そのままの自分が好きでいい

過去の体験、潜在意識に支配されている今、苦しくないですか?ここで本当の自分を見つけましょう。

エンジェル

TOP ≫ ホ・オポノポノとの出会いから今…

    ホ・オポノポノとの出会いから今まで

   絶妙のタイミング

夕日

 昨日、通院のため運転しました。

受付を朝早くに済ませて、
診察まで2時間は待つ。

…受付のあとは一度帰宅して、
約束の時間に電話で順番を確認するしくみです。

℡で確認した後、
モサモサしてしまい、
自宅を出る時間が遅くなってしまいました。


  診察の時間に間に合わない!


診察後の薬局も、
今までにない混み様で…

無料で駐車場を使える1時間内に間に合わない…!


こんな時間の危機感があったのですが、


ホ・オポノポノを唱えることで、万事休す!


絶妙のタイミングで、

すべての問題がクリアになっちゃいました。



「ありがとうで豊かに生きる」

↑コチラのブログに詳細をUPしています。


ホ・オポノポノは、すごい効果があることを、
またまた実感!!!










ノーベル化学賞受賞成分フラーレンで美白・美肌・保湿!
ドクターズコスメは「ジープラス化粧品」




【auひかり】フレッツ光よりも月額1,260円おトク!















   すべてを受け入れようと思えた

0000017354.jpg

 
 出会いがあれば、
別れがあり…

 別れがあれば、
出会いがある。


 誰もがそうやって、ひとつひとつを
乗り越えて人間関係の対処法
学んでいくんですね。
小学校くらいのときから…
親元を離れて、
少しずつ「ひとりの独立した人間」として。

 どうしても受け入れられない、
心が引き裂かれるような孤独感や、
寂しさ、不安を伴う別れを、
どう受け入れるか?

 このことは、
長年の私の課題でもあります。
未だ、解決していないと言ったほうが、
正しい気がしますね。

人と別れることに、「慣れ」なんて、
そもそもありゃしない!
いつだって、痛い思いをします。

そう思いませんか?
痛みを伴うのは、必然です。

 では、その痛みにどう対処するか?


   ここがミソ!です。


 なんとか想いを伝えて、
状況を打開しようとすればするほど、
事態は、どんどん収拾つかない方へ。

  心では分かってる。

時間が必要なんだって。。。
今、距離を置くことで見えてくるものが
きっとあるから。

それから判断してもいいんじゃない?

そぅ、心は言うんです。
でも、寂しくて、不安で止められない。

私は、
ホ・オポノポノ」を実践してみました。

もう伝える言葉もない。
言葉を探せば探すほどに
相手を追い詰めてしまう。
すれ違って、言葉が凶器になる。

ホ・オポノポノ」で、

今感じている「失う不安
未来への不安」「寂しさ」「悲しさ

…それから、
どうすることもできない悔しさ

諸々の感情を、クリーニング。

 そしたらね。

心に、お日様が射してきた感じがする。
(実際に外も晴れ間が!)

 どんなに焦っても、
どんなに考えても、
どうしようもない時こそ、

感情をクリーニングしてみる。

答えはまだ、
見つかってないのかも知れない。

それでも、時間が要ることだけは
分かった気がする。

 そして、いつもの私なら暗く、
ドヨヨ~ンと沈んでしまうけれど、

「できることをやってなよ!」


 そぅ…、HPの更新や、表現をする…
これがわたしの使命だと思うから。

 thank you伝道師 ポノは、
今日も、「ありがとう」を伝え続けるのだ。


★男の人も下着にこだわって、
体型維持!モテ男になろう。

 

 

プチトリンプ【携帯向けサイト】


★ショップ店員さんから指導を受けました。
間違った下着のつけ方、選び方してませんか?重力に負けるのではなくしてないのです。 プチトリンプ【携帯向けサイト】


★可愛い花柄バッグで颯爽と、街を歩こう!
意外に物が入るよ!

[キャスキッドソン] Cath Kidston バケットバッグ デイバッグ (並行輸入品)




★通販の定番、しかも安いぞ!これは見逃すな!
大人かわいい♥今どき夏カジュアル790円~ - セシール


★浴衣シーズンですね。
お祭りも次々にあります。
わたしもどこで着るか不明ですが(涙)
1着ゲッツしちゃった♪
2012浴衣コレクション 3,990均一 - セシール











   恋がうまくいってないときには

0000017356.jpg

 
みなさ~ん、してますか?

 はいいものですね。

心がキラキラして、
人にも優しくなれる。

毎日がドキドキして、楽しい♪

   恋って、そういうもの。

 恋から愛に変わるとき…、
たくさんの人が「苦悩」に出会う。

相手を理解し、
自分を理解してもらう…

 これは、長く一緒にいればいる程に、
難しくなるものです。

相手に対する甘えや、
知ってて当然!という思い込み…

自分も相手も見えなくなるときが、
訪れるんですね。

「この前までラブラブだったのに~!?」
  
友達の話でも、そんな話ありますね。)

 恋愛が上手くいかない…

恋愛に関する相談を受けたことが
たくさんあると思います。

彼のウンチャラ、
彼女のウンチャラ…

よ~く聞いてると、
相手の気持ちが分かってないと言うか、
考えられてなかったりしない?

大人になっても、同じです。

 人間、自分のことを一番に理解し、
永遠に続くこと
望んでしまいやすいでしょう。

「あれ?なんか違うな」と思始めると、
苦しくて、辛くなります。

 こんな時に、
ホ・オポノポノ」を実践してみましょう。

 心落ち着けて、

最善の問題解決法が、
自分に力を注いでくれる…と感じたら、
少しパワーが出て、
物事を冷静に見られるようになります。

相手の気持ちや自分の本心はなにか?
果たして、この恋(愛)は本物か?

自分へのメリットを目的に
恋愛をするわけではありませんよね。
 (そういう恋愛もありますけど?!)

相手にとって…
自分にとって…

十分に学ぶことができたときは、
その恋愛から卒業して、
次のSTEPに進むときが来ている
サインです。

たぶん、
今の状況には、慣れていて
安心できるものがあるかも知れません。

 そのときがきたら、
ホ・オポノポノを実践して、
潜在意識のもろもろの記憶を、
クリーニングしていきましょう。

  答えは、
    あなたの中にあります。

まだまだ2人の関係には学ぶことがあるよ~!
そういう答えもまた、伝えられます。

じゃぁ、どうしたらいいのかな?
今度は、そこのところをクリーニング♪

思いもしなかった、誤解やスレ違いに
気づけるチャンスがあります。

従来通りの思考クセでは、
太刀打ちはできません。
自分も変わる時期が来たということです。

感謝の気持ちは、どんなときも
持っていて欲しいな。

  恋愛も人間関係ですよね。

 あなたが、恋愛に悩んでいるのなら、
誰かに相談したり、
占いなども目安になります。

何より、本当の自分が
答えを握っていることを
忘れないでいてください。

激安ブランドコスメの通販サイト Cosmeland 【携帯向けサイト】←クリック!

   みんなと声が掛け合える

0000017371.jpg



  人と話すのがニガテ…
  …実は、わたしはかなりの人見知り。

 もうかなり前ですが、
高校に進学したときのこと。
知ってる人が、一人もいませんでした。

1週間…誰かが話しかけてくれるまで、
誰とも話せない日々を送りました

   今では笑い話♪

 当時の同級生に言われことは…

「ポノは、あまり人と話さない不良の
一匹オオカミタイプかと思ったぁ!」

     
             …ですと?!

一体、どんなたとえだろう?

きっと、褒め言葉に違いない???



今でも、初対面はニガテです。

何を言ったらいいのか、
どんなことを言ったらタブーなのか、
嫌われたらどうしよう、
呆れられたらどうしよう?


…悪いことばっかり予想しちゃいますね。


 ホ・オポノポノを実践するようになってから、
気づいたら、緊張はしているのですが、

「ここは、話しかけてみよう!」

こんな感じで、心から湧き起こる直感が、
導いてくれます。

たとえ相手が、
こちらをまったく見てなかったとしても、

相手も緊張していて、
返事が返ってこなさそうな人でも…。

「緊張しますね~♪」

できるだけにこやかに、
協調するように…話しかけます。

前までのわたしにはできませんでした。

話しかけてくれるまで、
ひたすら…

  待つ!待つ!!待つ!!!


 人間関係の「問題」の中で、

なかなか相手と打ち解けられない、
緊張してしまい、うまく話せない
…という「問題」が根本にある場合が
あるように思います。

 いかがでしょうか?

 こんな時、どんなときも誰とでも、
フレンドリーに話せる人に憧れますね。


   あなたにもできます。


第一印象が大切よ!…と聞きます。

それはもちろん、そう思います。


 相手もあなたと同じように、
あなたから話しかけてくれるのを
まってる場合が意外に多いのです。

 だとしたら、
話しかけちゃった方が、楽だと思いませんか?

 ホ・オポノポノを実践していると、
自分からも相手に話しかけられるようになり、

バカかと思われるんじゃないかと思うことも、

「え~い!言ってしまえ」

となって、「意外に気さくな人なのね」
印象UPにもつながって、

私の中の「人間関係第一歩を躓く」
という問題は、解決してしまいました。


    ありがとう…。


あなたにも…I love you を贈ります。


あなたと出会えたことに感謝しています。

 


あの「成功の9ステップ」で有名なジェームス・スキナーの
「でっかい会社を作る9ステップ」CDを無料で欲しい人は
他にはいませんか?
在庫がなくなる前にゲットするにはこちらをクリック
  ↓
 

ジェームス・スキナーの無料CD

   必要な別れを知る

0000017334.jpg

 

ホ・オポノポノの実践を続けていると、

自分の中にある「問題」が解決された時、

相手がいなくなったり、
自分がいなくなったりして、
考え方が変わって何の問題も感じなくなる…など、


接点が、なくなっていきます。

 
 これは恋愛に限らず、
実は、すべての人間関係にあるんですね。

 恋人がいる人は、
自分の人生の課題において、
必要な人と恋して、関係を育んでいます。

 好きな人ができた人は、
無意識ではありますが、
その人を好きになることが、
あなたの人生の課題を達成することには
とても必要な意味があることなのですね。

 人間関係はいつも流動的で、
絶対に変わらないものはない…。

このことは、長年わたしを苦しめてきた真実。

どんなに愛していても、
どんなに必要だと思っていても、

必要なときに、
必要な別れが存在します。

逃げても、隠れても「事実」は変わらない。
そうですよね?!

 よく言えば、

この時点でのあなたの課題が
達成されたことであり、

相手も同じことになります。

 悪く言えば…
それはとても辛いこと。
お互いに納得して「サヨナラ」をするのは、
極まれなことですよね。

 相手とうまくいかない…
今、感じている感情を出してみましょう。
孤独、不安、寂しさ、焦り、悔しさ…
あなたの中にはどんな感情が
あるでしょうか?

相手に対する、
または、
このお付き合いに対する感情を、
洗いざらい出して、感じてみます。

…そして、
そう感じさせている記憶を
ホ・オポノポノでクリーニングしましょう。

それが必要な別れのときであるのなら、
最善の方法が、
あなたにメッセージとして送られて来ます。


 それは…とても辛い決断です。

 綺麗ごとは言いたくありませんが、
年月が流れて、
あぁ、いい恋をしたな。
こんな学びがあったよな。

…そう思えるようになるものです。

ドロドロした感情を持ったままにすると、
辛い思い出だけがあなたを占領して、
恋することが怖くなったり、
必要な出会いを遠ざけたりもします。

どんなときも、
ホ・オポノポノでクリーニング。

辛いときは、
辛く感じさせる記憶をクリーニング。

相手を恨む気持ちがあるときは、
恨みを感じさせる記憶をクリーニング。

お互いに、幸せなときはありました。
これからも、幸せへ向かっているのです。


 ↓疲れた心を癒します。









 

    シンクロニシティ

真実の愛

thank you伝道師 ポノです。

 ここでは

 「シンクロニシティ」についてお話します。

 「シンクロニシティ」と言う言葉は、
聞いたことがあるでしょうか?
意味はご存知でしょうか?

日本語で言うと「共時性」とも訳され、
同時に共鳴し合う、
同時に体験し合う、
同時に同じことを考えている、
(偶然にも?)出会う…

こういった現象が入ってきます。

シンクロニシティ(以後シンクロ)は、
ホ・オポノポノを実践していなくても、
誰もが体験することができ、
実際に体験しています。

改めて「シンクロ」と言われて、
難しく考えてしまいそうですが。

ずっと会ってない友人のことを思い出し、
どうしてるかな~?
そう思っていたところへ、
その人からメールが来る…これも、
シンクロです。

強く想うことで、
シンクロを引き寄せています。

引き寄せの法則と、
ホ・オポノポノはまったく別のものです。

 しかし、
関連性がないとは言えないところが
あります。

ホ・オポノポノで記憶のクリーニングを
続けることによって、
引き寄せることが増えてきました。

このことは、
問題解決に必要なものが、
選ばれている結果だと思います。

シンクロを起こす確率がとても高くなり、
自分でもびっくりするくらいです。

クリーニングを続けていくうちに、
必要なことや、本心で望んでいることを
強く思考するようになったのかも
知れません。

必要なことは、引き寄せてくる。

問題解決には必要なものなら、
当然ですよね。

辛いとき、この砂漠にいるような感情を、
癒してくれる人やものに出会ったりもします。
それは仕組まれた偶然。

 話したいなと思った人と、
同時メール発信することなんてしょっちゅう!

連絡来ないなぁ~と携帯を見たら、
ただ今「着信中」ということもよくあります。

どこかで、行動を見られてるのかと思うほど。

必要な情報が、
絶妙なタイミングで得られて、
難をしのぐことができた…なんてことも。

他の記事で書いた「お金の執着」…、
これも根深いのですが、
必要なときに、必要なお金がやってくる。
…これもシンクロですね。

 いくつかの問題解決法のツールを
ご紹介しました。
やりやすい方法で、ぜひ試してみて欲しいな…
と思っています。


すべては問題解決法。

あなたが感じている「問題」はなんでしょうか?

クリーニングによって、
どんなシンクロが起こるか、
楽しみでもあります。

 
フォレストブルー


人気ブランド各種格安で多数ご用意!ランニング専門店 WiZ it

 


 

      自分が変われば、相手も変化している

恵み

thank you 伝道師 ポノです♪


 相性の悪い(と思う)相手を変えたい!
そう願ったことはありますか?

わたしは、何度もあります。

わたしには、相手に嫌われる理由も、
相手に好かれるような努力もしている。
それなのに、ウマが合わない…。
これは、キツイものです。

相手のこんなところが変わってくれたら…
願わずにはいられませんよね。

その心の中を、
もう少し紐解いていくと、
ある真実が浮かんできます。

相手がココを変えてくれたら、
わたしもこうできるのに…

    ↑

相手に責任を委ねてしまっているという
明らかな自分の思考クセ。

どうしてそういう言い方をするんだろう?
人の気持ちを考えないんだろう?

そう思うときは、
大概は自分の気持ちが優先しています。

  だから…
自分の中にある何かを
変えようとは、思えない。
(思っていても、実は行動化していない)

そうすると…一体自分はどんな行動を
しているだろうか?

相手に対し、ほとんど無意識に
虚勢を張り、守りの姿勢になります。
表情は強張り、
相手の言葉の真意を汲み取れない。
返答も、身構えた硬いものになる。

誤解が誤解を招いている…ということに
なってしまいます。

以前の職場で、仲間を囲って
まるで自分のしたいように振舞う人が
いました。
本人は、一生懸命やっているし、
確かに間違ってないと思えます。

でも、
自分の考えた通りに周りが動かないと、
お腹の中に「怒り」や「不満」を抱くようで、
当の本人がいないときに、
その人の悪口を言うんですね。

本人がいるときは、ニコニコ仲間~♪

いないときは、悪口…。

これ、どう思いますか?
聞いていても、心苦しいですよね。

それだけではありません。

悪口を聞いている人たちは、
悪口を言われたくないわけですから、
現実を目にして
自己防衛に入っていきます。

「その人に従う」道を、選びます。

この関係の中に、
仲間意識や向上心は存在していない…
わたしはそう思いました。

彼が、仕事と称して買出しに行ったとき、
彼は自分の買い物もしてきました。
戻ってきた時間は、
業務が忙しくなる時間を過ぎていました。

「こんなに時間かかったのね?!」
わたしは、そう言いました。

わたしも弱虫ですから、
1施設の長として、強く指導することが
躊躇われてしまっていたのです。

以前に「上司は嫌われてナンボだからね」
そう、スタッフに言われたことがあります。

その言葉が、記憶にインプットされていた…
ということもあると思います。

私がそう言ったとき、
「そうなんです」
と、一瞬、表情が固まったことを、
見逃しません。

彼が、新しくきた頼りないわたしに変わり、
まとめてくれようとしてくれてる…
当時はそう思おうと必死に
気持ちを切り替えようとしたのですが、
できません。

他のスタッフも、記載したとおり、
彼に睨まれることは、
チクチクと突っ込まれることであって、
悪口を言われることにつながります。

わたしも同様に
…同じ気持ちでいたんですよね。

 ホ・オポノポノを唱えました。

彼の言動に恐怖を感じる記憶を
クリーニングして、

彼に従い、実際はバラバラになっている
職場の状況に不安を感じている記憶を
クリーニングしました。

職場の建物もクリーニングしました。

職場は介護系で、2つのチームに分かれ、
業務分担していましたが、

なんせ、狭い施設内。

協同でやることが多いのです。

他方のチームのスタッフも、
彼と同じチームの人たちと同じように、
彼に対し、恐怖を抱えていました。

それは、見ていたらすぐに分かるほどに。

 何度も、何度も…
ホ・オポノポノでクリーニングを行い、

どうしても言わなくてはいけないことは、
声に出すようにしました。

「今、言わないでいたら、
 何も変わらない!」

心の声(直感)は、わたしにそう
教えてくれたのです。

たとえ嫌われても、
たとえ非難を浴びても…。
(実際には、影で浴びてましたよ)

正しいことは、
いつか伝わると信じることに決めました。

相手に変化を期待することを止めました。

私がぶれずに、立っていることが大事だ…
そう思えるようになりました。

数ヶ月後…

彼とは別のチームのリーダーが、
仕事の話をしているときに
相談にきてくれました。
情けないことに、
相談は、たいてい彼に先にいってることが
多かったように思います。

彼女は
「わたしたち(チーム)は、あなた側ですから。」
…そう言ってくれました。

彼が、どう主張しても私を信じる…

業務において、私を必要としてくれている…

私は、
そのように受け取ることができました。
とても、とっても嬉しい言葉でした。

 ホ・オポノポノで記憶をクリーニングし、
私の中の思考を変化させられたことで、

こんなに周りが変わるんだ!

それを体感した日です。


自分が変われば、相手が変わる。
このことこそが、
「問題」が問題ではなくなった瞬間です。

私達は、いつも相手の反応から、
自分の言動をどうするか無意識に
考えていますよね。

人によって、こう答えたほうがいいなどなど。

相手を尊重することは、忘れずに…
自分の中に芯を持つこと。
いつか相手に伝わる。

今は、誰も気づいてくれなくてもです。
見ている人はいます。

あなた自身が、
いつも、あなたを見守ってくれています。


      


【DAZZSHOP】きゃりーぱみゅぱみゅ着用カラコンtutti vanity shake!!!

 

 

 

   ひらめきを受け取る

可能性

あなたは、
「直感」を受け取っていますか?

これが「直感」かなぁ~?
…と思い起こしてみると浮かぶことが
あるでしょう。

ときには、
「直感」だと信じたことが、
実は潜在意識の中の記憶をもとに、
考えたことであることもあります。

 道に迷ったとき、右に行くか
それとも左に行くか…?

わたしは、方向音痴なので、
よくこの「問題」に出遭います。

直感は「右だよ」と教えてくれている。
でも頭は「この道は確か、左だよなぁ」

それで「左」に行くわけですよね。

するとどうでしょう。
目的地にはたどり着けずにUターン!?

左を選んだわたしは、
直感を信じずに、
思考によって行動を起こしていた…
ということになります。


別の場合で例えると、
「このことを言ったほうがいいかな?」
…ハイ!迷います。

言うべきか、言わざるべきか?
さぁ、…「問題」です。

言うことによって、先に起こることを
脳は考え始めます。
過去の体験の結果、
培ってきたクセ、
古から記憶にインプットしていること。

 ↑
これらが、総動員で脳の中を
グルグルし始めます。

たぶん、この方がいいだろう(と思う)。

私たちは、このようにして、
自らの行動を選んで生きています。

後になって、
「あの時、言っておけば良かった」
…と思うこともあったことでしょう。

モヤモヤしたものが心に残って、
ワクワクする気持ちになれないことも
あったでしょう。

「な~んだ、言ってくれれば良かったのに」
そう言われた経験もあるのでは?

「直感」は、心の声に耳を傾けると、
いつもメッセージとして届いています。
それを「ひらめき」と言うことがあります。

 
 ところが日常では、
思考が、無意識に入っているため
「迷い」が生じてしまう。
選んだ行動の後にモヤモヤを残して
すっきりしない…なんてことが?!

  そうなんですね。

迷ったときは、
会議の途中だとしても、
運転中でも、

「ホ・オポノポノ」で、
思考を、クリーニングしてみましょう。

クリーニングの後、
「今、言ったほうがいいよ」
「これは、言わないほうがいい」
「右に行こう!」
        …などなど、

確信に近い感情で、
あなたの選択を後押ししてくれます。

この時、
「これだ!」とどうしてだか感じた感覚。
これが「直感」だと思ってください。

クリーニングによって、
過去の経験や記憶に翻弄されずに、

今、何をしたらいいか?

あなたに教えてくれるパワーが、
心の中から湧いてきます。

 日常で迷うことは、
たくさんありますよね。

今、勉強したほうがいいか?
先に謝ったほうがいいかな?
どう対応したらいいだろう?

様々な迷いが、存在しています。

もしかしたら、

「直感」は、
あなたに大きな決断を勧めることも
あります。

ときには、もっと苦しい思いを
するのではないか?と思えるような
こともあるかも知れません。

そんなことできるわけがない…と、
感じる大きな変化を、
メッセージで送ってくることもあります。


クリーニングをして、
「直感」を信じましょう。

 「ホ・オポノポノ」は、問題解決法です。
クリーニングで、目の前の「問題」を
ただの出来事にすることで、
何をしたらいいかという「問題」に対し、
自ずと導かれるように、
最善の方向へ向かう叡智を
与えてくれるのです。

わたしの方向音痴は、
相変わらずですが、
迷ったときは「ホ・オポノポノ」を実践。

クリーニングした後の心に沿って、
進んでいます。

今のところ、
無事に目的地に着いてます。

時には、
とても早く到着できるような道…
いつもは通らない道を選択していることも!

お陰で、時間に余裕で間に合った!
なんてこともありましたね。

「今、ここで言わないと!」
そう思えたので、
勇気を出して声を挙げたことも。

すぐには理解されないかも知れませんが、
わたしが言ったことは、
ひとつの「問題提起」として残り、
業務改善や、
みんなが声を出す機会に結びつきました。

言い出しっぺは、辛いんですけどね。

自分としてはスッキリ。
そのときは辛いな~と感じていても、
いつか、良い変化として現れてくる。

それに貢献できた自分を褒めたいくらい。

 迷ったときや
そんなことできないと思ったとき。
それこそ、目の前にある「問題」です。

あなたが、「問題」に対して
どんな感情を抱いているのか…
不安、恐怖、迷い…すべてを
クリーニングしていきましょう。

あなたは、無限の可能性を持っています。

潜在意識に縛られず、
思ったとおりに、あなたらしくなるチャンス♪

 ひらめきを受け取りましょう。
 

セブンネットショッピング(旧セブンアンドワイ)【携帯向けサイト】

    お金に対する執着を手放す

自分を探す

あなたは、「お金」と聞いて、
どんなイメージを連想しますか?

生活していくために必要なもの、
欲しいものを手にいれるためのもの、
みんなを従わせるためのもの、
幸せの象徴、
権力・権威あるもの
なんでも解決できる魔法…

それぞれに「お金」に対するイメージは、
異なります。

よく言われていることが、
「お金がたくさんあったら幸せですか?」
こんな質問です。

お金があったら…
好きなものを買うことができます。
美味しいものをいつでも食べられます。
友達に奢ってあげたりして目立てます。(いい人になれる?!)
何をしてもお金が解決してくれます。


それは、思い描く「幸せ」でしょうか?

わたしも、お金は多いに越したことがない…
そう思っていました。
今も、多少のお金は生きていくために、
必要だと思います。

ですが、

給料が多少高くても、
そこで働いていて幸せを感じたことは、
実はありません。

でも生活のため、好きなことをしたり、
旅行したり、洋服を買ったり、

お金は必要不可欠だと思います。

ですが、
今の自分に必要以上のお金があれば…、
不思議なほどに、
湯水のように流れていきます。

或いは、それ以上にお金が必要になって、
アタフタしたりもします。

どうしてなんでしょうか?

今月は、これで大丈夫!
「余裕、よゆう~」と思っているときに限って、
交通事故に遭ったり、
準備しなければならない出費が出たりします。

「ホ・オポノポノ」の本を読み進めていくと、
その答えが分かるような気がしました。

わたしの潜在意識の中の記憶には、
「お金は汚いもの」
「お金は人を変える魔物」

そういったマイナスイメージがあったのです。

それでいて、絶対に必要で…、
今の生活に満足する前に、
「何か起こったら困る!」と不安が支配しました。

もし今、わたしに何かあったら…などなど。

這っててもずってでも、倒れるわけにはいかない!
お金のためにそう思い込んでいたのです。

わたしは、体調を壊してしまい、
この不安はさらに大きく、心を覆います。
「どうしよう…辛いけど、頑張らなくちゃ」と…。

ホ・オポノポノを続けていくうちに、ある変化が起こりました。

今まで一度も経験したことのない、思考の変化です。
「なるようにしかならない。」
「必要なところにお金がやってくるから」

そう思えるようになったのです!

すると…現象も変化を始めました。

困ったなぁ~と思っているときに、
臨時収入が入ったり、
入っている保険のでカバーできることを知りました。

気持ちは揺れ動きます。

また不安になったり、なんとかなる!と思ったり。

不安なときは、いつも臨時出費がかさみました。
お祝いなども、意外にあるものですよね。

これは明らかな出来事です。

お金に対する執着を手放し、
お金に対するマイナスイメージをクリーニングする。

このことで、わたしはとても楽になりました。

年収1000万円欲しい、
あの人よりも高収入でいたい、
高級車を乗り回したい…、

お金に対する、たくさんの想いがあります。

それを、悪いと言ってはいません。

必要なときに、必要な分がやってくる。
不必要なときには、その分が流れていく…これがお金のしくみなんですね。

宝くじが当たったらどうしますか?
聞いたところによると、(確かではありませんが)
多くの人が何年も経たないうちに、
すべて使い果たしてしまうそうです。

娯楽や、自分のためだけにお金を使う考えは、
幸せから遠ざかることにもなり兼ねません。

むしろ、困っている人に譲るくらいの気持ちで、
お金を迎え入れる気持ちが、
いいのかも知れませんね。

「お金」に対するイメージ、不安をクリーニング。

今も、困ったなと思ったときには、
なんらかの助け舟が舞い込んできてくれます。

感謝の気持ちでいっぱいで、
人の役に立てることをしたいとまで
思えるように成長することができました。


お金は悪いものではありません。

お金を独占したいと思う感情が、
お金を汚し、奪い合いを生み出すのかな…

そんな風にも考えるようになりました。

今は、質素ですが…、
とても楽な気持ちで過ごしています。

 

 

 

今売れてるアロマはコレ!

   ひたすらクリーニング

光とともに

「ホ・オポノポノ」のツールは4つの言葉

ごめんなさい

許してください

ありがとう

愛しています

この4つの言葉を、言うことです。
言葉に出せないときは、
心の中で言うだけでも
クリーニング効果があります。

最初に本で「ホ・オポノポノ」の存在を知った時、
半信半疑・・・いぇ、それ以上に疑ってました。

大概の人は、悩み、迷っている状況の中で、
こういった方法を模索していますよね。

そんな簡単にいくわけがない。

そう思いませんか?
わたしはずっと、心の中にその思いを残しながらも、
4つの言葉にすがるように、
思い出してはクリーニングをしていました。

 私たちの潜在意識の中の記憶が、
今の状況を創り出している。

世界が創造されてから、
ずっと蓄積されてきた様々な記憶が
私たちの行動や生き方に反映し、
苦悩を生み出している。。。

…いきなりそう言われても、
「なるほどね」と受け入れるほどの容量を
わたしは持ってませんでした。

何のために「ホ・オポノポノ」を唱えるのか?

言葉に出すことは簡単ですが、
その行動に自分なりの「意味」を見いだせなかった
…というのが現実でした。

悩みの種である人物、事柄に対して

ごめんなさい

許してください

ありがとう

愛しています…

…一体何の意味があるのか?

悩みの種に対し「ごめんなさい」と謝っている気がして、
心は不安定でした。

「ごめんなさい」をそっちが言ってほしいわ!!!
~内心、思ったものです。

ただ4つの言葉を言うだけ…

この4つの言葉を唱えるだけで
クリーニングが始まっています。

最初はとくに、
何をクリーニングしてるかすらも、
あやふやで…。

「信じて4つの言葉を唱えること」が、
難しかったです。

前回お話しましたが、
この時期、私は配置転換に加え、
役職がつき…前任は辞めてしまうという状況で
右往左往していました。
何をどうしたらいいのかを教えてもらうことも、
今まではどうしていたのかを教えてくれる人もいない状況は、
とても不安を煽ります。

スタッフとの関係は、他人行儀なもので
…なかなか打ち解けられません。
仕事を指示しようにも、
どうしてそうするのかが伝わらない日々…。

どこか様子をうかがってる感じがする。

スタッフを理解すること、
仕事を安全にこなすこと、
間違いをおかさないこと…

やることはたくさん。
期日までに書類提出するものが、毎月毎月ある。
意味も分からないまま、
時間だけが過ぎていく。。。

仕事で頭も心もいっぱいいっぱいになっていた時…、
家の中は、寒々とした空気が漂っていました。

家族に対して、優しい言葉もかけられない、
話を聞いてあげられない…

そのことが、またわたしの心を苦しめます。
だんだん眠れなくなり、耳鳴りも聞こえていました。
心がカチカチに硬くなってしまいました。

疑いを持ったまま、
わたしは自宅に向かって「ホ・オポノポノ」を唱えました。

壁に触れ、柵に触れながら

ごめんなさい

許してください

ありがとう

愛しています

これは妄想なのでしょうか?

わたしには、妄想かどうか判断できませんが、
心の中に、フワリと言葉が浮かんできました。
それは、家そのものからの発信だったと思います。

自分の名前を教えてくれ、
「とても淋しい。
みんなを守れるように頑張っているけれど、淋しい」

 そうです。

家は、寒々とした空気をそのまま感じ取っていますから、
私が感じていることを、
もっと強く感じていたことでしょう。

そっか・・・淋しいよね。
わたしも頑張るね…自分を取り戻すね。
それからというもの、
思いだしては「ホ・オポノポノ」を唱えました。

家の中にあるものはすべて…。

カーテンも壁も階段もベッドもドアも、すべてです。

築10年を超え、あちこちに痛みが見られる我が家。
いつ何が壊れるか分からない時期です。
暖房器具も、IHコンロも、冷蔵庫も。

ですが…今も、みんな健在です。

電気屋さんには申し訳ありませんが、
冷蔵庫も洗濯機も、娘のひとつ年上
…16年目を超えようとしてます(超えたかな?)

それでも健在です。。。

時々、湯沸かし機からヘンな電気音が聞こえた時は、
即効・その場で「ホ・オポノポノ」を唱えます。

  気のせい?

…かもしれませんが、まずは信じてみました。
あーだの、こーだの…考えれば、
続々と疑いの言葉を生み出すことができます。

ただ、信じてみました。

信じていなくても、信じていても…
他にどうすることもできないのですから
足掻くのは止めよう。

信じ切れない、
どこかで理由を探してしまう自分も存在します。
そういう気持ちも含めて、クリーニングしました。

(あぁ、わたしは信じてないんだ。どうしようもなく不安なんだ)

4つの言葉を唱えるだけ。

結果がすぐに見えるわけではありません。
本当に結果が出るのかさえも未知数です。

ただ唱えるだけ・・・

このことは、
私が「ホ・オポノポノ」を知った当時の心情です。

 確かに、
ゆっくりと私の心は変わり始めています。
家の声が聞こえたと思ったとき、
本気で、優しくなろうと思いました。

相変わらず、仕事でいっぱいいっぱいでしたが、
一言…家族に一声は絶対にかけよう…。
そこから始めることができたのです。

最善の選択…、
私の場合はソレだったのですね。

 







 

   ホ・オポノポノと出逢ったときに

芝桜

わたしが「ホ・オポノポノ」に出会ったのは、もう3,4年前に遡ります。

 当時(今も?!)

 今のままのわたしじゃダメなんだ!
誰にも理解されることもなく、
自分を表現することもできず、孤独のままだ!
わたしのどこが悪いんだろう?
あの人はもっとヒドイ(ことをしているのに)。
良くないことばかりが次々に起こってくる。
人を憎むことが辛いのに、
心の奥で、
「私は人を憎んでいる」ということを知っている。

挙げればキリがないほど、
自分のことが嫌になっていました。

どうしても、自分自身を変えることができないばかりか、
状況はよくならないのです。
八方塞がりで、何を信じていいのか?
わからなくなっていました。

一生このまま、迷い続け、
自分が何のために生まれてきたのかさえも恨めしく
死ぬまで続いていくのかと、
半ば諦めとほんの少しの希望を
なんとか持っている状況でした。

自分の気持ち(考え方・物事への感じ方)を変えたいという思いは、
強くもっていました。
自分のことが大嫌いで…
ですから、他人のことも本当は好きになれない
・・・なんとなくそう感じていました。

「好きになりたいのに、どうしても自分が嫌い」

  …ということです(キッパリ)

当時はそのことすらも認めたくなくて、
あ~だのこ~だのと、
自分に言い訳を考えていました。


わたしは人を憎むような、
心の狭い人間じゃないのに…。

 ヒーリング、セミナー、本を読む
…わたしのできる範囲のことは、
できる限りやってみました。

ヒーリングは、
少し怖いような気がしていましたね。
信じてないわけではないのですが…、
あまりにも情報が多く、ヒーラーの方も多くて。。。
どこに行ったらいいのか、
迷ってしまいます。

札幌のヒーリングサロンをPCで知り、
まずは遠隔リーディングをしてもらいました。
(これは直感です。)

欲しい答えが得られなくても、
傷が浅いと思ったのです。
お遊びで済ませることができる=
自分に言い訳ができると思いました。

料金を振り込み、約束の日になっても
リーディング結果が届きません。

「あぁ、やはり騙されたのか」と
半分諦め、半分は怒りを感じました。
メールで確認してみると、
リーディングはできたのだが、その結果が「わたしへの答え」なのか確認しているとのこと。

 何が?そんなに問題があったのか?
そう…思うでしょ?

どうすることもできないので、待ちました。

そのメールのやり取りの中で、
前回述べたとおり、
「ホ・オポノポノ」の本を薦められたのです。

もしもリーディングが、約束の期日までに届いていたら、
「ホ・オポノポノ」とは、まだ出会えてなかったのですね❤

 本のタイトルは、
「豊かに成功するホ・オポノポノ」という書籍でした。
ビジネスが成功する・・・という見出しもついていて
「?」でしたが、とても惹かれたので、
すぐに本屋さんで探して、読みました。
今思えばですが、
すぐにその本を見つけることができたこと
そのこと自体が、不思議に思えます。

 そして、届いた遠隔リーディングの結果は…

  打ちのめされました。

自分が変革と変容の時期に来ていることや、
自分の意志で選び、人生を自分のペースで進むこと。
これらを今生のテーマにしてきていることが
書かれていました。

なんとなくわかるのですが、
ではどうしたらいいのか?

そこが知りたかったのです。

そのヒントは、
自分の中にあることを教えくれていました。

自分自身が、
自分のペースで人生を生きていないと感じている。
何かに焦り、このままじゃいけないと思っている。
できない理由を周囲や時期のせいにしている。
プロセス通りに進まないと自分はダメだと諦めている。
助けを周りに求められない。

…どれもこれも、まさしく気づき始めた「わたし」の(嫌いな)姿でした。

 「こうしなさい」、「ああしたらいい」…
そんな簡単にできる答えを望んでいたのですが、
そんな方法は、やはりないのですね。

リーディングの手紙を読みながら号泣しました。

探していたことは、自分の外にではなく
自分の中にあるということです。
どんなに外に求め、原因を探しても…
どんどん自分が嫌いになるだけだと
分かったからです。

そんなご縁がありまして、
札幌まで行き、
セラピストさんと直接お会いしてきました。

「この人は信用できる…」
    …私の心がそう言ってる。


 ヒーラーの方とも、
ホ・オポノポノとも不思議な出会いでした。
今でも・・・そう思います。

リーディングをしてもらおうと思わなかったら、
わたしは今でも心の中にたくさんの「?」を抱えて、
同じような毎日を送っていたでしょう。

上手に表現できないのですが、

ウソかまことかというよりも、心が読みたがっている…そんな自然な感じ。

 その時は、とても辛い仕事(職場で役職がついてしまった)をしていて、
本を読む余裕すらなかったのに、
「ホ・オポノポノ」の本は、一気に読んでしまいました。
心が欲していた
まさに今、必要なグッズだったのでしょう。

引き寄せられた…
…と言っていいんじゃないかなと思います。

ここからわたしの「ホ・オポノポノライフ」が始まりました。

 4つの言葉を、思い出しては唱えるだけ。
最初は、「思い出したら唱える」。
本当に、の程度の実践でした。

ただ「唱える」ことにも、十分クリーニング効果があると、
本には書いてあり、
自分がしていることは無意味じゃない!
そう安心することができました。

どうしてなのか・・・理由が見つからなくても、
実践できることは、突き詰める性分の私にはぴったりだったのです。


 ↓ホ・オポノポノで重い病気も克服した著者の体験談が盛りだくさん!
 

 心臓病などを患っても、ホ・オポノポノで元気でよかった。

   携帯サイトとのリンク

安心


 「ホ・オポノポノ効果」というタイトルで、
携帯サイトを作成しています。

重なる部分も多々あると思いますが、

携帯サイトで体験談をUPしています。

ここでの記事が多くなった場合
 (すでにかなり増えました)


こちらのHPに移行していこうと思っています。



 内容が重複した場合、
読んでくださっている読者の皆様には、
大変、不快な思いをさせてしまうかも知れません。

貴重なお時間を、
当サイトに来ていただき、感謝しております。



これからも、
よろしくお願いいたします。


ホ・オポノポノ効果」~携帯サイト




だれもが幸せになるハワイの言葉「ホ・オポノポノ」 (マキノ出版ムック)

新品価格
¥980から
(2012/5/30 13:48時点)








★もうすぐ父の日ですね。
お酒はほどほどに・・・ここでしか買えない商品を探してね♪










   理由を探さないでいい

自然パワーチャージ

  ホ・オポノポノを実践します。

        ごめんなさい
 
           ゆるしてください

              ありがとう

                  愛しています


  

       どうして「ホ・オポノポノ」をするといいの?




  時々、疑問が沸き起こります。
 当然の感情です。


 人間が何かをしようとするときには、「目的」があるからです。

 「目的」なく、何かをしたことがありますか?


 意識していないことがあったかも知れませんが、
 ほぼすべてのことは、何かの意思があって、行動化されているということ。

 今までの日々を振り返ると、
 目的を失ったと思うようなときは、
 ガックリ・・・何もする気持ちになれなくなったことでしょう。


 ですから「ホ・オポノポノ」を実践する理由~目的ってなんだろう?


 自分らしい答えを、求めてしまうのは自然の流れです。



 説明がとても難しいのですが・・・、


 ホ・オポノポノは、潜在意識の中の膨大な記憶をゼロの状態にする・・・
 クリーニングをすることでした。


 潜在意識の中には、どんなに考えても、どんなに振ってみても出てこない・・・、

 確かに存在しているのだけれど、
 顕在意識に上ってこない記憶が山ほどもあるということがひとつあります。

 「あなたにはこういうところがあるから、クリーニングして問題解決しようね」
 ・・・そういわれたら、やってみるかなという気持ちにもなるかも知れませんよね。


  ホ・オポノポノでは、そういう明確な「原因」を定めることができません。
 ですが、確かに存在しているということ・・・このことを信じてクリーニングするだけです。


 理由探しをしていると、ドツボにはまります。
      (わたしがはまりました!?)



  どうしてだろう?

 何が問題なんだろう?

 ホ・オポノポノをしたらどう変化するんだろう?

 本当にこれだけ(4つの言葉を唱える)だけでいいの?




 挙げてみたら、疑問は吹き出てきますね。




  目の前に起きている問題は、「あなた自身」が問題と感じている。
 これが、唯一の真実です。
 
 あなたではない、他の人が同じように「問題」と認識するかどうかは分かりません。


 真実は、あなたがまさに今、問題と認識していること・・・

 それが、潜在意識の中の膨大な記憶の中の一端にある・・・
 問題解決技法である「ホ・オポノポノ」を実践することで、
 確かに「問題」としていた原因がゼロになったら、どうなりますか?


 目の前の出来事は、ただの出来事でしかなくなります。


 あなたを苦しめる問題でもなく、
 なんとかしなくてはいけない問題でもない。


 ただの出来事になります。



 また別の角度から、同じ出来事を問題とみなすことが出てくるでしょう。


 同じように、その記憶もクリーニングし続けてみること・・・。

 キリがない・・・と言えば、そのようです。



 あなただけの問題にフォーカスした場合、キリがありません。



 ホ・オポノポノでは、もう1つ!


 潜在意識は、世界中、どんなものともつながりあっているという教えがあります。

 あなたがクリーニングしたことは、あなただけではなく、

 世界すべてをクリーニングしてることになる・・・ということ。

 これはスゴイことですね!!!


 世界中で、目の前の出来事に悲しみ、苦しんでいる人がいる。
 
 今、この瞬間に「ホ・オポノポノ」でクリーニングをすることで、
 その問題を、問題ではなく「出来事」にしてしまえる・・・魔法です。




 理由はなんでもいい。

 知る必要もなく、知ることもできません。




 あなたが目の前の出来事に悩んでいるのなら・・・、

 そのことに対して「恐怖を感じるという記憶」を、クリーニングしてください。


 どうしてわたしは今、寂しいのだろう?


 「寂しいと思う記憶」をクリーニングしてみてください。


 理由を探せば、信じることができなくなります。
 
 信じることができないなら、そのことに対してクリーニングしていきましょう。



 大丈夫。


 絶対に大丈夫。





 問題は解決します。






 



 

 


 


 

 
 



   必要な人に出会える

0000017353.jpg
 
 thank you伝道師 ポノです。


 今回は・・・

 「ホ・オポノポノ」を実践することで、

 必要な人に出会えるということを、
 お伝えしますね。


  あなたは、日々たくさんの人に出会っています。
 毎日、同じ人間ばっかりだよ~・・・と、
 思いましたか?

 同じ人でも、
 昨日と今日とでは違うんです。

 人間はいつも、成長するからなんです。

 打ち解けられない人もいますよね。
 ずっと、その人と一緒に仕事したり、
 過ごすことが苦痛・・・。

 どうにかならないかしら?


 その気持ち、と~ってもよく分かります。


 楽しく過ごしたいですよ。
 ワクワク、今日もよく頑張ったよね♪

 そう締めくくりたい一日の終わり。


 …と思いつつも、気分が優れない。

 嫌なことがあったり、言われたり、
 或いは気持ちのすれ違いで後悔や怒りが?!


 ありますよね。


  どんな出会いも、
 あなたに必要な要素があることは、
 何度かお話してきたと思います。

 相手との関係の中で、
 自分の気持ちと折り合いをつける、
 自分に不足している何かを知る、
 相手の気持ちを考えることを知る。

 苦手な相手にこそ、
 その学びは豊富に備わっています。

   
でも・・・
    どうにもできない気持ち

 
…があって、いいんです。

 簡単にクリアできるほど、
 生まれてきた課題は簡単ではないと、
 そう思っています。


 自分の気持ちや、
 相手の態度にイライラする感情と
 折り合いをつけたいときこそ、


 「ホ・オポノポノ」を実践してみましょう。


 あなたが、相手の何に引っかかっているのか?
 そこが「問題」になっているのですから。

 相手は、あなたが思うほどに、
 あなたを苦しめていると思っていないかも。
 
 相手にもどうしようもない気持ちが、
 はけ口のように、あなたに降りかかっているのかも。


 どっちにしても・・・。

 「問題」は、あなたの記憶から発生しています。


 ごめんなさい

 ゆるしてください

 ありがとう

 愛しています


 気にしていた相手の目線は、
 案外、意味のないものかも知れません。

 気にしないように、心落ち着けて
 相手を見てみてください。


 ここで、あなたの中の「問題」が、
 クリアになったら、それにこしたことは
 ありませんね。


 あなたの中の課題がクリアされたとき、
 あなたは、気づきませんが…すでに、
 次のSTEPに進んでいます。

 このときに、あなたはその課題を達成してるので、

 不必要になった相手とは、
 異動になったり、どちらかが転職したり、
 接触する機会がグンと減るなどの変化が、
 起こってきます。

 もし、ずっと同じ状況である場合は、
 「ホ・オポノポノ」でクリーニングを続けてくださいね。

 相手が不必要な人間なのではありません


 あなたにとって、課題をクリアしたため、
 あなたには必要がなくなったということです。

 それを見極めることは、難しいと思いますよね。


 実は簡単。


 自分の気持ちがスッキリしてるか、
 もやもやしているかで、
 分かるんです。



 わたしは、何度か転職をしてきました。

 家庭の事情であったり、
 仕事内容の考え方の違いであったり、
 人間関係であったり…。
 (理由はその時々で違いますが・・・。)

 もし、わたしの決断が課題達成ではなく、
 「逃げ」であった場合のときは、

 次の職場でも同じようなことが起こりました。
 (もっとひどく感じたこともあります)

 打ちのめされましたし、
 分不相応じゃないか?
 …と思われる業務が割り当てられたこともあり、
 就職してまもなく、大役が回ってきたことも。


  課題達成だった場合、
 まったく違った役割が割り当てられ、
 さらなるSTEP UPを促がされます。
 似たようなことが起こることもありますが、
 その出来事に含まれる意味合いが違うんですね。


  課題は、いくつもいくつも…
 その人の課題に合わせ、
 姿・形・状況を変えて、やってきます。

 とてもできない!と逃げたくなることも起こります。

 でもやるしかない状況になってしまう…。


 ホ・オポノポノを実践していると、
 アドバイスをくれる人が現れることがあります。

 応援してくれる人が現れます。
 (一様に同じではありませんが、参考として)


 自分自身では気づいてないことが多いですが、
 これからなりたい自分になるために、
 力になってくれる人に出会ってることも!!!

 「ホ・オポノポノ」を実践しながら、
 行きたいな、参加したいな…と思えるところへ、
 繰り出してみましょう。


 意外な出会いが待ち受けていますよ♪

 あなたを縛り付けている、
 あなたに制限を与えている記憶はゼロの状態で、

 最善の事柄が起こるからです。


 


 

 


 

        ホ・オポノポノってなんだろう?

祈りのタイトル
わたしが「ホ・オポノポノ」と出会ったのはもう3年以上も前。

当時、仕事のことで、にっちもさっちもいかず途方に暮れて
孤独を感じていました。

看護師だからこそ、患者さんのことを分かりたい・・・
でもひとりでは何も・・・なんにもできないんです。
仲間に伝えたくても、仲間も手一杯。
わたしの思いは行き場をなくしていました。

そんな中、

勇気を出して、ヒーリングを受けました。
ちょうど研修で札幌に行く機会があり、
それを理由にヒーリングを受けたのです。

その前には遠隔ヒーリングも受けていました。


      答えを求めているのに・・

      「あなたは変換機にきている」
      「これからは自分の感じたことを表現していくように」


                   そんなことを言われました。

 正直、どうしたらいいか、それだけを知りたかったのです。


そのセラピストさんに紹介していただいたのが

「豊かに成功するホ・オポノポノ」という本だったのです。


ホ・オポノポノの本については、理解の遅いわたしでも読みやすく
分かりやすいものでした。
それから、次々に「ホ・オポノポノ」に関連する本を読みました。


このとき、出会ったばかりのセラピストさんの紹介してくれた本を
どうして鵜呑みにしたのか分かりません。

どうして紹介していただいたのかさえも分かりません。


ただ直感が働いたとだけ言えると思います。

そしてわたしにとって「そのとき」だったのでしょう。


「ホ・オポノポノ」は、イハレアカラ・ヒューレン博士が著した本のほかに
たくさんの著書がありますので・・・
少しずつご紹介していきたいと思います。

ホ・オポノポノは4つの言葉を言うだけの
とってもシンプルな方法で

潜在意識の中にある「問題」を「問題」と認識する記憶を
クリーニングし続けるだけ。
本来の自分の姿に戻してくれる方法です。

これから、オポノポノのやり方や
実際に体験してみての体験談を皆さんに
お話していきたいなと思います。


この体験が、なんらかの形でみなさんの心を軽くしてくれることを祈っています。


    ネイティブアメリカンとの出会い

見通す目

わたしにはネイティブアメリカンの過去があるらしい。
それは感じるものだから(夢で見たのですが)、
絶対にそうか?

…と聞かれると「…らしい」としかいえないのですが。。。


懐かしいような、ありがたいような…
ネイティブアメリカンの画像や、教えを聞くと、
そんな遠い記憶が蘇る。
その時代に、わたしは死んだ…。
愛する人を残し、落馬して…。
やんちゃな娘だったのだろう。
(誰もが生まれ、そして死ぬのだから当然ですね!)


そして、自然と共に生き、
助け合い、
調和を大切にする…

それがわたしの掟のようなものだと、
根拠はないのだが、そう思える。

今日、時間つぶしに立ち寄った本屋さんで、
「ネイティブアメリカンのことが読みたい!」

何の迷いもなくそう感じた。

どの分野なのか、
歴史なのか、
世界史なのか、
まったく違うジャンルなのかさっぱり検討がつかない。

書籍は多種多様に陳列されている。

書棚に注意しながらトボトボ歩いていると、
「アメリカンインディアンの聖なる教え」というタイトルの単行本が目の前に?!


これだ!!!と思いました。


どうしてだか、目の前に忽然と現れたのです。

それは特別な書籍分類の棚ではなく、
単行本がズラリと並んでいるだけの書棚でした。


すごいなぁ~(感激)


このときは、ホ・オポノポノを唱えてはいませんでしたが、

確かに迷う術もなく、
引き寄せてしまったのです。


そして、それがわたしには必要なことを、
潜在意識の中の記憶がゼロになることで、
より明白に目の前に事象として現れた…そう考えました。




任意のテキスト



心をゼロにしているとき、

わたしたちは日ごろ、気づきもしなかった…
気づいていても、気づいていなかった事象に出会うことができる。

どれだけの記憶の山が、
わたしというひとりの人間の脳の中をグルグルしてるのだろう?

考えると可笑しくもなる。

そうでしょう?

必要な情報と、不必要な情報がしっかりと絡み合っていたのですから。

たとえ、その瞬間にホ・オポノポノそ実践していなくても、
毎日の中でクリーニングは行われ続ける。


わたしはブルーソーラウォーターで作ったアロマを
アロマでフューザーに入れて、

意識せずしてクリーニングを行ってます。


【新商品】アロマデフューザー SMO...

【新商品】アロマデフューザー SMO...
価格:3,675円(税込、送料別)

 

まるで一輪挿しを思わせるインテリアのアロマデフューザー。5秒ごとに間歇的に蒸気を出す機能を選択できるスグレモノ。ここにブルーソーラーウォーターとアロマオイルを入れて、部屋中をクリーニング♪もちろん、そこに暮らすすべてが気づかぬうちにクリーニングされています。







     わたしの「ホ・オポノポノ体験談」ブログ紹介

0000018495.jpg
こちらのHPとは別に、
ブログのほうで

わたしがホ・オポノポに出会い、

実践し

どのような変化を感じているかをまとめています。

 ↓ ↓ ↓

ホ・オポノポノで一緒に行こう

どうぞ一緒にごらんいただけると幸いです♪

     ホ・オポノポノのやり方を教えて

祈り
ホ・オポノポノってなんなの?

一言で説明はできいないのですが・・・
わたしが数ある「ホ・オポノポノ」の書籍や実践を通に遡り培ってきた記憶が
私たちの思考に影響を与えているという考え方が基本にあります目の前の「問題」を、全員が同じ問題としてはとらえません。
これは経験も、潜在意識の中に残る記憶も違うからでしょう。

私たちは「ホ・オポノポノ」で潜在意識の記憶を、ゼロにクリーニングします。




4つの言葉

ごめんなさい

ゆるしてください

ありがとう

愛しています


この4つの言葉を
どんなときに
どんな風に使っていったらいいのか、

皆さんにご紹介したいと思います。

一番上の「ホ・オポノポノ
」の文字をクリックしてくださいね。
ページにリンクされています。

これがわたしの知りえた「ホ・オポノポノ」のやり方です。






ご質問もおうけしておりますので、お気軽にメールください。

      ホ・オポノポノ効果とはなんぞや???

0000017372.jpg

 ホ・オポノポノの実践による効果って、どんなのがあるの?


ハイ、気になるところです。

効果のないことは、やりたくありません。

どんなに簡単でもね!

  わたしもです。



ホ・オポノポノの効果については


ホ・オポノポノでいつも一緒に行こう
       ・・・を参照していただきたいと思います。


↑文字をクリックしていただくと、ブログにリンクしています。


ブログですが、

ホ・オポノポノと出会ってからすぐのこと、
最近のこと・・・

ちょっと記憶がランダムになってしまって、
読みにくいかも知れません。


また、
それが「ホ・オポノポノの効果」だといえるのか?


どのようなご質問もきっとあると思います。

わたしも最初は、
ホ・オポノポノ」を耳にしたとき、
   ・・・なんのことや?と思いました。

   いえ、猜疑心の塊でした。



そのわたしを変え、

今、それを伝える側になっている。
これが「真実」でもあります。


この変化こそが、すでに
ホ・オポノポノ」効果なのかなって思ってます。



ご質問、いつでも待ってます。

     偶然が必然と分かるようになる

0000018494.jpg

世の中のことは「偶然」の顔をして、

ベストタイミングで物事が起こってる。


出会いもそうだし
別れもそうなんだよね。

仕事もそうだし・・・


さっきつまづいたのもそう。。。



「注意力散漫だよ~、気をつけてね」


誰かがそっと教えてくれてるんです。



聞く耳もたないと、もっと痛い目に遭います!?



ホ・オポノポノを実践していると

不必要な思い込みの部分がかなりキレイになってるので

そういうことが

「なるほどね!」
素直に聞けるようになりました。



反論したいこともあるしね。
何言ってるんだか理解できないときもある。


それがそのまま、
「そうなんだ」と思える。


おかしな話だけど、
「わ、わたし分かってないな」
「わたしはこう思うけど、そうじゃない考えもあるんだな」


簡単に言うと・・・

素直に人の話を聞いてるってことかな。



カリカリしてるときも多々あります。

子供が話しかけてきてもカリカリ!




「あ、あの時こういうこと話したかったんだな。
 ごめんね」


そう思えるし、ちゃんと誤ることもできる。



ベストタイミングで物事が起こっている。


今、こうしてHPを眠たい目をこすって書き込んでいるのも・・・


それがベストタイミングで、

わたしにとっては必然だからなんです。

今、タンスの不要になった洋服をかなり整理しました。

わたしの断捨離生活真っ最中。

まだまだ着れる服ともさよならします。

もったいない・・・と思いますか?

以前なら、私はそう思って、
まったく捨てられない女でした(汗


今?

着てくれる人がいたらあげよう(いとことかね)。
これ以上しまっておくと服たちも窮屈で、
着たいときに着たい服が着れなくなるだろうな。

お役目を全うしてくれた・・・そんな意識があります。

サヨナラのタイミングが、
わたしにとって今日だったのですね。

すごく忙しくて、日中も思ったようには時間がとれず、

夜からのスタート。

これもまたベストタイミング!

「たまたまだよね」
そう思うことは、よくある。

ホ・オポノポノは「たまたまじゃなくて、必要だからそうなったんだよ」

・・と心にどこかで教えてくれるんです。


不思議な話ですけど。

わたしもこれまではぜんぜん信じてませんでした。
そんなこと言ったってね~。。。


ちょっとだけ、


何か意味があって起こってるんだな・・・そんな風に意識してみると
いいのかも知れません。


     人見知りを克服する

0000017349.jpg


知らない人と会うとき、

あまり良く話したことのない人と会うとき、

仕事上の相手と会うとき、

必要があって、会合等に出るとき、

商談などの先行きを示唆するような出会い、


わたしはとても緊張し、不安でいっぱいになります。


どうしてか?


人にどう見られるか?
・・・気になってしかたないのです。

良い印象を与えなければいけない、
バカみたいな質問や発言はできない、
甘くみられちゃいけない、
不快な感情を相手に与えてはいけない、


こんな風に・・・
とてもとても気にしてしますのです。


これは、子供のころからのクセでした。


「大丈夫!ばっちりよ!」
何度、自分に言い聞かせても・・・
信じてないから、
不安は消えることなく、
ドキドキしながら、現実に出会うわけです。



「どうして相手にどう見られるかばっかり気にするの?」
アドバイスをいただいたことがあります。

「あなたが思うほど、人はあなたを見てないのよ」
教えてくれた人がいます。


でも・・・
どこにもその「証拠」がない。

わたしが受け入れられる「証拠がないのです。



物心ついたころから
ず~っと、人の顔色をうかがってるなって
気づいてましたから。

今日は、不動産の担当者と1対1で会う約束でした。

自宅の査定をしてもらうためです。

現状をしるための一歩です。
(自宅を売却するとか、その前に現状をしるためね)

わたしの心には、
交渉ごとや、大きな金銭が動くような内容のことを
わたしが先頭に立って動く・・・
その現実が受け入れられてなかったと思う。

なんでも初めてのことがあるんですね。

人に会うこと自体が、苦手意識の塊のわたしですから、

もうそりゃぁ、大変!


最近、少しずつ続けていた断捨離の途中。

まだまだ過去の記憶の宝庫の中、
掃除をし、見た目の整頓をし・・・

昨晩行った断捨離で出てきた過去の記憶を
処理する場所もない(ゴミの日が遠い~!?)

とりあえずは、物置に押し込んで、
他の押入の中も整頓!掃除!!!

小学校入学時の「算数セット」
覚えてますか?
あれが出てきましたよ!

今年高校1年になるというのに・・・
わたしは捨てられずに大事にとっておいたシロモノ。

まさに過去の記憶です。



これらを
ホ・オポノポノ」を唱え、
潜在意識の中に存在している憶をゼロにしていく。

そうしながら、
片付けを続行!

不動産屋さんなら、まず家中を見ますよね。
壁紙から、間取り、使いやすさ、片付け具合(住み方)

ホ・オポノポノ」をしながら片付けしていると・・・

気づいたことがあります。
これまでも気づいてたかも知れません。

「ありのまま」なのだということ。

どんな手段を使っていいとこを見せようにも、
「ありのまま」か見えないこと。


対人に対してもそうなのだということをに気づきました。



そうしたら、今まで絶対に離れられなかった感情・・・


   恐怖
     
・・・が、なくなってました。


どうしたら好印象にとられるのかって?

「ありのままの姿なんです。



今、まさに感じたままに表現することが
「好印象」であること。


損得勘定や恐怖心のないわたしは、
「素のままのわたし」

それは
人に嫌われるようなわたしではないと
信じることができました。


こんなこと聞いたらバカかな?
・・・なかなか分からないことを質問できなかったけれど、

担当者の説明に対し、
確認や質問を堂々としていましたし、
担当者さんも、分かりやすく答えてくださいました。


敬遠するような
そんないや~な時間ではなく、

とても学びになった時間だと認識しています。


ホ・オポノポノ」を続けることで、
少しずつ、人見知りをも克服して、

誰の前でも「ありのまま」でいられる。


これこそ、
潜在意識の中の記憶がゼロの状態ではないでしょうか。


わたしは、
人に会うことが怖くなくなってきている自分に気づいています。


今日は、きっと「気づき」の再確認の日。


さきほど
信じられる「証拠」がないから、信じられない・・・

そう述べました。

証拠」は、ちゃんとありました。


わたしの・・・、あなたの心の中に、自分を信じるその心です。


あなたが「嫌われるかも」と不安なとき、
その不安は現実に引き起こされるかも知れません。

騙されるかも・・・とおびえていると、
おびえは現実となり、想像以下の結果を残すかも知れない。


「ホ・オポノポノ」でクリーニングしながら、

ありのまま、計算のない、恐怖のない・・・
そう、ありのままでいましょう。


それができるのです。










     必要なものを引き寄せる力が蘇

南の島

自分に何が必要なのか?

常に、どの瞬間でもあります。
言葉や、ものだったり、援助や、アドバイス…。
今、それが欲しいってときがあります。

ハプニングが起こって・・・(不測の事態!)
「なんでこんなときに!!!」
八方塞がり状態になって

  うきゃ~!!!

悲鳴をコッソリあげている…
なんこと、意外にあるのではないでしょうか?


物事は、思ったとおりにはいきません。

順調な流れがあれば
滞ることもあるわけですね。

焦れば焦るほど、
大どんでん返しくらってませんか?


わたしは食らってます。
とっても痛いですよね。

ダメ押しの上にダメ押し~?!

「なんで、私だけ・・・トホホ」

ホ・オポノポノを続けてきて感じることが、
・・・たくさんあります。

その中でも、
必要なときに必要なことが現れること!
以前は「偶然か?」と思ってましたが、

もう、今となっては、
来るべきに来てくれた!

感謝の気持ちでいっぱいになるのです。


私の場合は機械音痴に方向音痴(歌も音痴)
ひとりではな~んにもできんのです。
難しい言葉は解釈できないので、
見よう見真似で、PC操作をしています。

職場の人や友人に
「はやいねぇ~(タイピング)」
「詳しいね、ココどうやるの?」
    …言われることがあります。

このように、わたしにも
教えられるようになりましたが、
コトの発端は、
わたしが困った経験があったからなんです。

どうしよう~・・・って試行錯誤して覚えてきた
スキル(?)って言ってもいいのかな?

困って困ってどうしようもなくて、
やっとこ編み出した解決策が人の役に立つ。

棚からボタモチみたいですよね。


必要なときのために、
準備されていたんだなぁ~って今なら思える。

昨日もHPでお世話になっているAMSさんの規定を破っていたことを
メールで教えていただき、
このHPの修正作業中に、
作業がまったくできなくなりました。
修正以前に、更新も何もできないのです。

困ってしまって、
AMSの担当者さんに
朝、メールで正直にコトの詳細をお伝えしました。


お丁寧にも、原因を調べていただき、
また修正する部分をAMSさんが代行してくださり、


こうしてHP更新ができる状態になっております。

感謝・感謝・感謝です。


ホ・オポノポノは4つの言葉を繰り返し、
いつでも
どこでも
言うだけだということは
お伝えしました。

結果がすぐには感じられなくていいんですね。


こうやって、

何かのときに
「あ、このことだったんだ!」
そぅ、思えるときがきっとくるからです。

必要なときに
必要なものがやってきてくれる。



わたしは本当に助けられて、

今、ココに生きてるんだなぁ。。。


そうも思いますし、

わたしが偶然のように通りすがって、
先に歩く誰かのためにドアを開けたとしましょう。
それもまた、彼にとって必要な出来事かも知れない。

いつか・・・彼も同じことを誰かにするときがくるはず。

そう思うと、
必要が必要を引き寄せ、またどんどん広がっていくんだな・・・
・・・と思えて、
自分が何かをすること、
誰かに助けてもらって感謝できることが、
ワクワクして、嬉しくてしかたないです。




ホ・オポノポノ Ceeportクリーニングカード

                ハワイ伝統のヒーリングメソッドを私たちが、
                いつでもどこでもできるようアレンジされた「ホ・オポノポノ」。

                「どんな目の前の現実も、100%自分の記憶の現れである
                 とし、その記憶を「クリーニング」するために 「I love you」と
                 いう言葉を心の中で唱えるなど、さまざまな方法を推奨してい
                 ます。

                 今日一日、どんなことに気をつけたらいいか、
                 例えば毎朝、1枚引いて意識する方法は、とても心強いアドバ
                 イスになります。

                 興味のある方は、画像をクリックしてください。

       Ceeportグッズシリーズは、そのクリーニングを手助けしてくれます。
    そして、Ceeportグッズは、ヒューレン博士によってクリーニングされています。




     ホ・オポノポノに関する書籍にはこんなものがあります

0000017341.jpg

 ホ・オポノポノに関する書籍は多数出ています。

イハレアカラ・ヒューレン博士が著したもの、
K女史が著されたもの、
曙太郎さんが著されたもの・・・


ホ・オポノポノに関する点では、
どの本を選ばれてもいいと思います。

本屋さんでパラパラ読んでみて
ピピっときたら「買い!」だと思います。

同じ事柄に関するものでもピピっとこないものは、
まだ時期じゃないってことなんです。



この本は、わたしがヒーラーの方に最初に教えていただいたものです。
          仕事で成功する?とか思いましたけど、読んでみたら、それがメインでは
          ありませんでした。とても分かりやすい本だと思います。
          わたしの場合は、この本が「ホ・オポノポノ」との出会いで良かったと思える
          1冊です。
          世界がなんとなく不安でバランスを崩してきた時期ころで、すんなり読め
          ました。今も大事なわたしの蔵書です。


セルフ・アイデンティティ・ホ・オポノポノ」を継承者のヒューレン博士
           自身が初めて語る。
           もし、わたしたちの潜在意識に1秒間に100万個も立ち上がってくる記憶
           をクリーニングしてゼロの地点に立つことができれば、聖なる知能がい
           つも、わたしたちを包んでくれています。自由で、豊かな人生を約束する
           「ホ・オポノポノ」のすべてがここに書かれています。

「人生を切り開くための解決法はただ一つ。クリーニングをしてあなた自身
           の記憶を消去していくことです」

           ゼロの状態になり、自分自身を取り戻せるようになれば奇跡が起こ
           る!
           ハワイに伝わる問題解決法「ホ・オポノポノ」を、「Ceeportクリーニング
           カード」のキーワードからわかりやすく解説。「ホ・オポノポノ」の全てがわ
           かる決定書です。


        付録:ヒューレン氏の直筆メッセージが入ったオリジナル・クリーニングカード4種付き


この本はマベル・カッツ著
          「ホ・オポノポノ」をより分かりやすく、親しみやすく解釈している本です。
          Q&A式で記載されているところも、他書とは異なり、見やすくなっている。

          疑問はつきものです。疑問を持って読んでいただけると、「ホ・オポノポノ」
          がより身近に感じてくれるんじゃないかなと思っています。



他にもたくさんの著書があるのですが、今回はここまでにしておきますね。
すでに読まれた本もたくさんあったと思います。

何度読んでも、なるほど~と思える、人生の書です。




     お金への執着を手放すと、お金が回ってくる

0000017335.jpg

お金…この言葉を聞いたとき
何を思い浮かべるだろうか?

わたしは何だろう?

幸せの元手
物を手に入れるときに必要な通貨
心は変えない通貨
人を不幸にするもの
働かなければ手に入らないもの

などなど…相反する意味合いもあることが
書いていて分かりました。


今の世界で
お金はなければ生きていけません。

そんなことはない!。。。と言いたいですが、
いえばウソになります。


お金は、
確かに人を幸せにしてくれて、
そして
確かに不幸に陥れる。


このことに関して、
間違いはないだろうと、
       …わたしは信じています。



随分前のわたしは、
お金の亡者だったと思えます。


金持ちではなく、
逆のビンボー症(あ、これは今もですが…)

働かなければ食べていけない。
病気になんてなってられない。
与えられたことだけやってれば、お金は手に入る。
自分が好きなものを買って、
自分が好きなものを食べて、

喜ぶ顔が見られるなら、
ムダなものだと感じても買い与える・・・。


それが今までのわたしでした。

お金(だけで)で手に入れたものは、
一瞬、人を喜ばせ、
幸せな気分にしてくれます。

でも長くは続きません。

本当の幸せを与えてるわけでも、
感じてるわけでもないことに、
わたしは気づいてなくて…

いえ、手っ取り早く
「自己満足」したかったのかも知れません。


心は満たされることなく…
暗闇の中を手探りで、

「幸せってなに?」
      …考え続けてきました。



そのうちに、
わたしが自ら選択して買い与えたものも、
買ったものも・・・

「あぁ、また買っちゃった(汗」
「せっかく買ってあげたのに、大切にしてない(怒」

そんな風に思えている自分がいました。

全然楽しくない。
嬉しくない。

これは明らかに、
お金による「強制」にしかならなかったのです。

そんな日々を経過して、
わたしは、
お金の意味を、知ることができたと思います。

お金は大切なものであり、
生きるために必要なものであることと、
使い方を間違えると、
どこまでも不幸を共に連れてくる。
そしてお金は去り、
不幸だけを残していくことを知りました。

お金に対する執着は、
お金がなきゃ生きていけない・・・
お金だけが頼り・・・

このような気持ちが、
心底に存在しているのです。

でもお金は・・・幸せになるために
流通するために存在することを知ったら、
執着が小さく、小さくなっていきますよ。

もし、病気で働けなくなったときがきても、
必要なときに、
絶妙のタイミングで、
救いの手が差し伸べられました。

自分で対処できるときは、
自分で対処していきます。

どうにもいかなくなって、
途方にくれたときに、

意外なところからお金は舞い込んできます。

これは体験談です。
詳細は
「ホ・オポノポノと一緒に行こう」
・・・に、アップしました。


付け加えておくと…(書き忘れた…!?)

お金は流動するもの。

いつまでも懐に入れておかないで、
必要に思えるその場所へ・・・

惜しみない感謝の気持ちで手渡すことが大切だと思います。

入ってくるお金、
出発するお金に感謝の気持ちと、
これからこのお金が出会う人々を幸せにしてね・・・と
気持ちを込めて。。。

お金への執着を捨て始めると、
今まで追い詰められていたような毎日と、
モヤモヤした気分が、
晴れてきます。


「あ、これでいいんだな」

自分にOKが出せます。


それでいい。あなたはそれでいい!!!
そのことが、確信を持って、心のそこから語りかけてくるでしょう。









     憎しみも悲しさも愛に変えていく

ハート夜景 ラブ
 あなたは、嫌いな人がいるでしょうか?

 苦手な人・・・いますよね・・・。
  (わたしはたくさんいましたね)

 思い出すと、憎しみがフツフツと湧き出す相手もいるかも知れません。


  わたしはバツイチで(どこかで書いたかな?)、
 合意の上での決断だから、
 何ひとつ、恨むことも憎むこともないはずなんです。


 ただ・・・いつも
      …寂しかったです。



 最後に心に残っていた思いは、
 「2人で感じる孤独より、ひとりの孤独のほうがいい」


              ・・・ということでした。


 ・・・心の中では、
 「どうして気持ちを分かってくれないの???」
 って、悲しくて、悲しくてしかたなかったなぁ。


 頭の中でグ~ルグル考えて、
 いつしか憎しみになっていたような気がします。

 相手の幸せを本当に望めない。

 どうして?どうして?どうして???

 そのことに気づいたときは、内心ショックでした。
 それは、とても悲しいことですよね。。。

  ホ・オポノポノを実践するようになり、
 そういった出来事も、
 今の気持ちも全部・・・

 過去の経験、潜在意識の記憶が、
 支配してると知ることができました。

 お互いに未熟だったとか、
 相性が悪かったとか、
 たまたま運が悪かったとか、

 言い訳(理由)を考えればキリがない。

 あの時、あの瞬間…お互いに出会い、恋して、結婚した。
 そして、どうしても一緒にいられなくて別れた。

 それが事実。

 目の前の出来事を、
 過去の経験や、意識から導かれた結果だと思えたら、
 許しあうこともできたのかも知れません。

 あの時は、それで精一杯。
 わたしだけじゃなく、お互いに傷ついていたのですね。

 別れることもまた、
 必要なことだったと、今は思えるのです。

 コンチクショウ!
 …で終わるんじゃなく、お互いにこういうとこがあったよね。
 話す機会はないけど、今なら笑いながらいえそうな気がするよ。


 憎む必要はない。
 まったく必要ない。
 憎まれる必要もないわけです。

 (悲しみは必要ですよ~。)


 憎しみからは、何も生まれない。 
 それよりも、どうしたらよかったのか?を考えてみる。

 それは「次の世界へ」つながる思考になる。

 潜在意識の中に、彼との間の某かの記憶があったのかも知れない。
 それは分からないし、これからも分かることもない。

 ただそういうことがあった…これだけが分かる。


 憎しみも、本当に嫌いな相手なら生まれない。

 そう思いませんか?

 互いに傷つけ、憎しみ、悲しんで・・・そこから確かに何かを見つけたと思う。

 今、経験した記憶をただの「憎しみ」で終わらせない。

 憎しみこそ、愛の結果生まれたものなのだと…
 わたしの潜在意識は思っています。

 たくさんの人に出会いました。


 「できるならこんなヤツと会いたくなかったよ」
   ・・・そう思う人もいますが・・・、
 
 出会った人とのまさに「出会い」がなかったら
 今のわたしはいなかったことは確かです。

 憎しみも悲しみも、愛からきたんだと
        ・・・と思えることで、癒されていく。

 ホ・オポノポノは、すべてを変えるのではないと思っています。


 幸せな記憶は、そのままでいいんです。

 目の前のことを「問題」と認識するとき、
 そのことを「問題」として苦しむとき、

 ホ・オポノポノのクリーニング効果が功を奏すと思います。

 あの人が憎い!
 このように感じているとき、

 あなたにとっては、
 決して幸せではない「不幸」を招く事態を呼び込もうとします。

 ホ・オポノポノで記憶をゼロにし、
 そこからもう一度、出来事を思考することによって、
 わたしたちは、見えてなかった「事実」を知ることができる。


 今、憎んでる人はだれですか?

 その答えに「誰もいません」と言うことができる、
 今のわたしが好きです。


 出会ってくれた人たちが、う~んと幸せになって、
 笑って暮らしていて欲しいと願っています。

 別れた人のことも大好きです。
  (ヘンな意味じゃなくてね・・・感謝の気持ちです
 

    引き寄せ合い、行きたいところへの道が開く

0000020683.jpg
 
いつも心の中で葛藤していませんか?

こっちへ行ったらいいのか、
はたまらあっちがいいのか…

先の見えないどちらの道を選ぶか…

この瞬間にも、
わたしたちの「思考」は目まぐるしく動いている。

考えています。


考え付く限りのリスク、可能性を考えて、
それでもどっちへ行ったらいいのか分からない。

もし、意図しない場所に向かっていたら、
傷つくのは私自身だから。

怖くて、決められない。

そんなことが、
人生の中では何度も何度も訪れる。

あるときは自分の心の声を無視して
「え~い!」と飛び込んでぶつかってみたり。

あるときは、ソロリソロリと進んで様子を伺う。

あるときは、最初から選びたくなかった道を
「安全」の名のもとに進み、これでいいのかと迷う。


わたしたちはいつも選択の繰り返し。

決められた道があったなら、どんなに楽かと思うこともある。


思い出してみてください。

あなたが、
わたしが選んできた道は、

本当に進みたい道でしたか?


しかたなく選んだ道も確かにありましたね。

これしかない!と意気込んで一歩を踏み出した道もありましたね。


どちらも引き寄せられていたのです。

なぜ?

あなたの、
わたしの学びのために・・・。


何を学ぶのかは、人それぞれ。

ただ、絶対に必要なことが、
たとえ短期間であってもあったはずなんです。


ホ・オポノポノを実践しながら、
心の声を聞く。

迷いや不安は拭えない。
これは長年、わたしを形作ってきた思考のクセ、潜在意識の記憶たちが
たくさんあるのですから、当然でした。


それでも、
ホ・オポノポノを実践し、クリーニングしながら声を聞く。


答えはわたしの中に、
あなたの中に出ている。

ただ、長年のクセが抜けずに足踏みしてる。


自分を信じて、
心の示すままに進んでみようと思う。

苦労するかも知れないし、
窮地に陥る可能性もある。

だけど、
自分にウソはないから。

心はすっきりしてくるよ。

誰かがあなたにそっと囁くでしょう。
「こっちがいいよ」

どちらを選択しても、結果は必ず「学び」につながっているけれど、

わたしは自分が求める道を進みたいと思う。

今、わたしに勇気をくれているのは、
ゼロの状態からにじみ出てくる可能性です。



ホ・オポノポノで一緒に行こう」ブログUPしました。


    何もしない・・・ただ4つの言葉を言うだけ

赤い花
人と話をしていて、
これはちょっと違うな・・・と感じることありませんか?

言ってる内容が常識的に違うこともあります。
自分との意見が食い違うこともあります。
そもそもその話をしてなかったということも?!


そんなとき、

わたしはすぐに反論したり、
相手の話を中断したりしてました。

本当に言いたかったことは、
その次の言葉に続いていたのに、

中断されてしまったから、
分からないまま…


コレ、意外にありますよね。


コーチングの本を読んで勉強していても
「傾聴」がスキルとして必要とされています。

まだ未熟ですが、
「あ、口をはさみそうだな」
「反論しちゃいそうだな」
…そう自分が感じたときは、
ホ・オポノポノの4つの言葉を心で唱えています。

4つの言葉を心で繰り返してると、
相手の話が聞けてないんじゃないかって思いますよね?!

それが不思議なことに…
相手の話をス~ッと聞くことができるんです。

これは自分で体験して、びっくりしたことでもあります。

たとえ自分の意見と違ったとしても
  「そうなんだ」
      …と言葉で伝えることができるんですね。

わたしの心は思い込みの宝庫。
まだ潜在意識の記憶に翻弄され、相手を否定してしまいそう。

ただ4つの言葉
ごめんなさい
ゆるしてください
ありがとう
愛しています

繰り返すだけ。


相手の話に「そうだよね、そう思ってるんだね」

それが伝えられると、関係性は劇的に変化していきます。

その後に「わたしはこう思うんだ」と付け加えても、
相手に伝わりやすくなっています。

ただ繰り返すだけ…。


もし、あなたが誰かとわかり合いたい、
他者と上手にコミュニケーションをとれるようになりたい・・・

そのような気持ちがわいてきているなら、
ぜひ、試してみてくださいね。


相手と理解し合えたときの幸福感は何にも変えがたい宝になります。

本当の自分として、伝えることができるのです。








   「ホ・オポノポノ」携帯サイトができました!

 
  
    thank you伝道師 ポノから・・・




   わたしが行っている「ホ・オポノポノ

  すでにたくさんの著書が出ていて、
  たくさんのサイトでも取りあげられるようになりました。


   もっとたくさんの方々にも参考になれば・・・ワクワク過ごしていただければ・・・と、
  このたび、携帯サイトを立ち上げました!!!

                  ↓ ↓ ↓
      コチラから→  「ホ・オポノポノ効果」

  
  潜在意識の中の膨大な量の記憶をクリーニングして、
  目の前にある「問題」を、ただそこに起きている「出来事」にすることができます。


  問題とは、わたしが作り出した創造物です。

  わたしが、目の前の出来事を「問題」と認識しなければ、そこに問題は存在しない。
  確かに・・・言葉通りにいけば、そうでしょう?!


   ところが・・・そうはなかなか考えられないのも事実です。


  私たちには、たくさんの経験、感情、考え方・・・それらに加えて、
  膨大な太古からの記憶が、潜在意識の中に入ってるのですから。

  全部を整理して、考え方を変えるなんて「無理」ですよね。


  考え方を変えるのは無理!



  ならば・・・、


  元々あった考え方をクリーニングしたら、ゼロからのスタートです。

  今、目の前の現象のことをわたしはどうして苦しみと捕らえているのだろうか?



  
    ハイ!


  ここをホ・オポノポノでクリーニング♪

  目の前の出来事が「苦しい」と感じるその記憶をクリーニングし続けていきます。

  「苦しい」気持ちに支配されていたときには、気づかなかった教えやヒントが、
  今まで「苦しい」だけとしか思えなかったことで気づけなかったことが、

  「あれれ?そういうことなのか」

  ・・・なんて感じで、変化していきます。




  「苦しい」「悲しい」「辛い」「嫌だ」「意地悪されている」「嫌われている」
  
  マイナスの感覚ありきで、物事を見るのと、


  この出来事は一体何を伝えているのだろう?

  そういった感覚で見るのとでは・・・自ずと見方も感じ方も変わってきます。



  4つの言葉を唱えるだけ。


  その時々の自分の状況や、場所は考えずに唱えるだけで、
  クリーニングが始まっているなら・・・



  みんなが豊かにワクワク、毎日を送れる気がします♪


  最初のほうでも述べましたが、

   携帯サイトを立ち上げました。
     
 ↓  ↓  ↓
   「ホ・オポノポノ効果」



  まだ出来立てのホヤホヤで、追加したいこともあるのですが・・・。


  こちらのHPと合わせて、どうぞご覧ください。



            thank you伝道師 ポノ より


 



 「ホ・オポノポノ効果」

   お互いに声を掛け合える

ネイティブアメリカン

 
  人と話すのがニガテ…

わたしはかなりの人見知り。

もうかなり前ですが、
高校に進学したときのこと。
知ってる人が、一人もいませんでした。

1週間…誰かが話しかけてくれるまで、
誰とも話せない日々を送りました。

今では笑い話♪

当時の同級生に言われたのは…
「ポノは、あまり人と話さない不良の
一匹オオカミタイプかと思ったぁ!」
ですと?!

どんなたとえだろう?

褒め言葉に違いない???

今でも初対面はニガテです。

何を言ったらいいのか、
どんなことを言ったらタブーなのか、
嫌われたらどうしよう、
呆れられたらどうしよう?


…悪いことばっかり予想しちゃいますね。


 ホ・オポノポノを実践するようになってから、
気づいたら、緊張はしてるのですが、

「ここは話しかけてみよう」

こんな感じで、心から湧き起こる直感が、
導いてくれます。

たとえこちらをまったく見てなかったとしても、
相手も緊張していて、
返事が返ってこなさそうな人でも…。

「緊張しますね~♪」
できるだけにこやかに、
協調するように…話しかけます。

前までもわたしにはできません。

話しかけてくれるまで、
ひたすら待つ!待つ!!待つ!!!


 人間関係の問題の中で、
なかなか相手と打ち解けられない、
緊張してしまい、うまく話せない
…という問題が根本にある場合が
あるように思います。

 いかがでしょうか?

 こんな時、どんなときも誰とでも、
フレンドリーに話せる人に憧れますね。


 あなたにもできます。
第一印象が大切よ!…と聞きます。

それはもちろん、そう思います。


 相手もあなたと同じように、
あなたから話しかけてくれるのを
まってる場合が意外に多いのです。

だとしたら、
話しかけちゃったら楽だと思いませんか?

 ホ・オポノポノを実践していると、
自分からも相手に話しかけられるようになり、

バカかと思われるんじゃないかと思うことも、

「え~い!言ってしまえ」

となって、「意外に気さくな人なのね」
と印象UPにもつながって、

私の中の「人間関係第一歩を躓く」
という問題は、解決してしまいました。


ありがとう…。


あなたにも…I love you を贈ります。


あなたと出会えたことに感謝しています。

 


あの「成功の9ステップ」で有名なジェームス・スキナーの
「でっかい会社を作る9ステップ」CDを無料で欲しい人は
他にはいませんか?
在庫がなくなる前にゲットするにはこちらをクリック


 

 

ジェームス・スキナーの無料CD
  • 0000001048.jpg
  • 看護実習のススメバナー
  • 夢診断