために・・・と思いながら放つ「ありがとう」は、
それだけでも十分に魔法を放っています。


  しかし・・・

 時には苦しい気分を、私たち本人に残すこともあるんですね。

それは相手に対する期待だったかも知れません。
無理をして「相手のために」言った努力の歪かも知れません。


ありがとう」は自分のために使っていい・・・
むしろ、自分がHAPPYであるために使う魔法と思ったらいいのではないでしょうか。


 あなたを苦しめる要素のひとつに
「誰かのためにならなくてはいけない」という気持ちが、少なからずあることでしょう。

あなたの気持ちが、必ず相手に、即座に伝わるものではない・・・
自分が、「ありがとう」を伝えることができたことは尊いことです。
それが理解できているつもりでも・・・苦しくなるものですよね。


 わたしに教えてくださったのは・・・まさに!このことでした。


  あなた自身のために・・・

 あなたが何かを得たのなら、
       どんな小さなことにも感謝の気持ちを表しましょう。

 あなたが嬉しいきもちになったなら、
       感謝の気持ちを表現してみましょう。


 だれかを喜ばすためが目的ではなく、あなたのためになったことを・・・
 相手に伝える・・・ということです。



     考えてみてみましょう。


  誰かのために役に立ったと思えた瞬間、わたしたちは「自分」を誇らしく思います。
 喜びや達成感、自分にもできるという自信・・・なにかしらの効果があります。
 
 「ありがとう」は相手に感謝するために、
            自分の気持ちの表現として使ってみましょう。


 そうすれば、イヤミな上司にも感謝の気持ちが出てくる気がしませんか?

 無理して、ロボットのように
  「ありがとう」を言うことは、苦しいばかり。


 あなたは、目の前の出来事に対して、何が自分の学びになったかを考え、
 そのことに対して「ありがとう」を述べるだけでいいのです。

 
 どうでしょう?


 気持ちは、楽になるでしょうか?


 
 あなたは、人の話をよく聞ける人間です。

 それは、みんなにできそうでできることじゃないんですね。

 人の話の良いところ、自分のまだ気づいていなかった部分にシフトして考えてみる!

 

 今回は、そのことあなたに伝えにきました。。。


            thank you伝道師 ポノ より  I love youをこめて・・・




 


  







   「ありがとう」を先に言ってみる

お花型キャンドルホルダー


  今回は、

  「ありがとう」を誰よりも先に言おう!


  ・・・ これをテーマにお話していきますね。

 

  仕事や家事・・・たくさんの人間関係の中で(何度も言いますが)、
 思い通りにいかないことは、山盛りありますね。
 
 そのたびに「自分なんて」「どうせ分かってもらえない」「ヒドイ人ばっかりだ!」など、
 自分や他者を批難したくなることは、コロコロと転がっています。


   今、どうですか?

 あなたはワクワクしながら、今日を過ごしていますか?



  自分にとって嬉しいことを言ってもらえたときは、
 ワクワクウキウキ・・・なんでもできる
 ・・・天にも昇る気持ちがするでしょう。



  しかしながら・・・

 大概、自分にとって嬉しいことばかりが耳に入ってくるわけではありません。
 
 自分に自信があって、夢に胸を膨らませ「世界は自分のためにあるんだぁ!!!」
 このくらいの気力(?)があれば、ちょっとしたこともスルーできるでしょうね。


 そういう人、多くないですよね?
 (少なくとも、そこまで自信家はわたしの周りでは見ないかな?!)



 指導や、注意を受けるとき、お叱りや苦情を受けることがあります。

 誰もが多かれ少なかれ通る道・・・と言い聞かせても、できることなら逃げたい!
 嬉しいことだけを聞いていたい。
 自分を傷つけたくない。
 これ以上、わたしの自信を奪わないで欲しい・・・と願います。

 人間ですもの、当然ですよね~。

 

  わたしの話になるのですが、

  ある施設で「主任格」の立場に立ったときから人生が変化しました。
 スタッフの動きを把握したり、業務について考えたり、
 スタッフも大事なのですが、
 患者さんにとってそれはどうなんだろう?と
       ・・・考えることはどんどん深くなりました。

 指示するというよりも、確認して意見を聞く感覚で話そうとするのですが、
 場合によっては、

 ・怒られた
 ・批難された
 ・全然理解されてない
 ・自分勝手な人だ!


 このような感情を引き起こすことに気づき、とても悩みました。


  他部門との連絡では、私自身が異動したばかりで分からない状況でしたが、
 ものを申されるわけですね。

 注意を受けることもあります。
 一歩間違えれば「事故」につながりかねない、備品の紛失や破損を放置されていて・・・。
    (その事態があることもオドロキでしたが)

 発見し、報告した時点で、「どうしてわたしが誤るのだろうか?」
 ・・・と思いました。

 分かりません。まったく理解不可能!
 この責任は、一体全体どこにあるのか???

 立場上、職場を守るために頭を下げる回数は増えていき、
 そのたびに、心の中に何か不条理な・・・これはイジメなのか?
 と思うくらい・・・卑屈になってました。


  あなたはどうでしょうか?


 自分に非がないところに煙が立ったとき・・・権力に巻かれ、
 異論を唱えることもできず、助けもないとき・・・。


 「もういいや・・・!」

 何もかも投げ捨てたくなる気持ちになるかも知れません。



 あるとき、神様がわたしの心に宿りました。
 (というと、大げさですね)

 誰が、何が原因であれ、責任を背負うことを受け入れたとき・・・、
 この場所を守る立場にいるのは、今は私なのだと心に決めたとき、


 相手に注意やお叱りを受けるときに・・・
 
 「ありがとうございます。教えていただけて、大変助かりました!」
  「ありがとう」の言葉を先に言ってしまえばいいのです。



 やらせではありません。

 感情的な上司、意地悪な同僚、信用できないスタッフ・・・そう思っているわたしが、
 いるわけですね。


 人間関係の感情はさておき、

 まずは、現実に起きている危険や失敗を指摘し、
 注意や指導をいただいてると思うようにすると、
 (たとえ八つ当たりだろう?と思えることでも)



 ありがたい気持ちが、少し芽生えてきます。
 最初からたくさん芽生えることはありません!


 どんな形であっても、
 注意やお叱りによって学んだことがあると思います。

 その内容だけではなく、
 人間成長として反面教師になってくれている!


 そのこと(だけ)に、感謝します。

 「ありがとうございます。おかげさまで、気づくことができました」



 面白くない表情で、「ハイハイ、すみません」と受け答えしていては、
 お互いにつまらないじゃないですか!?
 想像に難くないですよね。

 


   実は・・・、

 「ありがとうございます」と感謝されるのは、相手にとっては意外なことであり、
 嬉しいことでもあるのです。

 そうすると、
 あらら、不思議です。
 その人との関係性にも変化が現れてきます。

 苦手な人、怖い人が・・・案外話せる人だった・・・気持ちが変化します。

 これはとても、楽な気持ちになって、
 毎日疲れ果てていた部分が空きますから、
 この余裕の部分に、ワクワクすることを取り入れていけます。


 

  マザー・テレサ が言っていました。

 “愛情の反対は、放置(無視)することである”


 相手が(たとえ八つ当たりだとしても)、あなたに何かを言うということは、
 少なくとも放置や無視をしてることにはなり得ません。

 相手は、あなたの存在を認識している。
 疑いの余地なしです。

 わたしという存在を、認識してくれている・・・それは人間関係の一歩ですし、
 どうとでも変化できるという可能性を秘めています。

 無視されていたら、どうしようもないですよね。


 その可能性を発揮させてくれるのが「ありがとう」の気持ちと言葉です。


 どんなに腹が立っていても、
 
 「わたしの存在を知っていてくれてありがとう」
    ・・・それでいいんです。


     拍手です!!!

 


  相手がですね、
 あなたが思っているように「八つ当たり」などの感情で物言いをしているとしたら、
 あなたが制裁を加えることは、
 
         まったく必要ありません!

 
 その人は、
 自分の蒔いた種を摘み取らなければならない事態に必ず遭います。
 それは、自然の摂理といってもいいでしょう。

 だからといって
 「早く痛い目に遭ってしまえ」と思うと、あらあら・・・あなたも種を蒔いたことになります。
 ここは、注意しましょうね。

 
 「ありがとう」を先に言う。


 素直になれない、
 萎縮して何もいえなくなってしまう・・・


 そんな時だから、勇気がいりますね。

 勇気を、出しましょう。あなたのために。。。

 あなたが、これからの時間をワクワクする時間で満たすために。。。

 要らない感情は、開放してしまいましょう。

 

 続けていると、相手はあなたに八つ当たりができなくなります。

 「ありがとう」を言えるあなたに、ヒドイことを言い続けられないでしょう。
 




 

 
 
 
 
 
 

 
 

   敵は外ではなく、あなたの中にいる

浄化の炎
 

  あなたの「」はどこにいますか?


 あなたを苦しめ、惑わせ・・・なりたい自分から遠ざけようとしてる「敵」の正体は?

 鬱々した気分になって、何をやってもうまくいかないような気分にさせる正体は?


 それはすべてあなたの「」です。



   そして・・・


  「敵」は、あなたの外にはどこにもいません。
 
 あなたを傷つけた人がいたとしても、
 あなたを動けなくする原因が何かあったとしても・・・、

 「」はいつも、あなたの中に存在し続けています。

 敵というと、とても野蛮な気がしますね。
 わたしは、「敵」を「潜在意識の中の記憶」または、「思考のクセ」とも言っています。


 あんなひどいことを言われたのに・・・そんな思い出をお持ちの方もいますね。
 何もしていないのに、自分のせいにされて、辛かったという方もいますね。


 とても辛い気持ちになったと思います。

 よく頑張って、ここまできましたね。


 わたしはその勇気と忍耐に拍手と感謝の気持ちを捧げたい。



 わたしがまだ中学生のとき、
 いたずらで、香水をばらまいていた同級生がいました。

 授業の時間になって、教室に来た先生はすぐに気づき
 「名乗り出るように」と指示しました。
 
 クラスのみんなは誰が、それをしたか知っていますがいえません。
 言えば「ちくった」という汚名がかかることが分かっていますし、
 当の本人が怒られてしまうのが、自分のせいになるのは嫌ですから。

 しばしの沈黙のあと、

 「わたしがやりました」

 本人が手を挙げ、謝罪したのです。

 わたしは、わたしだったら絶対に白状できないな・・・と思い、
 彼女の勇気に拍手をそっと送りました。

 決して良いことをしたわけではないので、起こられて当然でしょう。

 ではなぜ、わたしは彼女がしたことを(真実)、いえなかったのだろうか?

 上記の通り、自分が悪者になりたくなかった。
 ただそれだけの理由です。



 それがどうだったのか・・・当時でしたら、やはり「ちくった」という汚名は免れなかった。
 そうやって「信用」を失うことは、人間関係では致命傷にもなりかねません。


 もし、今だったら?

 そうですね・・・マジメだといわれても、「止めようよ」と言えたかな。
 どうでしょう。。。


 彼女がしたいたずらは、中学生としてよいことではないけれど、
 自分のしたことを認め、みんなの前で謝罪する勇気は、
 そうそう持っているものではないと思います。


 彼女とわたしとの違いはなんだったのでしょうか?

 自分がしたこと、考えたこと、やったことを受け入れているかどうかです。

 相手がどう言ってこようとも、
 相手がどんなに傲慢だとしても、

 そのときの最善を尽くしたか?
 どこからその選択が「最善」だと判断したことなのか?


 わたしたちは瞬時に判断をするため、
 時に、自分の思考が正しいと思いがちなところがあります。

 それはそれで、良いのです。


  問題はこれからです。

 
すべてを相手のせいにしてないでしょうか?
 自分は最善を尽くした、そのときにできることはやった・・・

 それでも、不足するときも、うまくいかないときもありますよね。

 そのときに「わたしはちゃんとやったのに〇さんが・・・」などと、
 他者の存在を原因の1つに挙げてはいないでしょうか?


 真実は1つ

 原因があって、結果がある。


 一人ひとりの中に、我を受け入れることがなければ、
 腹の中では傷つけあい、信用できない人間関係を築いているに過ぎません。

 とても悲しいことですよね。

 誰かの失敗が確かにあったとしても・・・すべての結果はひとりのせいではない。
 チーム全員に原因があるのです。

 そう思えたら、誰を憎むこともなくていいわけですよね。
 そして、次に自分はどうすればいいか・・・が分かってくる。

 それがステップになります。



   それからもう1つ。

 先ほど、わたしの中学時代の事例をひとつ、出しました。
 明らかに先生は「犯人探し」をしました。

 無意識にしろ、意識的にしろ・・・

 なぜそういうものを持ってきたのか、
 どうして持ってきてはいけないのか・・・

 そんなことは分かってますが、改めて教師としてわたしたちに伝え、
 名乗り出ることの勇気を称えてもよかったのでは?と思います。


 知らず知らずのうちに、わたしは「ちくった」と思われることを恐れ、
 多くの人はいたずらや失敗が「ばれる」ことを恐れ、真実を真実と言えなくしています。



 このことは、

 小さいときから何かあったら、「犯人探し」になるのだと、
 潜在意識にインプットしていることになるでしょう。

 インプットされた記憶は、
    意識していないときでも、あなた自身の思考に影響を与えます。

 もしも自分が失敗したとき、
 「ごめんなさい、これこれという事情で失敗してしまいました。」・・・と、
 その場で謝罪できたら、もっと気持ちが楽になれるはず。


  それができない現実にしているのは、
  社会が「犯人探し」を優先する風潮になってしまっているからに他なりません。


   その記憶にインプットされた多くのデータが、
  ここで挙げた「」なのです。


  あなたを鬱々とした気分にさせ、
  あれもこれもできないと思わせ、
  安全で変わることのない毎日を選択するように促す。

  人前で意見を述べることを阻止し、
  ただおとなしく長いものに巻かれろとばかりに、
  わたしたちの思考に影響を与えています。


   なりたい自分から遠ざけているのは、自分自身・・・無意識の自分自身ということです。
  それが「悪い」のでは、ありません。

  先ほどの事例のように、勇気ある行為をとった彼女と私たちとの違いは、
  勇気があるないではありません。

  間違ったことをした、ついふざけて調子に乗ってしまった
  ・・・と自分の行為や思考を受け入れたこと・・・ここに大きな違いがあっただけです。


  わたしたちも、自らの行為、考えを思い起こし、受け入れることは可能なのです。

  勇気はとても必要ですね。


  受け入れたくない、できれば素通りできたらいいのに・・・と思うことを、
  あえて受け入れること・・・自分自身と向き合うということだから、勇気が要ります。

  
  すぐには難しいですが、


 
  どうしてそう考えたのか、
  その結果、何をしたのか(しようとしたのか)?
  そしてどうなったのか、そのことに対して今、どんな気持ちでいるか?
  他にどんな方法が考えられただろうか?
  それを行っていたら、どんな結果が出ただろうか?
  
  そしてそのときの気持ちはどうだろうね?

 
  こんな感じで、できれば気のおけない友人や家族に。
  信頼できるセラピストや教師に・・・言葉でひとつずつ表現してみるといいですね。

  他者と話すことで、整理できることはたくさんあるのですが、

  いきなり他者に話すのも抵抗がありますから、
  ノートにひとつひとつ書いて、自分の回答を3秒で書いてみるといいでしょう。


  3秒以上考えると、いい人ぶった自分が顔を出してきます。

  それは潜在意識の中の記憶であり、今現在のあなたの「敵」。


  あなたが、あなたの弱いところも、恐れていることも受け入れられたそのときは、
  もう「敵」ではなくなっている存在でもあります。


  あなたの「敵」は、あなたの外には一人もいません。

  意地悪な人も、ずるい人も、あなたの本当の敵ではなかったのです。


  あなたの心の中に住んでいる潜在意識が、あなたを守る手段のひとつとして、
  提供しているものでもあるのです。


  

  敵を、外に探さないこと!


  これが心の安定の要素のひとつです。

  心が安定していたら、
     どんな気持ちで今日を過ごしていると思いますか?





            

  
 


 
 




 

    気持ちを、思いっきり表現してみよう

0000018469.jpg
 あなたの気持ちを言葉に表現してみましょう!


 あなたの心の中にあるた~くさんの気持ち。

 言葉になっていますか?
心の中だけでウヨウヨしていませんか?

 
 気持ちを、言葉に表現してみましょう。

 わたしが今、このHPにこのタイトルで記事を書いているのかというと…

4月23日(月)午後3時から約1時間…
skypeを使って、コーチング体験をしていたからなのです。
うまく思いを表現できるかしら?

不安と共に、何かわたしがまだ気づいてない、見えてないものが
引き出されるワクワク感を強く感じてました。

そのことも正直に講師の方にお伝えしました。

隠すことは何もないのです。
それが今のわたしのすべてだと思うから。
カッコわるくても、良くてもいいんです。

それが誰でもない、今のわたしそのものですものね。

質問を受けて、答えていく中で、
どれだけ‘thank you伝道師’というわたしが造った言葉を仕事にしたいか、
強い自分の思いが、噴出してきたように思います。

伝えたことで、その思いが後押しされました。
skypeから聞こえるわたしの声を聞いて、
講師の方も「とてもやる気がみなぎってきているんですね」
と、おっしゃってくれました♪



もし、聞いてくれる相手がいたら、

「こんなこと思われるかなぁ。」
「嫌われちゃうかな」
「バカっぽいかな」
「恥ずかしいな」


その気持ちを乗り越えて、
どうぞ、言葉にしてあげましょう。

考えていること、ビジョン…グチもあれば、抱負もある。


気持ちを表現することは「悪い」ことではありません。

あなたの「あなただけの」気持ちを受け入れられない人がいたら、
その人にちょっとキャパが足りないだけです。



(そういうわたしもそうです。キャパ足りてません)


人の気持ちを、理解することができず…
いえ、もっと始末に悪い!

適切な返答をしようと、そればっかり考えていて、
相手の気持ちや、打ち明けてくれた気持ちをないがしろにしていました。
そのことにしば~らく気づきませんでした。



わたしにとって、
適切な回答を相手に返すことが、目的だったのです。
相手を理解することではなく…愕然としましたねェ。。。
これに気づいたときは、自分を疑いました。
もっともっと自分のことが醜く、嫌いになりました。

このままのわたしでは、誰も本音を話したくなくなります。

そうではありませんか?



逆に、こうも考えることができます。


わたしのような人に出会い、
胸のうちを話すときに否定されたような言葉や、
理解されてないことがあったとしても…それはソレなのだということです
(会話の上手・下手はあるでしょうけれど)


理解されるか?
受け入れられるか?
適切な回答をもらえるか?


それでは、本音を語る目的が変わっちゃってますね。
どうして話したいと思ったのか…分からなくなっちゃうでしょう。

相手に期待する裏切られた、受け入れられないと感じる本音が言えなくなる。


このパターン…意外に多いのではないでしょうか?
皆さん、どうでしょうか?


他者がどう考えていても、
あなたが考えてること、心の中に抱いていることはあなただけのもの。

いつも、あなたの口から外へ、
          表現したくて、光を見たくて…ずっと待っています。


こんなこともありませんか?

普段あまり話さない人に
「オレ、こういうの好きなんですよね」
「こういうことやりたいんです」

と伝えられたときの新鮮な驚きと、話してくれた嬉しさを感じたこと。


わたしたちは他者の目、他者の思考をかなり考えすぎなとこがあります。

そのために
伝えられなかったことで
自分を表現する機会を逃したままという人がいかに多いでしょう。


ネットやセミナーで講師として活躍されている方々は
特別優れた才能があるのではなくて、ご自分の思考、考えを信じ、伝えようとしてるから、
キラキラ輝き、説得力のある雰囲気をかもし出せるのではないかと。


自分らしくなるために、
自分が何を感じているのか知りましょうね。
それは他者に言うことだけではありません。

あなただけのノートに書き連ねることも同じ効果を持っています。


どんどん気持ちを言葉に表現していきましょう。

自分らしく、なりたい自分を書いてみましょう。
今日も頑張った自分へ「ありがとう」を添えて。
なりたい自分を教えてくれた自分に「ありがとう」を添えて。

ワクワクしてきます。
それがあなたのなりたい自分です。

あなたが「本当のあなた」でいるそのときの、あなたの顔が、
とてもいい顔でいることでしょう。


                     ‘thank you伝道師 ポノ’





   やりたいこととワガママの違いを認識しましょう

ドリームキャッチャー
画像はインドで使われている「ドリームキャッチャー」だそうです。



「自分らしく、ワクワクした空間で暮らす」
…ここを訪れていただいている皆さんには、HPのタイトルは周知のことと思います。


 ただ、ひとつ!

わたしには引っかかるものがありました。

自分らしく、本当の自分に出会う、ワクワク暮らすことは、
永遠のテーマであり、ひとつの目標に到達すればゴールではありません。

わたしが引っかかっていたことは…

~自分らしく、やりたいことをすることは、
      場合によってはワガママに暮らしていくということになり兼ねないのでは?~

この疑問です。


それは違うと内心、思っているのですが、
それをどう表現していいのか分かりませんでした。


2012年4月21日の早朝
ある方のブログの記事から、その答えを見つけることができました。
 
   (神のお告げだと、わたしは勝手に思うほどでした。)



このHPでは、

「本当の自分に出会う」
「自分らし、ワクワク暮らす」

…これらをテーマに、
感じるまま、学んだことを言霊に載せてお伝えしてきました。

先ほども書いたとおり、
書きながら、
「自分らしく」「本当の自分になる」「やりたいことをやる」ことに、
抵抗を感じる部分もあるのではないか?


これがわたしの最大の疑問でした。


どう伝えたら、うまくお伝えできるのか?
答えを出せないままに、

だけど、笑顔になってほしくて、
今持っているかも知れない悩み、苦しみを軽くできたら・・・の一心でHPをUPしてました。



 わたしが見つけた答えは…

やりたいことをやる、自分らしく生きる、本当の自分で生きることは…
他者の犠牲の上には成り立たないということです。



家族、友人、恋人、職場の人たち、ご近所さん…

わたしを取り巻くすべてのもの、
それは植物も、動物も、わたしらしく生きるために存在するあらゆるものが入ります。


もし、自分のやりたいことが、誰かの犠牲になる…誰かが悲しむことならば、
それは潜在意識の奥に潜むあなた自身は望んではいません!!!

愛する、大切な人の悲しい顔の上にある成功に、
手放しで喜べませんよね。

あなたを応援し、協力や…時には援助もアドバイスもいただけると思います。
そして、笑顔が存在している…。

世界にはたくさんの「できる可能性」を秘めた事柄があります。
わたしたちは何を選んでも自由なんです。
   (そのために努力は必要ですよね!)


極端な例を言えば、
大金持ちになりたいから、強盗をすることもひとつの方法といえるでしょう。

それって、本当にやりたいことかな?


窮地に迫られてしかたなく・・・確かに大変な思いを抱えているから、考えたことだと
思います。

でもね。
絶対に誰も、あなた自身も心から喜ぶ日は来ません。

後悔と、謝罪と、自分をさげすむ気持ちがいつもついて回りませんか?


家族に不自由をさせないために、
夜も遅くまで仕事をして、帰ったら会話もなく眠るだけ。
朝、早くに出勤して…

すごく大変なことですよね。
寂しさをこらえて、家族のために働く人たち、尊敬します。

でもあなたの健康が損なわれ、意思疎通がとれないことは、
家族も寂しいでしょうし、心がバラバラになってしまうこともあるでしょう。

社会の中では、そういう仕事も少なからずあります。

できることなら、職場の労働環境改善チームを立ち上げたりできればいいですよね。
でもそんなに甘くないのも、社会というもの。

たとえ収入が減少したとしても、
大事なものを本当に守れるような時間で働く選択もできます。

また、現状の中で、
大切な人とコミュニケーションをとることも、
工夫次第でできるんですね。
これは大切にされている人たちにもできること♪

一言便箋(短冊のように小さい便箋)というものが市場にありますが、

こん感じで、種類は豊富です。


今日もありがとう。

いつも遅くなってごめん。

ゆっくり話ししたいな。

体大事にしてね。



たった一言…それが、相手の心に響くとしたら…


それはもう「やりたいことをやる」ということになりませんか?


大切なものを犠牲にしない。
わたしが、あなたが求めていることは、その中にあるのです。




便箋については、当HPにいくつか掲載してます。
興味をお持ちの方は、ごらんくださいね。



             ‘thank you伝道師 ポノ’




    自分へ、感謝状を贈ってみよう

森の癒しと光


いきなりですが…

   自分へ感謝状を贈りましょう♪



ここでは、「感謝状を贈る」ことを提案します。


自分への感謝状と聞いて「はぁ~?」と思われるでしょうね。

何もこの忙しいときに
わざわざ自分のためにしなくてもいいじゃないかと。。。
考えるのもめんどくさいし、大したことしてないし…。


多くの方はそうお感じでしょうか?
ハイ、その通りです。



確かに、自分のために何かをする時間は、毎日24時間の中でも限られてます。
あえて、いつも考えて行動してるのに、感謝状を贈る意味が分からない。
ハイ、その通りです!



そこで大切になるのが、次の考え方です。

あなたは、自分が歩んできた「軌跡」を覚えていますか?
今の自分に満足していますか?
今のあなた自身が、本当に求めていた自分の姿でしょうか?


わたしは、いつも「まだまだです」と言ってしまうのです。

それがどうしていけないか?
いぇいぇ、悪くないんですよ~。

わたしの「まだまだです」の言葉の中には、
悲しいかな…「まだ何にもできていません」と暗に決め付けが入っていたのです。

これはあるセミナーの講師の方に、セミナーの感想を求められ、
大変参考になったことと、自分はまだ勉強不足だということを伝えようとしたのです。

「まだまだって、何と比べて『まだまだ』だと言ってるの?」

ハッとしました。
すごく恥ずかしくなりました。

もっと自分を受け入れよう、認めよう、知ろう!・・・そんなときに、
わたしはしつこくも「自己否定」を入れてしまっていたことに恥ずかしくなりました。

わたしがここまで来た、なが~い軌跡の中で、
サボったことも、やけになったこともたくさんありますが、

転んでは、起きあがってきたんですね。
あなたもそうではありませんか?


乗り越えられなかったこともあったかも知れません。


でもその時々で乗り越えようと、必死に考え、どうしたらいいか試行錯誤しながら、
今に至るのですよね。

うまくいかなくても、確かに努力してる自分がそこに存在していた。

そのときの「あなた(自分)」がいたからこそ、
今のあなたがいるのです。

ここに間違いはありません。


わたしたちは、見た目に成功している人と比べてしまうことがありますね。
そして、血のにじむような努力をして目の前に立っている人を尊敬し、
その人のようには到底なれるはずがない!と諦めの境地もあるかも知れません。

わたしも同じです。

わたしと彼らの違いは、生まれながらにあったのでしょうか?

彼らは自分を信じ、自分の軌跡に感謝し、さらなるステップを目指した…
            
  そして「今」がある。


 わたしの人生の主役はわたしです!

    あなたの人生の主役はあなたです!!!



わたしたちが自己否定や、謙遜などをしてしまうのは、
そのように教育を受けてきた風潮もあるかと思います。

自信過剰になるな、ばかになるな、他人を尊敬しろ、自分は後回し…

もしかしたら…もっと先の可能性を見ろ!という教えだったのかなって思ったりします。


 そこで!


冒頭で提案しました。


自分へ感謝状を書いてみましょう。

どんなに小さいと思えるようなことでもかまいません。
自分にとって、自分を成長させてくれたことは、数え切れないくらいあるはずです。

そぅ、あなたの人生の主役はあなたですから。
誰がどう思おうが、あなたが認めるときです。

まだ到達はしてないけど、1年前の自分とは確実に違う自分がいるでしょう。


3つのことを要素として、
        …感謝状を書いてみてほしいのです。


1つ目は、出来事や目の前に立ちはだかる壁に対して、その当時はどのように感じて、どうしたらいいか、考えたでしょうか?(そう考えた根拠も思い出せるとすごいですね!)

2つ目は、出来事等に対して、あなたが考えた中から何をしましたか?あるいは「何もしないこと」を選ぶ場合もあります。そこから何を学んだと思いますか?


そして次、ここが一番大切です!!!

3つ目、同じことが、まさに今!目の前に出現したら、あなたはどう感じ、どうしたらいいと考えると思いますか?そしてどう行動するでしょう。



3つ目がとても大切だと、をおしました。

とっても大事です。



3つ目は、1つ目のころの自分との明らかな違い=成長が分かります。
  
  そう、「成長」です。




本来のあなたは、確実に成長しています。
確かなあなたの軌跡が、見つかりそうでしょうか?
理想通りの姿ではないかも知れませんが、かなり近づいてきてるということになるでしょう。


そう思えたら…自分って頑張ってるな、頑張ってきたんだなと思えますよね。

否定はまったく要りません。
否定することがないからです。



文章にこだわることも必要ないです。

自分への感謝状…「ありがとう」を伝えてください。

「まだまだ」と言ってしまうわたしでしたが、
→「こんなわたしだけど、こんなに頑張ってきてエライじゃん!」
今はですね、そう思っていますよ。


ぜひぜひ、オススメいたします。


頭の中だけで考えてると、余計な計算とか、他者のこととかゴチャゴチャになっちゃいそう。
チラシ(?)の裏でもいいですし、
便箋にしたためてもいいでしょう。

また何ヵ月後、数年後の自分に詠ませてあげたいですね。



 
                   ‘thank you ポノ’より愛を込めて…










    本当の自分を見失っていたよ

ネイティブアメリカン
 えらそうなことを考えながら…

 わたしは、本当の自分を見失っていたかも知れません。


 変わり行く毎日の中で、

 自分らしく考え、行動し、明日を夢見る…。

 本当の自分に近づいていると思ってます。


 そこに間違いはない。

 
 ただね、

 一瞬一瞬の自分の気持ちに無頓着だったなって思います。


 今日は、時間が間に合わないことで気持ちが急いて、
 交通事故を起こしてしまいました。


 ホ・オポノポノを実践してから、
 交通事故は起こってなかった。
 危険が近づいたときにハッと気づかされていた。

 今日は、
 急ぐあまりにすごく無防備でしたね。
 注意力散漫で、

 そんな自分の状態に気を配ることをしてなかった。

 
 本当のわたしは、
 とっても焦っていて、
 助けを求めていたのに、

 わたしはわたしを無視した瞬間に起きた事故。


 あなたが困ったとき、
 危険な目に遭ったとき、

 それは本当の自分が不在なのか、
 本当の自分の存在をないがしろにしているとき
                 …だということになります。


 わたしもまた同じです。


 人間、自分を見失うときってあるよね。

 そういう波があるのが人間だもの。

 感情をとったら、人間らしくなくなっちゃう。


 表面の焦ってる気持ちと同じくらい、

 本当の自分が何を言っているのか、
 耳を傾けてみましょう。

 わたしの場合、
 職場に相談して、時間が遅れるかも知れないことを、
 事前に報告・相談する方法もありましたし、

 大丈夫、間に合うから落ち着いて行動しなさい…
 そう教えてくれていたかも知れません。


 本当の自分、インナーチャイルドも真実を知っています。

 どうしたらいいかを、最高の叡智で教えてくれるもの。


 信じてみよう、自分の中にある力を。。。


 あなたにもきっとある。


 今日の交通事故は、わたしにそれを思い出させてくれた。

 ひとつの厄払い効果もあったようです。


 ありがとう。


 相手にもわたしにもケガがなかったこと、
 きちんと対応できたこと、
 ごめんなさい、ありがとうございますを伝えられたこと…


 これが本当のわたしが教えてくれたこと。

 事故の相手も怒っていたと思うのですが、
 とても紳士に対応していただきました。


 この件でお世話になった警察の方、
 そのほか大勢のご心配をかけた方に感謝します。

 ありがとう…                       byポノ

    怒りは大事な感情、あなたを取り戻すチャンスです

0000017374.jpg
   怒り…

この言葉を聞いていい気分になる人はいません。

何があったんだろう?
なんか嫌なことが起こるのか?


ジャジャジャジャ~ン…前触れみたいな気がしますね。



怒りは、決してウェルカムな感情ではないかも知れません。

すぐに怒りがこみ上げてくる人は、そんな自分が嫌いかも知れませんね。
 (そういうわたしも短気で、怒りなくしてはわたしは語れません(汗)


怒りは、どこからやってくるのでしょう?

相手の振りまくパワーからなのか、
心狭い自分の余裕のなさからなのか…。


怒りは、自分にとって良くないことに対して

生き物が感じる感情です。

動物も命に危険があるときや、
食べ物を奪われそうになったとき
(つまり命に関わりますね!?)
怒りを表現します。

予断ですが…。
うちの犬たちは、
ご主人様の取り合いと、温かい場所の取り合いで怒りますね。


怒りは、アナタの心を表現するまさにそのもの!
あなたが何に怒り、何を不快に思い、何に傷ついているのか…。


怒ることの良し悪しはさておき、
あなた自身がどう感じているか?
         …このことをはっきりと表しています。

(人前では表現していなくても、)
ひとりになったときや、気のおけない友人の前だと出せる怒り…
その中に本当のあなたを知るヒントがあります。

わたしは、
「愛されてない」
「大切にされてない」…と感じると、
かなりの怒り極限に達してしまうようです。
これは、最近気づいたことなんですね。


相手がちゃんと片付けてないから、
ちゃんと話を聞いて返事してくれないから、
約束をキャンセルするから、

不当な行為に対して、怒るのは当然だと思ってました。
怒りの言い訳ですよね、これじゃ。。。

でもちょっとずれてたみたいです。

自分のことを分かって欲しいんです。

思い通りにならないとしても、
「君はどう思う?」
「ごめんね、突然用事が入って…わたしも楽しみにしてたんだ」


このような一言があったなら、
        …あなたは怒りを膨らませるでしょうか?

たった一言でもあると、
「大切にされてる」「愛されてる」「理解されている」
と気づかせてくれ、安心できますよね。


一瞬湧き出た怒りも、次第に小さくなって、
「そういうことだったらしかたないね」
…と思えるでしょう。


怒りは、他人が判断するほど悪いものじゃなく、
あなたが自分の気持ちに気づいてあげたら解決することだったのです。


怒りっぽくて自己嫌悪に陥ってる人いますか?
誰も近寄ってくれなくて、孤独を感じてる人はいますか?


あなた自身が、あなたの怒りを受け止めてみましょう。

そして明日からは
笑顔で挨拶し、怒りを表現したり、黙り込む前に
「なるほど、そうなんだね。わたしはこう思ってたけど…それもいいね」

こ~んな感じで会話を始めてみませんか?

怒りの裏にある感情は、
自分では認めたくない感情を押し殺している場合が多くあります。

それだけに
知りたくない部分で、知るとちょっと心が揺れるでしょう。


きっと大丈夫!

あなたは、本当の自分を少し取り戻すチャンスを、
怒りの感情によって得られたのですから。


怒りは、すべて悪いことではありません。


おそらく世界中で起こっている現象の中で、
「怒り」が引き起こす事件には、怒りの感情の裏にある本当の自分の叫びを
気づいていなかったのか、受け入れられなかったのか…

それ故に、
起こったものがほとんどじゃないかなって思います。


彼らの怒りの裏に何があったのか…それを癒せる技術も
これから重要になってくると確信しています。










    ありがとうの効果

0000020691.jpg
ありがとう

ありがとう


今日は何回、「ありがとう」を伝えたでしょうか?
友人に、席を譲ってくれた人に、お店のドアを開けてくれた人に…。

「ありがとう」を伝える場面は、
意識すると案外多いものですね。

これはわたしの考えですが、
サービス業の方々に対しても「ありがとう」を伝えているでしょうか?

仕事だから届けてくれて当たり前。
買い物してやったんだから別に・・・。

傍から見ていると、
前に並んでいた方がお店の人に、
ありがとう」とお釣りを受け取って帰られる姿を見ていると、
とても気持ちのいいものです。

そして私も、同じようにします。

何も感じない人もいるかも知れませんね。

人は、どこで出会っても、
それが仕事上のことで当然と思えることでも、
ありがとう」には人を幸せにする効果があるのです。

子供に対してもそうだと思います。
夫(妻)に対してもそうだと思ってます。

「ご飯を作ってくれてありがとう、美味しかったよ」

「お手伝いありがとうね、すっごく助かった」



そんな言葉が魔法になって
またやる気を出させてくれる
     ・・・そんな経験を皆さんお持ちではないでしょうか?


どんな場所でも、
‘thank you探求家 ポノ’ですから、

口癖のように「ありがとう」を言っています。


ありがとう」と伝えて、いや~な顔をされた人はほとんどいません。
‘thank you探求家 ポノ’は観察をよくします。

反対に…
ありがとう」を伝えて、バツが悪そうにされる人もいます。
どうしてかな?

それは悪意とまでは言いませんが、
少なからず「ありがとう」を言った相手に対して優しくしてないとき・・・、
まずったな~って感じになるのではないかと思います。


それから
ありがとう」を言われたとき、
「どうしたしまして」「いえいえ、このくらいなんともないですよ~」とか、

再度「ありがとうございました」と仰ってくださることも。

ありがとうのプレゼントはどんどん心に入っていくものですね。

‘thank you探求家’になると自分で決めてから、

ありがとう」を言う回数は圧倒的に増えましたし、
私自身、とても満たされることが多くなりました。
満たされると、とても優しい気持ちになって、
何事も苦ではなくなることがあります。

本当の自分の声が今にも聞こえている…
聞こえているんでしょうね、きっと。


ありがとうは相手も自分もHAPPYにしてくれる魔法です。

ちょっと不機嫌そうなあの人にも
何かのついでがあったら(?)
「ありがとう」といってみましょう。

その人の不機嫌もどこか緩んでくれると思います。

ありがとうの効果…小さいコから大人まで効果バツグンです!


なんて言ったらいいのかな?…迷ったときは

ありがとう」でいきましょう。




    心の声に耳を傾けて…ありがとう

0000020673.jpg
自分ってなんだろう?

わたしってどんな人物で、
何をしたいんだろう?

何を求めているの?


多かれ少なかれ…人はこの問題に直面し、
見つけ出し、
歩き出しています。

何が正解で、
何が間違いなのか…

一体誰が、判断できるのでしょうか?

人は自分の「ものさし」によって、
物事を「」か「」で判断しているところが多大にあります。

わたしもそうです。


自分にとって心地よいことは「」。

不快なことは「」。


本当にそうでしょうか?


今までの辛い経験や、
困難を乗り越えたとき…

苦しむ自分が確かにそこにいましたね。

今、どうですか?

あの記憶は「」のままでしょうか?

もしかしたら…
今「」と感じている現象も、
違う視点で捉えられたら、

成長を促すための「」になるのです。

だけど、
自分を見失うことがあります。
恥ずかしいことなんかじゃないけれど、
情けないな~と、自分を蔑んでしまう。

自分自身を嫌いになればなるほど、
蔑めば、蔑むほどに…
わたしたちは本当の自分そのものを見失います。


答えを早急に出したいけれど、出せないでいるとき…。

わたしたちを止めているものは、
なんでしょうか?

自分を信じられない気持ち、
自分は無能だと思う気持ち、
心を開けない状態の自分、
恐れ、不安、悲しみ、あせり・・・

答えを出そうとすればするほどに、
わたしを止めてきます。


現状維持、何も変わらないことを求め始めますね。


それが本当の自分なのか、
求めていることなのか…
もしかしたら自分の中の「怠惰」な気持ちがそう思わせているのか?

たぶん、
頭の中の自分では何も解決できないでしょう。

答えを出せずにうずくまっているとき、
わたしたちは、
恐れを手放すことよりも、
恐れや焦りを握り締めてしまうから。

恐れを手放すと、
とんでもない方向へ飛んで行ってしまうんじゃないかと思えてくる。

一番傷つかない方法を、
どうやって見つけるか…
そこだけに囚われて、
変化を恐れてしまう
    ・・・そういうものですよね。


わたしもやっぱりその繰り返しです。

どうしたらこのモヤモヤから出られるのか?!

ほんの数分だけ、自分に時間をあげる事ができますか?

恐れから離れ、自分の心のずっと奥に入り込んでいくような、
そんなイメージをしてみましょう。

そこには、恐れで見えなくなっていたわたしがいます。

「あなたはどうしたいの?」

この数分だけは、
現実のあれこれは考えません。


心の奥のわたしに全神経を集中してみます。

不安や恐れを超えて、
本来の自分が求めていることを教えてくれるでしょう。

それがあなたの答えなのです。

たとえこの先、たくさんの試練が予測できても、
成功するか分からない道のりを進むことになっても、
失うものがあったとしても・・・

あなたが求めている答えなのです。

認めたくないですけど・・・怖くて。


そして・・・

それを教えてくれた、心のなかのわたしに

「ありがとう」
      ・・・を伝えましょう。


彼らはわたし自身であり、いつもわたしを助けてくれる存在。

いつもハラハラさせながら、
それでもいつも一緒にいてくれた…

そぅ、あなたが問いかけるまで・・・。


実はね…何度も何度も、
いろんな形で伝えてくれてました。

ただ「恐れ」たちが、それを受け入れることを拒んでいただけ。


失敗したときはそのとき。
そこから出発してみよう。
その失敗と思う出来事が、
あなたの成長には必要であり、

本当の自分になる道しるべになるのです


それが本当に失敗かどうかは…
数年後、数十年後(?)にはっきり認識できるのかも知れませんね。



あなたが「ありがとう」と言われて嫌な気持ちがしないように、

あなたの心の中の自分も、とてもいい気持ちになります。


本来はひとつのもの。
心の癒しは、あなたの癒しにもなります。

迷ったとき、ほんの数分だけ時間を心の内に渡してください。
1分でも2分でも・・・。

浮かんだイメージ、言葉を否定しないでくださいね。
あなたがあなたを本当の意味で傷つけることなどない。

そう信じてみてください。

あなたの進む道はず~っとつながっています。




現実があまりにも強くあなたを縛り付けるのなら…
幻想的な空間に身を置いてみることをオススメします。
現実から少しだけ離れることが可能になります。
アロマや、照明を落としたり、岩塩ランプをつけたり…。
あなたを癒しの空間へ誘うものたちの力を借りましょう。












    傾聴

0000017358.jpg

自分が自分でなくなっている瞬間…

人の話が聞こえなくなっています。
音は聞こえるけれど、
言葉の意味が読み取れないんですね。
どんな思いがこもっているのか、読み取れない。。。
だからとっても不安になるし、
自分を守るために、安全な解釈として、
自分の思い込みで判断してしまいやすい。

もっともっと苦しくなってしまう。

人の声が聞こえないって苦痛です。


素直になろう…
落ち着こう…
ありとあらゆることを考え、実践していることでしょう。

どうですか?

聞こえるようになりましたか?


相手の声の中に悪意はありますか?


自分がいっぱいいっぱいで、
はちきれんばかりの状態のときは、
それ以上の情報は入れることができないのです。

聞こえてくる言葉を頭で分析して、判断して…

それはムリというものですね。



だから

「ただ聴く」


あれこれ詮索しない。

感じるままに「聴く」だけにしてみませんか?


そうなんだ~と相槌を時々入れて、

この際、自分の考えはいれなくていい。


考えてたら苦しいでしょ?

相手が何を言おうとしているのか、
相手の様子、表情を見ながら、
解説も評論もこの際、不要!


「ただ聴く」だけでいいのです。

答えを求められたなら、
相手の言っていることのいいなと思えた部分をそのまま、
伝えてみてはどうでしょう。

そして、それ以上のことは今考えられないことを、
素直に伝えることも大切ですよね。

傾聴は、ただ音を聴いてることではなくて。

相手の表情や様子、声のトーンを聴きながら、話を聴くこと。
言葉を、相手を感じること…と言ったほうが近いかな。


でも時に、間違った解釈をして、
苦しくなってしまうこともあるもの。


だから、ムリに解釈しない。

悪意があるとか、そんなこと考えなくていいこともある。


むしろ、心配してくれてたりしてることもあるよね。



心配してくれてる人がいると感じたら、

そこは居心地のいい空間に変わる。

あなたがあなたのままで、

自分らしい自分に戻るための休息の時間。



次に待ってるのは、

意欲を取り戻して、
何かにワクワクしている瞬間かも知れません。







    甘えたくて・・・甘えられないあなたへ

0000020676.jpg
 人は一人では生きられない・・・

よく聞く言葉です。

この言葉にわたしも同感です。
人だけじゃなく、大きい視野で見ると世界中のすべては
ひとつでは成り立つものなど何一つないと思います。


だけど・・・

どうして「ひとりで頑張らなきゃ」と思うときがあるのでしょう?

あなたはどうですか?
ひとりで抱え込んで、重たくなってつぶれそうになってませんか?

わたしはつぶれました。
もうペッチャンコ。

甘え=いけないもの・・・心のどこかにそう思う部分が存在しています。

どうしてだか…
子供のころから、自分で考えて進まなきゃって思っていました。
経済的に親にお世話になっていながら、
進む方向は自分で決める、だから頑張るしかない!見たいな感じかな。

甘え上手さんっていますよね。
うま~く人をいい気分にして、お願いできてしまう。
「そこは自分でやるとこだろう!!」
…そう思う場面も確かにある!

そればかりじゃないんですね。

自分の能力や、体力などに応じて人に任せる。
できないことをできないと伝える。
必要なときに「お願いします」と頼むことができる。


これらって、生きるうえでとっても大切!

自分を大切にするには、
こういうことができるようになることも必要です。


先ほども述べたように
甘え=いけないこと・・・と思っている間は、
お願いする内容さえも迷い、悩んで二重苦になってしまいます。

少し自分という殻をはがしてみませんか?

相手がどう思うか?
これを考えるとにっちもさっちもいかず、
出す答えは「自分でやること」ですよね。

相手がどう思うかも大切ですが、自分あっての今なのです。

きっと、話し合っても分かってもらえない人は、
今は分かり合えない時なのだと割り切ることも必要です。


甘えてみましょう。

突然のあなたの変化に、びっくりされるかも知れませんけど。

かえって「あの人に必要とされてるんだな」
相手を幸せな気持ちにすることができるのかも知れないですよね。

甘えることに慣れてないと、
どんなときに
どんな風に
甘えていいんだかも分からないけれど・・・。

「今、自分はこういう状況なので、この部分をお願いできますか?」

単純明快が一番いいと、わたしは経験しました。


上司も「あなたから今まで何の相談もされなかったわ」
・・・体調崩してから話し合ったとき、
そういわれました。


あぁ、わたしはSOSを出さずに、
       ・・・勝手につぶれてしまったのだな。


分からない、知らない、できない…
これらの言葉を言ってはいけない・・・それが自分で自分に課したルール。


そういうときもあるよね。
自己責任・・・責任を負うには、勉強も必要です。


時間的に間に合わないときもありますよ。
なかなか集中できないときもありますね。

怒られるかもしれません。


んじゃ、怒られましょう。


真実は、自分が知っている。

頑張ってる自分さえ、しっかり忘れないでいれば、
見ていてくれる人はたくさんいるでしょう。

ひとりでも、必ずいる。


甘えられない理由は人それぞれ・・・


冒頭に
「人はひとりでは生きられない」
      そう記載しました。


あなたは、ひとりでたくさん頑張ってきたと思います。
ボロボロになっているかも知れません。

そろそろ、甘えてみませんか?


こんなダメなやつなんです・・・自ら、自分のできない部分認めて、
協力し合っていけたら・・・

人に甘えることができたら、
今度は人に甘えさえてあげられます。

困ってる人、疲れている人に声をかけて、
手伝うこともできるでしょう。

わたしは、甘えられる人間になりたいと思います。
そして、甘え始めています。


甘えることは恥ずかしいことじゃない!

怠惰な甘えかどうかを見極めていればいいじゃないですか。










   得意なことは、あなたの個性そのものである!

0000017743.jpg
おはようございます。


朝から、
ひらめきがあったので・・・
ここに書き残しておきます。


あなたの得意なことはなんでしょう?

人に言うからには
立派なことじゃなきちゃ・・・NO

人に自慢できることじゃなきゃ・・・NO

成功もしくはそれに近い状態でなくちゃ・・・NO


そうではないのです。


あなたが、

「これが好き!」
「興味があって、ちょこちょこ勉強してる!」
「人には絶対に笑顔を絶やさないようにしてる!」
「挨拶は絶対にする!」
「机の上は整理整頓して使いやすいようにしてる!」
「次に使う人のことを考えて行動する!」


す~べて・・・
得意なことと言っていいでしょう。


わたしたち・・・
人様から
「立派ねぇ~」「すごいわ」「さすが!」

そう言われるようなことしか「得意」って、
言ってはいけない風潮ってありませんか?

わたしも実は、そう思っていて・・・

とても自分が情けなくて、
探して探して、そして挫折してました。

それって、とってももったいない!
そう気づきました。



一人ひとりに個性があって、

同じことするんでも「やり方」も「考え方」も、
違いますね。

あなたのそのやり方が、得意なことであって
あなた自身がもっとうまくなりたいとか
こうなりたいって思ったら、さらにスキルアップを目指せばいい。

わたし・・・得意なことを聞かれてもいえませんでした。


絵も上手じゃないし、
ピアノは小学校に習ってた程度。
人前で話すのも得意じゃないし・・・。
勉強も頑張ればやれるけど、才能に長けてるというより
    ・・・頑張るから、クリアできただけ。
看護師としても秀でて技術がうまいわけじゃない。

患者さんのことを理解できる人間とは言い切れない。


そしたら、
ダメなことばっかりになっちゃうんです。
自分が嫌いになって・・・
何もかもダメな気持ちになっちゃうんです。


やっとこ気づきました!


「努力できる」ことが得意なことになるってこと!!!



     まじ?!


大マジです。


世の中「努力できる人間」がどのくらいいますか?
あなたほど頑張ってる人が、たくさんいますか?

人と比べろって言ってるんじゃないんですが・・・。


パッとひらめくの得意なことであり、
努力して花を開かそうとする
    ・・・そのこと自体が得意なことなんです。


そして・・・もう1つ。

結果が出てないから「得意」なことじゃないって考え方を、
ちょっとその辺に置いてきましょう。



得意かどうかは、他人の判断基準では計れないことを、
わたちたち、忘れがちですよね。

他人がどう思うか、
どう評価するか・・・


それを先に考えちゃうから、
「得意なことは・・・」

言えなくなります。

他人がどう思うかは彼らの自由で、
わたしたちが関与することではない!


このことは、すぐには心に落ちてこないと思います。


慌てなくていいです。

他人のことを気にしているなあ~ってことを、
認識していただけたら、まず第一歩クリア!!!


そう思ってOKですよ。。


こう考えてみると・・・

今、自分の中には「得意なこと」が溢れて出たがってきます。

それはすべて、

あなたの個性です。


他の人にはできない(真似はできるかも知れないけど)、

大切な「あなた自身」の欠片のひとつなのです。






    自分を好きと言ってみよう

0000018493.jpg
自分のこと、

どう思いますか?

好きって言ってあげられますか?

これね・・・なかなかいえないもんなんです。

わたしも、突然言われたら、
ちょっと前のわたしなら言えませんでした。

自分のことだから、
好きじゃないところがたくさん見えます。
他人のいいところは
どんどん見えて
羨望のまなざしで見てしまいますね。

自分のいいところは、
どうして素直に「いい!」と認めてあげられないのかな?


不思議と言えば、
不思議じゃないですか?

誰でもない自分のことなのにね。


自分が好きって言ってしまったら、
わたしは、なんだか自分の成長がそこで終わる・・・
そんな気持ちもありました。
まだまだだ!

だから「好き」なんて言えない。

部分的にでもいいので、
自分のいいところを書き出してみるのもいい案です。

不十分かもしれないけど、
こんなところもあるんだよって、
自分に教えてあげられるんです。

不十分なら、そこを強化できるために
何をしたらいいかな?ってSTEP踏んで進めるでしょう!


だからね。

「自分のこと好きだよ」
そぅ、言ってあげて欲しい。

あーだこーだ・・・言いたいことはあるかもですが、

「自分のこと好きだよ」
言うだけで、心は手放しで喜んでます。
今まで無理だと諦めていたことにもチャレンジしてみようかな?

・・・そんな気分にさえなるでしょう。

嫌なとこがクローズアップされちゃうのなら、
どうしたら好きになれるかな?って自分に聞く。

いっぺんに何もかも変えることはできないので、
少しずつ、自分が教えてくれた方法を実践してみよう。

あなたがあなたを「好き」になれたら、

あなたの周りの人も
不思議なことに・・・ウン、これこそ当然なんだけど不思議・・・
あなたを愛してくれます。

潜在意識で私たちはつながりあっていて、
「嫌い」という感情は「嫌い」として伝わり、
「好き」という感情は「好き」として伝わるという宇宙のしくみなんですね。


あら、あの人なんだか雰囲気変わっていいんじゃない?

そんな気持ちになったこと、
1度や2度・・・それ以上あるんじゃないかな?

そして今度は・・・


わたしが、
あなたが、相手にそう思ってもらう番なのです。


「自分のこと好きだよ」


言ってあげるのはこれだけ。


これを続けてみてください。








自分を写真に撮ってみる。
             どんな感じで撮影できましたか?
             ちょっとした写真の撮影の仕方を変えると、
 
             あら、不思議!!!
 
             これ、わたし???意外な自分に気づくと

             もっと自分のこと好きになれる!!!



   もしも別れが来たそのとき、どうしますか?

0000020673.jpg
人は出会い、そして別れていくもの・・・。

永遠に存在し続けることができない以上、
それは当然の結果なのでしょう。


生きる、死ぬことに限らず
わたしたちは生まれてから今まで・・・そしてこれからも
どれだけの出会いと別れを繰り返すのでしょう?


悲しいだけの別れなら
出会わないほうがず~っと良かった・・・
そう思ったこともありますよね。


大概、出会いは嬉しくウキウキするもの(最初はね)
別れは悲しくて、いたたまれないもの・・・。

そのように理解し、そのように振舞っています。



ただ・・・


わたしたちは、
潜在意識のずっと奥で、離れることのないひとつのエネルギーだ
信じることができたら、
気持ちはずっと楽になると思います。


そう、生まれる前から
あの時、あの瞬間に決まっていた出会いで、

お互いに学びあうために出会ったとしたら、
こんな運命的な学びは二度とありません。

どんな人とも、そのような結びつきで出会いを繰り返しています。

そういえば?と思うこと、ありませんか?
時が経って・・・
う~んと経って・・・「あの人から強さを学んだな」なんてこと

     あるかもしれませんね?



別れなんてなければいいのに・・・


恋人、家族、大好きな友人、恩師・・・
もう会えないなんて悲しいことを考えると、
涙が止まりません。

どうにか「別れ」の流れを止めたくてドタドタしてしまう。


辛いときは「辛い」と言っていいんです。
恥ずかしくもないし、それが人情です。
血の通った人間の「心」の表現なのです。


でも、

別れは止めることはできません。


互いの魂がふか~いところでつながりあいながらも、
互いからの学びを吸収し終えたとき、
誰にでも訪れるのが「別れ」です。

この人生で、
その人が学ぶことを学び終えたときが
この世からの卒業、
この世界で言う「死」なのだと思っています。


時には、
複雑に絡み合いながら出会い、

心残りを残したまま決断をしなくてはいけないときも

  あるのかも知れません。

それは互いの幸せと、未来の夢のために・・・。
交換できるだけのものを交換したら、
離れることを決断しなくてはいけないのかも知れません。



それがどんなに苦しくても、
生きる喜びを奪われたように感じても・・・


相手の幸せを願えるように
いつかきっとなれる。


もしも
この世でまた会うことができたら・・・
「あの時はこうだttがよね、おかげさまで、今はこうしてます」

なんて話ができたら、幸せだなって思うんです。


苦しみや悲しみが

時とともに変化して

相手の幸せを紡いでいた・・・本当なら、その幸せを
目の前で紡いでいたかったと思うでしょう。


そして相手も、
なんらかの形で
あなたのこれからの人生が幸せで、あなたらしくあることを
願っていると思います。


かつて、わたしもたくさんの出会いと別れを経験し、
恨んだことも、実はあります。。。

今は、彼に幸あれと願っています。


わたしとは分かり合えなかったことを
違う相手となら理解し合っていけるのなら、

それは確かに「学び」であったと思えるから。



潜在意識の奥深くで、わたしたちはひとつにつながっている。

エネルギーとして、

わたしが笑えば、どこかでそのエネルギーをキャッチした人が笑う。

お互いに関わりあいながら、


これからも続いていく。



自分の夢をみつける旅たくさんの意見を聞けたら、
きっと見つかる!あなららしいこと。


        断捨離効果をはじめてみよう

0000020672.jpg
 

 子供のころ・・・片付け苦手で
 よく母親にカミナリ落とされました。

 母になってわかる・・・カミナリを落とす気持ち。


 そしてもうひとつ、わかったことがある。

 言われてできることじゃないってことです。



 誰かのためにする「片付け」は、見た目だけのキレイさ。


 
誰に褒められることじゃないから・・・
 ひたすら自分を褒めるだけ。


 もしも身近な人が「よくやったね~♪」と言ってくれたら、

 天に上る満足感に浸れる・・・かな?!


 キレイな部屋、窓からは燦燦と太陽の光。
 そこに流れる空気ですらキレイになった気分がする。


 
 わたしが今、断捨離 はじめて見て、
 かれこれ何日かな?(忘れちゃった!?)



 気持ちが、今までの掃除をしたときと全然!

  
 まったく違うんです。



 それで思いました。



 物を捨てられない
 片付けができない




 こういうときって、

 どれだけ心の中に「ウソ」の自分を植えつけていたか。



 だから、自分で「もったいない」「めんどくさい」「できない」


 そう言って、見てみぬフリをするときも多々あり。。。



 思い当たりますか?


 私くらいのもんかな???



 自分の中にこびりついた思考パターン、
 本当の自分ではない何かが指示することはすべて
 クリーニングで、ゼロに一度戻しました。

 (これは、わたしはホ・オポノポノを実践してます)


 
それから、身の回りの全部のものを見ます。


 懐かしい思い出をかもし出すものたち。
 辛い思い出を含んだものたちもいる。
 寂しがってるものも・・・いるんですねえ。



 不思議ですが、心に感じました。



 そして、ひとつひとつ確認して・・・
 感謝の気持ちと、その当時の気持ちごと抱きしめてから

 さよならをしました。


 断捨離
はなんだろう?


 実は、わたしは、断捨離という言葉は知ってました。
 しかし「興味」がなかった。


 本なんて読まなくたって、片付けなんてその気になりゃできる!
 そう思ってました。


 信じてみるもんだな~って、今、思います。
 

 もしかしたら自然にそれがあできちゃってる人もたくさんいるでしょうね。


 無意識に・・・。


 意識することで、こんなに違うなんて、
 毎日驚いています。


 いつも住んでる同じおうちなのに・・・


 流れる空気が違う。


 それはわたしの心の陽気となって
 わたしの背中を押し続けてくれます。

 直感をたくさん授けてくれます。
 そして、そこに住む家族、犬、GREENが生き生きとできます。

 断捨離効果・・・すぐには気づかないこともあると思いますが・・・


 信じてみませんか?

    子供のころの記憶…純真そのものだった

0000018492.jpg
  世界にはたくさんの人が、
  あらゆる場所で生きています。

 

  月日はとてつもなく長い時間を経て、
  私たちは、「おとな」になってきました。
  いつだったか…年を重ねて自然に「おとな」になるものだと思っていました。

  そぅ、世界中のすべての人は生まれ、子供だったのです。


  今ではちっともおもしろくも感じなくなってしまった砂遊び、
  鬼ごっこ(ちょっと好き♪)、
  大根抜き(知ってる?)
  花いちもんめ
  ゴムとびに縄跳び
  かくれんぼ

  自分の「基地」を作った経験もあるのではないでしょうか?

  それは空き地だったかも知れません。
  大きなドラム缶を、基地に仕立てた「自分の王国」

  そしてあるときは、
  お家の中で、マットやテーブルを駆使して基地に仕立てたかもね。
  とっても楽しくて、
  わたしたちは、いつも英雄でした。


  すべての子供は、純真でした。

  すべてが楽しみで、ワクワクしていた。

  自分がどう感じているか・・・誰の思いも、
  まして自分の経験も少ないから、縛るものは少なかった。
  思ったように表現し、夢を語り、それが叶うものだと信じることができたあの頃。

  学校は、嫌いだったけど、
  給食食べに行ったという人もいたよね。

  休み時間が楽しみで、学校言ってたって言うコもいたな。


  「なんてこと言うの!!!」

  叱られそうなことを
  あっさり、思ったとおりに表現できましたね。


  すぐに思い出すことは難しいけれど・・・

  少し時間をかけて思い出せることを、思い出してみましょう。


  どんな気持ちで暮らしてた?
  毎日夜にお布団に入り、
  明日の朝のことを、どんな風に想像してただろう?
  
  その頃、悩みがなかったわけじゃないでしょう。
  でも、確かにわたしたちは守られていましたね。
  失敗して怒られても、
  なかなか算数の答えが分からなくても、

 
  わたしたちは、周りからも自分自身からも許されていました。
  次の機会が必ずあることを、無意識に感じてました。


   大人になって、たくさんの社会通念(常識)や、好き嫌いの感情、
  自分に対する思い、次(未来)への不安…
 
  ・・・たくさんたくさんこびりついて・・・
  いつの間にか、自分の本当の気持ちを表現できなってきました。
  子供の頃の気持ちすらも、忘れてしまっています。
  制約だらけの世界に嫌気がさしている人も多いでしょう。

  今のあなたは、バカなことを言って大笑いしたいかも知れない。
  「大丈夫だよ、次、頑張ろうね」と一言、言って欲しいかも知れません。
  仲良しの親友に同じことを、伝えてあげたいかも知れません。
 
  「あなたはあなただよ。そのままでいいんだよ。」
                            …そう囁いて欲しい。


  今なら、どんな言葉をかけてあげますか?
  あのころの自分に。。。

  子供だった自分に、
  「おとな」になるということを、どんな言葉をかけて、
  未来に進んでほしいですか?


  わたし?

  わたしは、ん~。。。そうだな。
  「おまえはもっとできるんだよ!手を抜かないで信じて進め!」

  そう言ってあげたいかな、あのころの自分に・・・。

  他の人に聞かれたら、あきれられるかも知れないよね。
  いいの、いいの!

  


  子供のころ、無鉄砲にも虫取り網を振り回し、
  近所の畑にも入りこんだっけ。
  たまに怒られたっけ。

  みんなでゴムとびを順番にして、
  できないコには、一段低くして飛べるようにしたよね。



  いつでも本当の自分は、心の中にい続けてくれます。

  本当の自分は、
  いつだって、あなたが気づいてくれるのを待ってる。



  インナーチャイルドと呼ぶこともあります。


  子供のころの自分はもういない?!


  います。ちゃんと心の中に・・・。


  もしそのコが、自分の気持ちを言えずに小さくうずくまっていたら…
  声をかけてみてください。


  「どうしたの?ボクはここにいるよ。」
  「寂しいのかい?」
  「どうしたい?」


  心の中に住んでいる子供(あなたであり、今も生き続ける子供)は、
  ビクビクしています。
  本当の気持ちを言うことを止められてしまっているのです。
  少なくとも、そう感じてしるでしょう。


  いつも隠れているようにそこにいます。

  もし何か話してくれたら、
  そのコの言うことを否定しないであげてください。


  まさにそれが、本心なの。


  飾らない、素のままの自分になんて滅多に会えないでしょう?!

  いろんな思考があーでもない、こーでもないと指示するので、
  素のままの、何の汚れも、誰の解釈も入っていない・・・
  表現することが、ためらわれるのも無理ない。


  わたしは、これからの暮らしに、それがとても重要に思ってます。


  偽りのままの自分では、本当の自分に出会えません。。。


  わたしのインナーチャイルドは、とても小さく蹲ってました。
  寂しくて、怖くて・・・でも失敗は許されなくて・・・。
  誰かひとりでいい、わかってくれる人が欲しくて。

  わたしが声をかけても、ちょこっと顔を上げただけ。

  熊さんのぬいぐるみをプレゼントしてみたら
    (心の中で創造します。)
  おずおずと取、最近のわたしの変化も重なってか、笑うようになってくれました。

  そう、わたしはよく笑う子供でした。

  子供のころの遊び、ぜ~んぶ楽しかった。
  飼っていた犬で、犬ぞりをしたり(ヒドイ!)、
  お人形遊び、雛人形で遊んでたときは首がとれてびっくり!?
  創作話も大好きでした。

  それが本来のわたしだったのですね。

  いつの間にか、忘れてしまいました。
  心の中の子供、ポノはとても寂しがっていたのです。




  子供時代にどんな遊びをして、
  何を感じて過ごしていたか?
  子供心に何に怒りを感じ、
  何をして欲しいと願っていたか?



  皆さんの思い出に、花咲くことを願っています。


  もっちろん、誰に語らなくても、語ってもいいです。

  制限はまったくなし!!!

  感じることが必要なのです。




  おかしいことのように聞こえるかも知れません。




  すべては、心の中で起こっていることなので、
  誰に聞かれることも、何か答えを確実に出さなきゃいけないこともありません。

  そこんとこは心配なさらずにいてくださいね。




             I love you          thank you ポノより

    心も身の回りも掃除をする

0000020686.jpg
 


  掃除をしましょう。



 どこを?

 机の上にしようかな。

 リビングのテーブルの上かな。

 
 それともキッチン?

 
 階段?

 天井?



 おやおや・・・たくさんだわ(汗


 考えたらキリがないくらい、ありますねぇ。

 
 ここでのコツはやり過ぎない!

 ここ基本ね。


 わたしが(経験上ですよ)掃除したほうが運気UP!するところ


 それは気の流れを感じる場所や
 人や空気の流れがある場所・・・

 健康をつかさどる場所です。



 あ、あそこかな?

 閃きましたか?



 キッチン、トイやお風呂などの水周り。
 洗濯層の中も忘れちゃならない。
 水周りも健康にとても関係してます。

 

 人の流れがあるところ。

 玄関、廊下など。



 いざ掃除をしようと思うと・・・


 あちこちやらなくちゃ~って思って、
 最初から出遅れちゃいませんか?
 わたしはズボラなので・・・(苦


 いっぺんにこなそうと思うと、ダウンしちゃいます。



 今回オススメの場所は


       ジャジャ~ン!



    「玄関」にしてみましょう。



 ★これは外から入ってくる運気が
     スムーズに入ってこれるように

   (わたしは神様が出入りされていると考えてます)


 ★中からの悪い気や、淀んだ空気が
    スムーズに外に出ていけるように。。。




 何をするかっていうと、普通のお掃除。ふふふ。


 玄関を掃き掃除して、靴を揃えるのと、
 空気の入れ替えを同時にします。


 使わない靴は靴箱や、箱にしまっちゃう。

 スニーカーなどは、ネットに入れて洗濯機に突っ込んじゃう。



 そして


 できるだけ玄関中央

 お客様が来られたときに真ん中で靴を脱がれるよね。

 その部分はいつもできるだけ広く、開けておきます。


 ここは神様の気が通る道でもありますから。。。大事!


  余力があればの話・・・


 この1年~2年履かない靴があったら処分しましょう。
 ありがとうの言葉を添えて・・・労いの気持ちと感謝を添えて・・・。

 これだけで運気は驚くほどUPしています。




 掃除するところはたくさんあるけれど、


 絶対にしておいたほうがよいところを

 ピックアップすると、体にも心にも優しい。


 基本、無理はしない。


 ちょっと休憩して、余力があるな~って時に玄関掃除。

 いかがですか?


 自分の部屋を掃除することも大切ですね。



 自分以外の人が使う場所を、
 心を込めてキレイにする・・・それだけで、あなたの心は浄化しています。


 「やったよ!」


 ほめてあげてください。

 とてもとてもエライんですよ~。


 あなたの存在価値、存在の意味・・・
 本当のあなたは、そこかしこにあるんですが、見えない。

 見えないでしょ?

 確かに存在している。
 続けていくと、どんどん変化が現れてくるでしょう。

 人様の使う場所をいつもキレイな気で包んであげましょう。


 あなたは、あなたを認め始めます。


 わたしの経験上ですが。


 玄関掃除を頑張ったときのような爽快感は、とても大きく感じる。



     最初は不思議でしたけど・・・。


 玄関ドアを開けながら、良い気さん、どうぞいらっしゃい♪


 いつもそんな気持ちで、
 玄関をキレイにします。


 ここには、あなたのがある。。。





 時間があるとき



 玄関掃除をしましょう!!!


 わたしも、いつもそう思って、玄関掃除してます。

 善きことがどんどんうちの中に流れ込んでくるように・・・。
 
 


      自己責任の原則

0000020689.jpg

    自己責任の原則

 自己責任・・・この言葉を知ってる人はたくさんいます。

 では、

 自己責任を果たしているといえる人はどのくらいいますか?


 わたしも何度も自分に言い聞かせます。

 夜更かしして朝、寝坊しちゃて遅刻・・・

 これは誰のせいでもないですね。

 そぅ、己責任です。


 この結果、どんなことが起きますか?


 会社や学校では「どうしたんだろう?」と思いますよね。
 担当の仕事があったなら、滞ります。
 顧客が待ってる場合、会社全体の信頼関係にヒビが入るかも。

 学生だったらいい?
 勉強も心配かけるのも、授業が一時中断するのも人のせいかな?


 思いましたけど。

 いくつであっても、どんな立場であっても

 その人がとらなくちゃならない「自己責任」は、どこにいても生じる・・・。

 学生だから知らなかった・・・そんなマナーや常識ってたくさん!
 知らなくていいとはいいませんが、今、知らなかったのは事実ですね。
 知らなかったことを「責める」必要はありません。
 大人でも怒りまくる人いますよね(わたしも反省してます!)

 知らなかったことに対して「自己責任をとればいい。
 「知らなかったのです、ごめんなさい。以後、気をつけます」

 それでいいと思います。

 それで受け入れてくれない大人も多いかもしれませんが、
 「あぁ、
自己責任をとれない人なんだな・・・」と認めてあげよう。

 これがわたしの答えになりました。


 失敗したら?
 どうして失敗したのか考え、過ちがあれば認め、「ごめんなさい」
 ここまでできて「自己責任」をとったことになるんです。


 うまくクリアできたら?
 鼻高々に「わたしのおかげよん♪」となりそう。
 そぅ、あなたのおかげで、結果成功しました。
 あなたはすごいんです!

 そのすごいあなたの陰で、
 あなたを支え、アドバイスをし、場所を提供したり、時間を調整したり・・・
 会社の同僚、友人、家族、お客さん、スタッフ・・・のことを想いましょう。
 

 あなたは成功しました。
 すばらしい!!!

 そしてすばらしいあなたを支えた人たちの愛・・・これもまたすばらしい。
 「ありがとう。おかげさまで大成功になりました」
 これが「自己責任」です。


 「自己責任の原則」と考えると
 すごく堅苦しくて、めんどくさくて・・・「そんなん、勝手にせ~やぁ!」

 思いたくもなります。

 社会は分刻みの忙しさ。

 自分の担当のことをやってナンボのもんだって考えが主流です。
 成功できたのは、誰でもないあなたの努力や才能がなかったらありえなかった。


 だからこそ「自己責任の原則」が、人を優しく、自分の人間性を高める・・・
 しいては次の成功へと導いてくれます。


 すばらしい人は、

 
「ありがとう」
 「おかげさまで」
 「ごめんなさい」



 が身についています。

 あんなに業績を残しているのに、どうしてそこまで謙虚なの???
 そう思える人が身近に、あるいは社会の中にいませんか?

 最近お亡くなりになったスティーヴ・ジョブスさん。
 最高の人です。

 自らの無限の可能性を信じて、
 失敗に負けることなく
 「今」必要なことを選択して、チャレンジする。
 惜しみなくその才能を、周りに分けてくれる。


 マイクロソフト社では、何年ぶりで株主に配当金を配る決断をしました。


 これはスティーヴ・ジョブスの意向でもあったとニュースで聞きました。

 あなたもたった一人のかけがえのない存在であることを信じてください。



 自己責任とる・・・

 自分が考えたこと、行ったこと・・・すべてにおいて
 「自分がそうしたこと」だと受け入れること。

 
 すばらしい人になれるんです。



 わたしもまだまだ未熟者ですが、

 日常生活、ブログの中、友人・・・必ず「ありがとう」を使うようになりました。

 感謝しています・・・そう思っていることを伝える「
自己責任」を全うしています。


 あなたが「変だな?うまくいったのに、うまくいった気がしない」

 ふとそんな思いにかられたら


 思い出してほしい



 「
自己責任」を果たしていたかどうか?と。。。



 あなたを苦しめる
 あなたをさげすむ
 あなたを悲しませる



 すべての要因の発端は

  「
自己責任」をとっているかどうか
           ・・・これが始まりなんですね。


 
 とても大きなお話に聞こえるかも知れません。


 道端に咲いている小さな花を蹴散らす・・・
     この行為を考え、実行したのは誰ですか?

 小さな少年かも知れません。
 むしゃくしゃした大人かも知れません。



 どちらにしても、
 草花を蹴散らし、も~っと嫌な気分になってるはずなんです。


 一瞬は、八つ当たりして発散できたかも知れませんね。



 蹴散らかされた草花は何もいいませんし、

 後から同じ道を通った人は、
 「ヒドイことをする人がいるもんだ!」・・・でオシマイです。



 あなたの心に残った

 「花を蹴散らした」記憶は、どこにありますか?

 記憶の彼方ですか?
 それともムシャクシャさせた誰かのせいですかね?


 花を蹴散らしたのはわたし本人・・・
 自己責任において、「ごめんね、あの時ムシャクシャしててさ」

 心で考えてみたらどうでしょう?

 とても気持ちが楽になっていますね。


 してしまったことは、戻せない。



 心は変えることができることを、あなたはもう知っています。



 あなたが考えること、行うこと・・・
     すべてにあなたとしての「
自己責任をとっていきましょう。


 あなたを光のもとへ連れ出す次の2STEPす。



 
 すべてには「
自己責任の原則」が存在している。


 今日、あなたは何をするでしょう。


 自己責任をとると決めた瞬間から、

 自信と勇気が芽生えてくるでしょう。



    
 あなたらしく生き出したのです。


 

 




 



 


       今日は、何人と…挨拶しましたか?

0000020684.jpg
    
 挨拶してますか?

今日は、何人と挨拶しましたか?

朝起きたとき家族や職場で
昼はお昼休憩にあがるときや戻ってきたとき、
帰るときは、どうかな?
先輩・同僚・他の職場のすれ違った人々・・・。
帰宅してからはどうかな?


挨拶を意識していると、
確かに目が合って、
声が届いていて、

・・・なのに、挨拶が返ってこない・・・こんな場面に出会います。
ちょっぴり悲しいし、残念な気持ちがします。

(申し訳ないけど、その人の気持ちがまったく分からない。)



質問には回答、挨拶には挨拶、心配にはお礼・・・

これ「常識」だと思ってるんですね、わたし。


挨拶しない人だって分かると、
あえて挨拶したくなくなるのも人情というもの。


「どうせ、挨拶する気もないんでしょ?」

そう思って、素通りしちゃった経験もあります。
お恥ずかしいながら、未熟者でしたね。。。



今だったらどうするかなって思ってみた。
挨拶できないひとだからって、素通りしちゃうだろうか。

ちょっと待って!!!



あなたもわたしも、彼と同じような人間になってしまいませんか?
なんとなく腑に落ちないけれど・・・

鏡のように・・・
相手からも「挨拶もしないやつらだ・・・!」って内心思ってたりして。


あなたが交わした挨拶は、
    彼らには伝わらなくても


伝わってます。
見た目には、まったく分かりませんが、
その人に向けられた愛情は、必ず伝わっていきます。



他の人は、あなたにニコニコ挨拶を返してくれます。
あなたは挨拶のできる優しい人だと、お天道様も、周りの人もみてる。


挨拶もできない人は、それまでの人だと
人は判断していますから。



これは実話ですが・・・
朝、まったく挨拶してくれなかったおじさんが、
毎日頑張って「おはようございます」言い続けた。

ある日「あ、おはよう」って声をかけてくれたって・・・。
娘の小学校の話ですが、わたしもとっても嬉しくなりました。


今日、
どんな挨拶を、
どんな風に
何人としましたか?


自分を気持ちよく過ごさせてあげるために、
自分が気持ちいいなと思うことをしてればいい。

相手から返事が返ってくるなんて関係ないわ。

相手がどう思うかもどうでもいい?!


自分が心地よいことを選択すればいいだけ。




挨拶から始まり、挨拶に終わる・・・これが人間のルール。


挨拶したら気持ちよいでしょう?


最初はちょっと勇気がいります。

どこかのお店の店員だったら?なんて想像して
言葉に出してみるのも、いいかも知れませんよ~。


私って感じの良い店員になれるじゃないの!!!


そそ!その意気です。


自分らしくある空間は、
いつだって自分が嬉しいことに囲まれている場所。


嫌な人がいる?


嫌だと思っている、あなたがいるんですね。

じゃ、嫌だと思う人をあえて「ああいう人も世界にはいるのね~」
と思ってみた。
意見が違って当たり前。
大切にしてることが違うのも当然だもの。

そんな風に考えてみたことなかったな・・・


挨拶は、全国共通!


朝は「おはようございます」で

           気持ちよくいきましょっか!






    あなたを縛るものはなんだろう?教えましょう

0000017370.jpg


何かに縛られてる。

  本当の自分じゃない気がする。

    何かが違う感じがする。


  多くの人が感じたことのある感覚ですね。
 

  ここに気づくことが、自分を知るスタートライン。
  そういったら、信じられますか?

  何事もなく、ただ毎日を当たり前に暮らしたい。
  嫌なころもそりゃ、あるさ!
  でもちゃんと(?)生きてたらいいんじゃないか?
     (わたしはそう思っていました。)

  誰に迷惑もかけない。
  決められたルールは守る(たまに・・・ゴミだし時間遅れる)
  協力しあうようにする。

  社会・・・フツーに働いて、自分の稼ぎで好きなことして、
  家族養って・・・立派じゃないですか?
 

  じゃぁ、どうして「幸せ」って感じないの?

       おかしくないですか?

  贅沢するしないは置いておいて・・・フツーに暮らして、
             何も困ってないわけです。

  夫婦ケンカ、親子ケンカ、職場や学校での意見の食い違いはあっても
  幸せではありませんか?

  ここまで書いてくると、わたしも少し疑問に思ったりします。

        幸せってなんだろう?


   ※最初に言っておきますと、「幸せ」の答えはまったくありません。


  ・・例えばわたしが「幸せだなぁ~」と思えば、「幸せ」なの。
  実はとっても単純明快。
  気づいたら目からウロコ、ボロボロ落ちました。

  あなたの求めている幸せは、
  今まで「幸せだ」と感じてきたこととは違うところに
  置かれていたのかも知れませんよね?

  幸せって

 
便利で、お金に困ってなくて、
  暖かいおうちに住んで、友達がいて、
  両親がいて、おじいちゃんが達いて、たまにお小遣いくれて(ウフ♪)、
  美味しいもの食べれて・・・、

  その人がそのことを「幸せで満足!」と思えたらOKです


  
  実は・・・わたしは、信じられてなかった。

  何がなんだかわからないモヤモヤといつも一緒。
  誰にも迷惑をかけないで生きていることは、自分の誇りなのに。
  仕事も大きなミスなくこなすことができて、
  自分で稼いだお金で好きな服を買ったり、外食するのは楽しい。
 
 
  家族もいるし、住めるおうちもある。
  それなりの近所付き合いもできていて・・・

  でも!

  モヤモヤ。。。
  

  そんな風に、物質で満たされても、
  何か目に見えるもの、お腹を満たすものでは一瞬の「幸せ」でしたなく、
  嬉しくなれない。
 

 
  何かが足りない・・・と感じてた。

   どういうことなんだろう?

   自分とお話してみました。
   私は何がお望みなの???

   わたしと話すことで「元気が出たよ」と言ってくれた患者さん。
 

   エレベーターでドアを押さえていたときに「ありがとう」の声。

   困ってるときに「大丈夫ですか?」と言葉をかけられること。

   わたしも、誰かに「大丈夫ですか?手伝います!」といえること。


   「そうだよね」と認め合える人間関係。
   意見が違っても、お互いに大切な存在だと思える地球上の人たちと
   つながってる感じ。


   一緒に笑い会える、一緒に頑張れるそんな関係ってすてき。

  
 


     最初に質問しました。



   あなたを縛ってるものはなんだと思いますか?


   その答えは、腹立つ上司の腹の中にはありません(苦笑)

    すべて自分のうちに答えがあります。
    あなただけの「幸せの答え」ですね。



    ここではまず①STEP!

    ここからは、自分が求めていることを明確にしていく段階です。

    ■あなたが、求めているものはなんでしょう?
    ■あなたが、求めているものが手に入ったとしたら、
      どんな気持ちになるでしょうか?
    ■さらに、求めている状態が常にあなたを包んでいたら、
      あなたはどんな気持ちで日々を過ごせそうでしょうか?


    お金でも車でもいいんですよ~!
    それがいつもそこにあることで、あなたはどんな気持ちになるのでしょう?
    そこにあれば、いつも満たされ、愛に満ちてきますか?


    なんでもありです!    

    ※コレをやっているとね、時にはとてもいや~な気分になります。
       ちっぽけな自分に気づいて「オイオイ」みたいなね。


    みんなちっぽけなんですよね。

    本当の自分に気づいたとき、ちっぽけだった自分は少しずつ大きくなる。




    この記事にはガラス瓶に入ったビー玉を選びました。
    インスピレーションで、人間って、ガラス瓶に入ったビー玉みたいだな・・・
   
    そう思えたからです。

    そとの景色はちゃんと見えていて、仲間もいる。

    だけど、自由に行きたいところにいけない。
    人は「キレイね」と声をかけてくれるけれど、去っていき、
    すぐに忘れるでしょう。

    人間はガラス瓶の中のビー玉のように・・・

    それぞれの心の中の瓶の中で、もがいているのかも知れないな。
    そんなことを思いました。


  
    不自由を感じても、悪いことばかりじゃありません。


    「キレイ」と人を和ませる瞬間を造れる、
    子供たちは目をキラキラさせて、瓶から出して遊びだすでしょう。
    喜びと楽しさを提供できるのです。



    心の中にあるガラス瓶に気づくこと・・・


    ここでは、ここまでが1STEPとしています。

    

   
    自分と向き合うって、とっても疲れます。




   ※分かりにくくないですか?文章がへたくそなので、恐縮です。
    ご質問などはメールでお待ちしております。
    TOPページよりお願いいたします。

    冷やかし等はご遠慮ください。

    尚、返信に少々お時間をいただくこともあるかと思いますので
    ご了承くださいませ。





 

    聴こえてますか?

考え中

 聴こえてますか?


ん?ここだけ読むと「何が?」って感じますね。フフフ♪

ハイ、ここではすべての音、言葉を考えて、問いかけてみました。

風の音、波の音、お水が流れる音、
人の足音、お茶碗のこすれる音、
話し声、相手の心からにじみ出る音にはならない「音」…。



どうでしょうか?

もし、わたしがうるさく喋っていたり、動いていたら、
当然、他の音は聞こえてるようで聴こえてません。

聴こえてるフリはできますけど。

うちでは飛行場が近くにあり、
定期的に飛行機の飛ぶ音が聞こえます。
どこか遠くから来た人たち、
どこか遠くへ行く人たち…みんなを乗せて旅立つ(帰着する)飛行機の音。

そんな大きな音さえも、
聞き逃してしまうんですね。
「え?飛行機飛んでた?」

なんて答えてます。


大事な音は、
心に沈黙を与えましょう


あれこれ模索しながら聞くのは難しいです。

わたしたちの思考パターン(クセ)がいつも、
表面に出たくてウヨウヨ(?)してますからね。


音だけを聴く。

言葉だけを聴く。

聴いているわたしの心は沈黙し、観察する。


何か答えなきゃ!
いいこと言わなくちゃ!

…などなど考えると、音がそのままの音で耳に届きません。


うなづきや、相手の話を繰り返す、
確認することはいいでしょう。
(相手も安心しますよね…聞いてくれてるサインを感じると!)



自分が思っているより、
とても多くの音の中の想いが伝わってくることでしょう。

今まで、
自分の言ってることがずれてたかな?
そんなつもりじゃないのに…(撃沈

そんな経験のある方は、
一度、試してほしいなと思います。

本当の声が聞こえる。
自然の音に気づける…


それは、
あなたが本当の自分でいることを
         
      …
示しています。

心に降り積もった多くの記憶を気にせずに、
あなたは、あなたという人間の心、そのものと接しているのですね。




聴こえてますか?












    ちゃんと眠って、食べよう

0000020678.jpg

わたしたちの多くは、

朝起きて、支度して、ご飯を食べ…
昼間に活動をし、昼食を食べ…
夕方にその日の疲れを見つめ、リラックスし、夕食を食べて…

夜に眠る…。


不規則勤務の仕事の方は、この通りにはなりませんが、

おそらく、それが生活の本来のリズムになります。

ところが、
なんらかのことが原因となって、
食欲が落ちてしまうことや、
眠りが浅くなる、またはまったく眠れなくなることがあります。

食欲不振とか、不眠症なんぞといわれますね。


これは経験してみた人でないと、
その苦しみは分かりません。

わたしはどちらも経験があります。

当たり前に食べていた食物に魅力がなくなって、
お腹は空くのに、なにを食べたいか分からない。
これって、生きた心地しない(生きていて楽しみが半減する)。

夜が来て、明日のために眠らなきゃと思えば思うほどに、
目が冴えてしまう。
何度も夜中に目を覚まし、何時か時計を確認する。

そうこうしているうちに、
朝がきて…。

拷問のようです。

自分らしく思考を働かせるには、
食欲、睡眠欲などの基本的欲求が満たされている必要があります。


心療内科や内科などでこの話をすると、
「じゃ、睡眠薬足しておきますね」…終了…チ~ン。

原因検索なんてしてもらえません。
(たぶん、してくれても分からないでしょう)

こんなときに頼りになるのは、自分の潜在意識に働きかける
ヒーリングや瞑想などが効果的かも知れない。

一番大切なことは、
自分が食欲不振や、睡眠不足によって困っていることを、
自分に伝えることです。

なんとか気力で動いてこなしていることでしょうね。

それはとても立派なことです。

・・・でもいつか、体が壊れちゃいますからね。

だからと言って、
すぐに眠れるか?・・・いいえ、眠れませんね。

だからと言って、
食欲出ますか?…いいえ、出ません。

睡眠については、いろんな方法が提唱されているので、自分に合った方法を
見つけることがいいと思いますが…

わたしはある脳研究家の方から
息を吸い込むときに「良かったね」
息をゆ~っくり吐き出すときに「ありがとう」

この呼吸法を何度も眠くなるまで繰り返す方法が効果がありました。

眠れない原因がこれかな~と思い当たる人は、
ホ・オポノポノでもいいですし、原因を手放してみる方法をチャレンジしてみると、
いいかも知れません。

環境の中で眠れない原因があるのなら、そちらの改善も必要ですよね。


食欲…これはひとりで食べないことだとわたしは思います。

ひとりだと何でも良くなっちゃいませんか?
お腹がすご~く空いたら少し食べ物をつまんで、
また放置・・・してしまう。

だれかとランチ約束をしたり、出前を取るというのもいいかも。

届いちゃったら、食べるでしょ?
食欲に関係なく…残してもいいんです。
決まった時間に食べてみることが大切。。。
サラダでもトーストでも軽いものOK

人の力を借りましょう。

ひとりでできることなんて限られているんです。

あなたの食欲や不眠は、体からの叫びです。

人の力を借りて、癒していくことが必要な場合も多くあります。

たくさんの本や教材も出ていますが…これでよくなる!と期待しすぎずに
知識を持つ意味で試してみるのもいいでしょう。

わたしも何点か、見つけてみました。
ご参考にしてみてください。

商材は、オススメ情報の方にまとめています。

お役に立てたら嬉しいです。


                         thank you ポノ’

   あなたを愛するために生まれてきました

ネイティブアメリカン

わたしは、あなたを愛するために生まれてきました。

あなたに
「生まれてきてくれてありがとう」

…ただそれだけを伝えるために…。

あなたに出会い、それだけでどれだけの学びを得たことでしょう。


あなたは苦しかったかも知れませんね。

嫌だったかも知れません。




わたしはあなたに
「ありがとう」
・・・を伝え、



次はあなたが、あなたを待っている人たちに
「ありがとう」
・・・を伝えていくのです。



ありがとうの連鎖は「愛」です。

どんなムカつく人にも、
親があり、兄弟がいたり、
彼らと親しい友人がいる。

もしかしたら、すべてを失いかけている人もいるでしょう。


だけどわたしは、
すべてを失いかけている人も、
努力して頑張ってる人にも…


やっぱり感謝の気持ちを伝えるために、
生まれてきたように思えるのです。



「ありがとう」

わたしのどこに、
それだけの感謝の気持ちがあったのだろうか?
わたしにも分かりません。


「ありがとう」と伝えられたときに、
わたしは本来のわたしに戻ることができました。

「ありがとう」を言ってもらうためにしたことじゃない。
それでもあなたはわたしに
「ありがとう」
を、贈ってくれるんですね。
何もできなかったわたしに
「ありがとう」の言葉に乗せて

「わたし」の存在を受け入れてくれたのですね。


その経験は、突き動かす原動力の一つでもある。


わたしはあなたを愛するために
          …生まれてきました。

あなたはそのままで十分「あなた」だから。
何も恐れないでいいのです。

もし何かが違うと感じるなら、
静かに自分に問いかけてごらんなさい。
本当の自分は、
ワクワクする空間の中で、自由に泳ぎ、走り、
夢にまたワクワクしているのです。

それを抑えているだけのことに気づくでしょう。

あなたがあなたを、
あなたが他者を愛するとき…

あなたは本来の自分を取り戻している瞬間に出会います。


時には感情的になり、
自分を見失い、

感謝の欠片を落としてしまうこともあります。
そのときはごめんなさい。


遠く、知らない町で暮らすあなたへ…

  あなたの言動の中に隠れているものに耳を傾けてみよう

浄化の炎
 
 

         今日は何を感じましたか?
     
      今日はどんな感情が沸き起こりましたか?



 やりたくないこともたくさんこなしてきたことでしょう。
 やらなくちゃいけないことを、終えてきたことでしょう。

 あなたのしてきたことは、

 とても大切なこと。



 仕事…働くことは「傍を楽にすること」ですから。

 あなたのおかげで、どれだけの人が楽させてもらったのかな?

 少しくらい、自分にご褒美の言葉を贈ってみましょうか。

 
 「ありがとう、わたし。
  わたしのおかげで頑張れたよ」



 そうです。



 人の言動の中には、ありとあらゆる感情が入り乱れているといってもいい。
 
 喜怒哀楽はもちろんのこと、悲しみも苦しみも、自分を卑下することも。

 今日一日の言動を振り返るのは大変なことですよね。

 
 では、概ねどんな感情が今、あなたの心に残ってますか?

 それが今日のあなたのメインイベントだったと思います。


 ワクワクしながら過ごしてた…いいですねぇ♪

 ドキドキ不安だったけど、無事乗り越えてホッとしてる…お疲れ様♪

 一生懸命やったんだけど、納得いかない…そっかぁ…どこが納得いかないのかな?



 乗り越えたことには癒しの言葉を、

 ちょっと引っかかってることには、質問をしていきます。
  (自分に質問してみるのです)

 何に引っかかっているのか・・・そこはひとつひとつ、質問に答えるごとに
 
 「それはどうしてそう思えたんだろう?」とまた質問してみるといいですね。
 どんどん掘り下げられ、本当の自分が納得していない「真実」に近づいていけます。




 わたしがイライラしてる日は、

 まぁ、嫌なことがあったこともありますが。
 大体は、自分が原因になってることが多い。

 自分を認めたがらないんです、わたし。

 わたしの潜在意識は、わたしを認めたくないんです。
  これでもかなりクリーニングされました。

 まだやり残してることがあるはずだ!
 おまえ(わたし)はグータラだ!

 そ~んな感じで、自分いじめちゃうんです。

  イジメ反対!!!


 でも今日は大丈夫。

 キッチンガーデンで植物に触れることができたから。
 HPも更新できて、GREENのこともお伝えできました。

 お掃除もしたし、今日しようと思っていたこと頑張った自分を大いに褒めるのです。

 これでもか!ってくらいに褒めて、大好きになっちゃいます。

 自分をイジメていても、いいことひとつもありません。

 
 納得のいかない、イライラする日は、

 どうしてそう思うのか、他者の目線は完全無視して、

 自分の目線で見つめなおすことが、とても大切になります。


 他者の目線で、そこが足りない・・・なんて言っても「自分」は納得しませんよ。

 
 答えを見つけたら、次に向かえる。
 答えを見つけたら「ありがとう」を贈ろう。

 あなたの中の「あなた」は、あなたが喜ぶことが大好きなんです。


 そうやって、ひとつひとつ、失敗したり、考えながら乗り越えていく。

 そういうものなのです、人間というものは。。。


 


            ‘thank you伝道師 ポノ’




  • 0000001048.jpg
  • 看護実習のススメバナー
  • 夢診断